You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

これまでの歩み

プロジェクトアブロード 25周年記念

世界をリードする国際的なボランティア団体プロジェクトアブロードは、本社をイギリスに構え、海外オフィスと活動国の合計は世界50ヶ国以上に及びます。その規模は世界的で、ユニークな海外ボランティア・インターンシッププログラムと豊富な活動先が特長。そして、活動国に実際にオフィスを構えるプロジェクトアブロードだからこそ可能な24時間365日体制の現地サポートは、参加するボランティアやインターンの皆さんが海外で最大限に有意義な経験を得ると同時に、現地に長期的に続く良い影響を与えらる環境を提供します。

プロジェクトアブロードは、2017年に国際ボランティア活動25年周年を迎えました。1992年の創業以来、総計世界38ヶ国、10万人以上のボランティアを派遣し、国境を越えて人々の生活に「違い」を見出してきました。

プロジェクトアブロード 新CEOGreg Thompson2016年には、プロジェクトアブードの創業者Peter Slowe博士を引き継いで新しいCEOが就任。プロジェクトアブロードは、新CEOにGreg Thomsonを迎え、新たな旅路に乗り出しました。

プロジェクトアブロードの中核となるチームを率いる新CEOのGreg。そのチームの多くのスタッフは、プロジェクトアブロードと一緒に過去にボランティアとして国際協力に参加した経験の持ち主であり、それゆえに海外経験豊富です。また、アフリカ、アジア、中南米、南太平洋、ヨーロッパの各活動国にある現地オフィスで働く情熱的で献身的なスタッフたちや、日本オフィスも含むその他海外オフィススタッフも統率しています。プロジェクトアブロードは、言語、文化、地理上の枠を超えた多国籍な団体であり、異文化交流は私たちの真髄でもあります。

プロジェクトアブロードは、私たちの活動国での長期的な経済成長やスキルの開発が重要であると考えています。発展途上国に運営の海外オフィスを置くのもそのような背景があります。例えば、ルーマニアにITオフィス、メキシコにデザインオフィス、モンゴルに財務オフィス、南アフリカにボランティアアドバイザーチームやマーケティングチームとを設けています。

プロジェクトアブロードの始まり

プロジェクトアブロードでの経験と海外ボランティアがどのように変化を遂げてきたのか、改めてPeter Slowe博士に聞いてみました。

1990年代の初め、何人かのイギリス人大学生が、学業から休みを取り、学生のうちに何か価値ある体験をしたいと考えていました。当時はまだそこまで主流ではありませんでしたが、これこそ今で言う「ギャップイヤー」です。

これらの学生たちは、冷戦が終結し、ポスト冷戦時代を迎えていた東欧周辺で旅行しながら働く機会を求め、当時大学の地理教授であったPeter Slowe博士に相談しました。東欧が劇的な変化を迎えている最中、学生へのこのような機会を紹介する信頼性のある情報を得ることが困難な時代。もちろんインターネットなんてまだ普及していない当時!幸運にも、Peter Slowe博士は東欧にいる知り合いの地理学者たちのつてを使って、イギリス人学生たちにモルドバで英語を教える活動をアレンジすることに協力したのです。

これこそが、1992年にプロジェクトアブロード創業に至った経緯。1997年までは、大学生が東欧で英語を教えられるようサポートするPeter Slowe博士と数人の非常勤スタッフによる家族経営という小さな団体でした。しかし、学業や仕事からお休みを取って海外で経験を得たいという人が増えるのと同時に、多くの発展途上国が自己資金によって支援に来てくれるボランティアを必要としており、海外ボランティアプログラムを運営する機関への需要が高まっていました。

1997年以降、プロジェクトアブロードはますますの発展を遂げました。 イギリスでの家族経営の小さな団体から、世界50ヶ国600人以上のチームを率いるまでに成長。そのうちの大半が、ボランティアの皆さんのさまざまな活動をサポートするスタッフたちです。

プロジェクトアブロード25周年 年表で見るこれまでの歩み

次の25年間を見据えて

プロジェクトアブロードは、1992年当初の小さな団体から、大きな成長を遂げてきました。創業から現在までの25年間を通して、参加したボランティアの皆さんの活動が世界に与えた影響は計り知れません。しかし、世の中にはまだまだ支援を必要としている地域コミュニティがたくさんあります。

プロジェクトアブロードは、活動国での新たなプロジェクトの開発や、ボランティア活動が「違い」を見出す可能性がある新しい活動国の開拓を継続的に行っています。2017年には、新たにGlobal Impact Database が公式に始動。このデータベースは、活動のデータを記録し、ボランティアの皆さんが世界中で与える影響の数値化に役立てられます。

国際協力において、ボランティアの存在が今まで以上に必要な時代を迎えています。まずは、自分がどのように貢献できるか知ってみませんか?あなたも世界を舞台に「違い」を見い出す一員へ。

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。