倫理と行動規範

プロジェクトアブロードは、その道のプロによって運営される一貫性がある海外ボランティア・インターンシップこそが発展途上国に暮らす人々の生活に実質的な「違い」をもたらすと考えます。

先駆者的な国際ボランティア団体プロジェクトアブロードは、安全で倫理にかなったプログラムの運営という責任を果たすべく、安全対策に真剣に取り組んでいます。

その実現に向けて、プロジェクトアブロードは参加者の行動規範を明確にするさまざまな規定を設定。自分の行動が他者に与える影響を考慮した責任ある行動をとるよう促進しています。これらの規定は、最終的には海外ボランティア・インターンシップ参加者、活動対象者、提携機関のスタッフ、プロジェクトアブロードのスタッフ全員の安全確保につながってゆくのです。

プロジェクトアブロードの倫理と行動規範に関する規定は以下の通りです:

児童保護規定

動物保護規定

医療&ヘルスケア規定

よろしければ、これらの規定をもとに達成される活動が世界に与える影響もあわせてご覧ください。