東アフリカのタンザニアで異文化体験に触れるボランティアたち

異文化体験の海外ボランティア

その土地の伝統的なライフスタイルを体験しながら、日常生活の営みを支援するボランティアをしに出かけよう

異文化体験の短期・長期「実践型」海外ボランティア参加者を募集しています。

応募対象は、世界中の学生、社会人、シニアのみなさんです。

世界中から参加者が集まるので、日本人が少ない国際色豊かな環境に身を置くことができるのが魅力。

活動の舞台は、発展途上国で伝統的な暮らしを営む地域社会。

あなたを待っているのは、スマートフォンやインターネットが日常の奥深くにまで浸透している私たちの暮らしとはまったく異なる別世界。

日常からかけ離れた別世界に飛び込み、新しい視点や異なる価値観を得ながらその土地の日常生活の営みを支援する異文化体験の海外ボランティア活動は、学習の連続。

その土地の伝統や生活様式を貫く人々の中に暮らし、代々受け継がれてきた生活の知恵を学びながらボランティアとして現地に存在する課題の解決への一助を担います。

利便性には欠けるかもしれませんが、五感を使ってシンプルな生活を体験することで、人生における「幸せ」や「豊かさ」の本当の意味を考えさせられることでしょう。

発展途上国への渡航が初めてでも、プロジェクトアブロードの専属スタッフによる24時間体制の現地サポート付きだから大丈夫!

あなたも、奥深い別世界で異文化体験を味わいながら一人間として成長した自分に出会う一員へ。

異文化体験プログラムを選ぶ

選択オプション:

1-3/5プログラム表示中

タンザニアのマサイ族の母親が赤ちゃんにミルクを飲ませる
タンザニアでマサイ族文化体験の海外ボランティア
もっと見る
  • 開始日・参加期間自由
  • 16歳以上
  • 1週間以上
  • ¥269,500~
異文化体験ボランティアたちがフィジー伝統の葉編みを学習
フィジーで村落生活体験の海外ボランティア
もっと見る
  • 開始日・参加期間自由
  • 16歳以上
  • 1週間以上
  • ¥264,500~
モンゴルの大草原で遊牧民生活を体験する日本人ボランティア
モンゴルで遊牧民生活体験の海外ボランティア
もっと見る
  • 開始日・参加期間自由
  • 16歳以上
  • 1週間以上
  • ¥289,500~
もっと見る

異文化体験の海外ボランティアへの参加条件

異文化体験の海外ボランティアの応募対象は、世界中の大学生社会人シニアのみなさんです。

高校生には、高校生スペシャルプログラムがおすすめ!

参加にあたって、特に資格や経験は問われません。

国籍や年齢を問わず、求められるのは好奇心と熱意のみ!

これまでも、異文化体験に関心がある、海外で人生観を変えたい、海外の伝統暮らしを体験してみたい、発展途上国で実践型の国際協力に貢献したい!という熱心な学生や社会人のみなさんが活躍してきました。

現地の言葉が話せなくても大丈夫!英語で伝えようとする意志や積極性、そして異文化交流に対する熱意がある方ならどなたでも参加することができます。

ボランティアがカンボジアで伝統のお面作りに挑戦

異文化体験の海外ボランティアに参加するメリット

異文化体験の海外ボランティアは、あなたの視野を大きく広げ、ものごとへの考え方に化学反応を起こしてくれる貴重な学習の場。

過去に参加した異文化体験ボランティアは、以下をはじめとするさまざまな経験やスキルを習得し、大きく成長して帰国しました:

  • 適応能力、英語力、コミュニケーション能力、チームワーク、リーダーシップ、マネジメントスキル、考える力、自発性、行動力などの対人スキル
  • 日常とは異なるユニークな環境での実践的な支援活動
  • 国際人としての自覚と異なる文化や環境に対する理解
  • 慣れない発展途上国でやり遂げた自信

これらすべては日常生活で役立つだけでなく、将来の進学や就職の強い武器として活用することが期待されます。

異文化体験ボランティアの特長

プロジェクトアブロードが大事にしているのは、支援を必要としている発展途上国の現場で、地域社会の発展をダイレクトにサポートすること。

プロジェクトアブロードの異文化体験の海外ボランティア活動は、倫理・道徳にかない、サポート体制が万全の上で行われています:

万全な現地サポート体制

すべての異文化体験の海外ボランティア活動は、派遣先の担当スーパーバイザーやプロジェクトアブロードの現地スタッフによるサポートの上で行われ、常にアドバイスを得られる環境です。

実質的な影響をもたらす活動

プロジェクトアブロードが目指すのは、単発的な奉仕活動ではありません。支援を必要としている発展途上国の地域社会に長期的な「違い」をもたらすべく、必要な調査を行い、目標を明確にし、可能な限り持続可能な方法で実現されています。