ガーナの子供たちと教育施設の修繕に取り組む建築ボランティア

建築の海外ボランティア

インフラ設備や学校建設のボランティア活動を通して、発展途上国に生きる人々の生活水準向上を支えよう

建築の短期・長期「実践型」海外ボランティア参加者を募集しています。

応募対象は、世界中の学生、社会人、シニアのみなさんです。

世界中から参加者が集まるので、日本人が少ない国際色豊かな環境に身を置くことができるのが魅力。

派遣先は、発展途上国の田舎や貧困地域、そしてハリケーンや地震などの自然災害に被災した地域です。

建築ボランティアとしてのあなたの役割は、人々の暮らしに欠かせない住宅、トイレ、教育施設の建設や再建に取り組むこと。

建物の土台整備、セメントの混合、レンガの積み上げ、窓や屋根の設置、塗装作業など、現地での進捗状況に応じてさまざまな建築作業に携わっていきます。

建築活動は体力と根気を要しますが、あなたが積み上げたレンガはやがて目形となり、帰国後も末永く人々の生活基盤として活用されてゆくのです。

発展途上国への渡航が初めてでも大丈夫!プロジェクトアブロードの専属スタッフによる24時間体制の現地サポート付きだから、安心して活動に集中できる環境が整っています。

さぁ、あなたも発展途上国に生きる人々の暮らしを築く建築ボランティアの一員へ。

※ページトップにあるビデオは、スクリーン右下の「CC」から日本語字幕を選択できます。

建築プログラムを選ぶ

1-3/8プログラム表示中

建築ボランティアがネパールの学校の床の建設に貢献
ネパールで建築の海外ボランティア
詳細を見る
  • 開始日・参加期間自由
  • 16歳以上
  • 1週間以上
  • ¥222,000~
日本人ボランティアがタンザニアで建築活動に取り組む
タンザニアで建築の海外ボランティア
詳細を見る
  • 開始日・参加期間自由
  • 16歳以上
  • 1週間以上
  • ¥269,500~
ガーナで建築活動に励む日本人ボランティア
ガーナで建築の海外ボランティア
詳細を見る
  • 開始日・参加期間自由
  • 16歳以上
  • 1週間以上
  • ¥242,000~
もっと見る

建築の海外ボランティアへの参加条件

建築の海外ボランティアの募集対象は、世界中の大学生社会人シニアのみなさんです。

高校生には、高校生スペシャルの建築プログラムがおすすめ!

毎年、年齢も国籍も異なる外国人ボランティアがそれぞれの想いを胸に世界中から駆けつけます。

特に、発展途上国での建築事情を学びたい、汗をかきながら実際に手を動かして国際協力に携わりたい、自然災害などにより苦しい生活を強いられている人たちの状況を少しでも改善したい、体力に自信がある!という意欲的な学生や社会人のみなさんにおすすめです。

活動はすべてプロジェクトアブロードの担当責任者と地元の石工や土木業者などの建築専門家の指示のもと行われるので、参加にあたって特に資格や経験は問われません。これまで、女性ボランティアも大勢活躍してきました。

すでに建築に関連した職業に従事している方であれば海外の現場で自分の知識やスキルを活かす貴重な経験となることでしょう。

発展途上国の学校建築に取り組む日本人ボランティア

建築の海外ボランティアに参加するメリット

建築の海外ボランティア活動は、発展途上国に生きる人々が必要とする生活のインフラ整備を整えると同時に、ボランティアのあなた自身にとっても学習と成長の貴重な場でもあります。

過去に参加した建築ボランティアは、以下をはじめとするさまざまな経験やスキルを習得し、大きく成長して帰国しました:

  • 適応能力、英語力、コミュニケーション能力、チームワーク、リーダーシップ、マネジメントスキル、考える力、自発性、行動力などの対人スキル
  • 建築に関する地域に根差した海外経験
  • 国際人としての自覚と異なる文化や環境に対する理解
  • 慣れない発展途上国でやり遂げた自信

これらすべては日常生活で役立つだけでなく、将来の進学や就職の強い武器として活用することが期待されます。

建築ボランティアの特長

プロジェクトアブロードが大事にしているのは、支援を必要としている発展途上国の現場で、地域社会の発展をダイレクトにサポートすること。

建築の海外ボランティア活動は、倫理・道徳にかない、サポート体制が万全の上で行われています:

万全な現地サポート体制

すべての建築の海外ボランティア活動は、派遣先の担当スーパーバイザーやプロジェクトアブロードの現地スタッフによるサポートの上で行われ、常にアドバイスを得られる環境です。

したがって、建築活動に従事した経験がなくても、活動に対して熱意がある方であれば、どなたでも貢献することが可能です。

また、ボランティア同士の交流や情報交換など、ネットワークを広げる環境が整っているのもプロジェクトアブロードならではです。

現地のニーズに即した実践的な活動と実用的なスキルの構築

建築の海外ボランティア参加者一人ひとりにそれぞれの役割が与えられ、さまざまなスキルを磨きながら実質的な貢献を果たせるよう体制が整っています。

直接的な影響をもたらす活動

プロジェクトアブロードが目指すのは、単発的な奉仕活動ではありません。支援を必要としている発展途上国の地域社会に長期的な「違い」をもたらすべく、必要な調査を行い、目標を明確にし、可能な限り持続可能な方法で実現されています。