フィリピンで短期海外ボランティア中の日本人参加者

短期1週間から参加できる海外ボランティア

短期1週間から参加できる海外ボランティアプログラムと、それを可能にするメカニズムを知ってみよう

短期1週間から参加できる海外ボランティア参加者を募集しています。

現在参加中のボランティアから今後参加するボランティアへと活動のバトンがしっかりとつながれていくプロジェクトアブロードの活動では、例え短期1週間でもできる貢献、そして得られることがたくさんあります。

「何もしない」より「少しでも貢献」の精神を大事にするプロジェクトアブロードは、多忙なスケジュールの合間を縫って短期でも参加したい!という熱意ある学生や看護師をはじめとするみなさんを支持するべく、短期1週間から参加可能な海外ボランティアプログラムを豊富にラインナップ。

どうしても参加したいけど、参加条件の参加期間に満たない…という場合は、ぜひ一度ご相談ください。場合によっては、指定の最短参加期間より短くても例外的に参加可能となるケースもあります。

プロジェクトアブロードは、本気のあなたを応援します!

短期1週間からのプログラムを選ぶ

選択オプション:

1-3/48プログラム表示中

カンボジアで図画工作に取り組む子供たちとチャイルドケアボランティア
カンボジアでチャイルドケアの海外ボランティア
詳細を見る
  • 開始日・参加期間自由
  • 16歳以上
  • 1週間以上
  • ¥217,000~
タンザニアの子供たちへの英語教育に取り組む日本人ボランティア
タンザニアで教育の海外ボランティア
詳細を見る
  • 開始日・参加期間自由
  • 16歳以上
  • 1週間以上
  • ¥242,000~
ケニアに生息する絶滅危惧種ロスチャイルドキリン
ケニアでアフリカ東部サバンナ環境保護の海外ボランティア
詳細を見る
  • 開始日・参加期間自由
  • 16歳以上
  • 1週間以上
  • ¥317,000~
もっと見る

おすすめの短期海外ボランティア活動国

短期の海外ボランティアにおすすめの活動国は、やはり近場のアジア圏の国!

特に、ネパールカンボジアフィリピンスリランカなどが人気です。

うれしいことに、カンボジアやフィリピン、スリランカへは東京から直行便が出ているほど。2019年7月には、関西国際空港からネパールへの直行便の就航がスタート!

日本からだと移動に時間はかかりますが、アフリカ大陸では西アフリカの英語圏ガーナ、東アフリカのタンザニアケニア、そしてアフリカ大陸最南端に位置する英語圏南アフリカ共和国が短期参加を希望する日本人のみなさんに人気の活動国となっています。

よろしければ、「高校生スペシャル」や「期間限定プログラム」など、世界中から集まる外国人ボランティアと共に団体で取り組む短期の海外ボランティアプログラムもあわせてご覧ください。

おすすめの短期海外ボランティア

通年プログラムは、開始日を自由に決められるのが魅力。

需要が高いチャイルドケア環境保護建築の海外ボランティアは、ほとんどの活動国で短期1週間から受け入れ可能。

ユニークな異文化体験の海外ボランティアは、1週間から参加可能なフィジーの村落生活体験モンゴルでの遊牧民生活体験の海外ボランティアが人気です。

おすすめの短期海外インターンシップ

専門分野の海外経験を積む海外インターンシップは、4週間前後の参加を推奨する傾向ですが、1週間や2週間などの例外もあります。

例えば、1週間から参加可能なネパールでの医療や、ガーナの医療公衆衛生は、医療関係者から人気。

医療サービスが行き届いていない貧困地域や田舎に出向き、無料で健康診断や基礎ヘルスケアを提供するカンボジアの公衆衛生は、日本人参加者が多く活躍する海外インターンシップです。

フィリピンの医療公衆衛生などの医療&ヘルスケア系の海外インターンシップは、すべて1週間から参加可能。

また、ストリートチルドレン出身の若者の経済的自立を支援するセネガルでのマイクロファイナンスの海外インターンシップも、1週間から参加可能です。

ジャーナリズムに関心があるなら、取材、調査、インタビュー、執筆、編集を行い、自分の記事をオンライン英文雑誌に出版する南アフリカ共和国でのジャーナリズムの海外インターンシップがおすすめ!1週間から受け入れています。