発展途上国で活動中の医療インターンの仲間たち

医療&ヘルスケアの海外インターンシップ

発展途上国の病院で医療専門家の実務を学習しながら、国際医療支援に携わる海外インターン経験を得よう

世界の発展途上国で、短期・長期「実践型」医療の海外インターンシップ参加者を募集しています。

国際医療インターンシップの応募対象は、世界中の学生や社会人のみなさんです。

だから、医療という同じ関心をもった多国籍な仲間と出会い、交流できるのも魅力。

特に医学生や医療系科目を専攻中の大学生、現役の医師をはじめとした医療専門家のみなさんにおすすめです。

これまでも、アフリカをはじめとした発展途上国の医療事情を自分の目で見てみたい、国際医療支援に携わりたい、将来は国境なき医師団の一員になりたい、海外の医療現場でステップアップしたい…国際社会に貢献できる人材になりたい!など、それぞれの想いを胸に日本からも大勢の学生や社会人のみなさんが活躍してきました。

医療インターンとしての役割は、実際の医療現場での視察を通して、現地の医療システム、医療課題、現地ならではの疾患、限られた設備や人材ならではの工夫、医療従事者としての役割、責任、苦労、日課への深い理解を得ること。

活動は視察中心ですが、あなたが持っている知識、経験、スキル、語学力、積極性、派遣先によっては一歩踏み込んだ医療経験を積むことが可能に。

また、定期的に貧困地域や田舎などの医療サービスが行き届いていない地域に出向き、基礎ヘルスケアを届ける国際医療支援をサポート!地域密着型で健康を促進していきます。

発展途上国への渡航が初めてでも大丈夫!プロジェクトアブロードの専属スタッフによる24時間体制の現地サポート付きだから、安心して参加できる環境が整っています。

あなたも、勇気を出して舞台を夢の海外へ。

一般医療以外のプログラム

看護の海外インターンシップ

助産の海外インターンシップ

公衆衛生の海外インターンシップ

理学療法の海外インターンシップ

作業療法の海外インターンシップ

栄養管理の海外インターンシップ

※ページトップにあるビデオは、スクリーン右下の「CC」から日本語字幕を選択できます。

すべての医療&ヘルスケアプログラムから選ぶ

選択オプション:

1-3/42プログラム表示中

ケニアでがんばる日本人医療インターンと現地の医療専門家たち
ケニアで医療の海外インターンシップ
もっと見る
  • 開始日・参加期間自由
  • 16歳以上
  • 1週間以上
  • ¥264,500~
カンボジアの住民の血圧を測る日本人公衆衛生インターン
カンボジアで公衆衛生の海外インターンシップ
もっと見る
  • 開始日・参加期間自由
  • 16歳以上
  • 1週間以上
  • ¥217,000~
フィリピンで医療インターン中の日本人参加者
フィリピンで医療の海外インターンシップ
もっと見る
  • 開始日・参加期間自由
  • 16歳以上
  • 1週間以上
  • ¥264,500~
もっと見る

国際医療インターンシップへの参加条件

国際医療インターンシップの応募対象は、世界中の大学生社会人のみなさんです。

高校生には、高校生スペシャルの医療プログラムがおすすめ!

基本的に経験を問わず熱意がある方ならどなたでも参加が可能ですが、特に医学生や医療系科目を専攻中の大学生、現役の医師をはじめとした医療専門家のみなさんにおすすめです。

特に医療の道を目指す学生のみなさんにとって、さまざまな病棟を回るインターン活動は、将来進むべき専門医療を定める貴重な参考材料となるでしょう。

もちろん、すでに特定の専門医療に関心がある場合は、それに特化することも可能です。

一方、現役の医療関係者のみなさんにとっては、発展途上国の医療事情や現地ならではの症例を自分の目で見て学び、医療のあり方を異なる角度から見つめ直す貴重な機会。

広がった自分の視野と国際医療支援の経験は、今後のキャリアアップを後押ししてくれるはず!

現地の言葉が話せなくても大丈夫。

現地でのコミュニケーションは、基本的に英語で行われます。したがって、病院で働く現地の医師や看護師によるアドバイスや大事な情報をきちんと理解し、積極的に自分からコミュニケーションを図れるよう、最低限の基礎英語力は必要となってきます。

スペイン語圏の場合は、スペイン語も話せると現地で強力な武器となることでしょう。

発展途上国でヘルスチェックを行う医療インターン

国際医療インターンシップに参加するメリット

海外で医療インターンシップに参加することによって、自国では得られない一歩踏み込んだインターン経験はもちろん、医療の枠を超えたさまざまなスキルを得ることが期待されます。

過去に参加したインターンは、以下をはじめとするさまざまなスキルを習得し、大きく成長して帰国ました:

  • 適応能力、英語力、コミュニケーション能力、チームワーク、リーダーシップ、マネジメントスキル、考える力、自発性、行動力などの対人スキル
  • 医療設備の乏しい環境下で行われる医療活動に携わった経験、なじみの薄い症状に対する知識の蓄積
  • 国際人としての自覚と異なる文化や環境に対する理解
  • 慣れない発展途上国でやり遂げた自信

これらすべては日常生活はもちろん、将来の進学や就職、海外進出の際の強い味方としてあなたのステップアップを後押ししてくれることでしょう。

医療&ヘルスケアインターンシップの特長

プロジェクトアブロードが大事にしているのは、支援を必要としている発展途上国の現場で、地域社会の発展をダイレクトにサポートすること。

プロジェクトアブロードのすべての医療&ヘルスケア系海外インターンシップは、倫理・道徳にかない、サポート体制が万全の上で行われています:

活動の進捗の記録

プロジェクトアブロードは、独自のグローバルインパクトデータベースを設置し、医療&ヘルスケア活動が与える影響を記録しています。

セキュリティ対策と厳重な個人情報の取り扱いのシステムが確立されたグローバルインパクトデータベースは、対応した患者のカルテを記録し、健康状態の改善のモニタリングを行うと同時に、周辺地域全体が抱える健康問題の認識や問題対応への対策に活用されています。

これらすべての活動は、プロジェクトアブロード独自のマネジメントプランに沿って行われています。

経験豊富な医療専門家との実質的な活動

すべての医療&ヘルスケア系海外インターンシップは、現地の医療専門家と共に行われます。

これは、実際の医療現場で働く医療専門家の仕事を間近で見て学び、直接プロからアドバイスをもらう貴重な機会。

ぜひ積極的に質問を投げかけてみてください。

希望に即した活動内容

あなたの希望、関心、目的に合わせて、専門の医療分野や派遣先などを細かくリクエストすることができます。

例えば、すでに関心のある分野が定まっている場合は、多くの病棟を回る代わりに一つの病棟に終始特化することが可能です。

お申込みの際にぜひご希望の詳細をご記入ください。

医療&ヘルスケア規定

医療活動に携わる上で、プロジェクトアブロードはすべてのインターン参加者、現地の医療関係者、そして患者の安全を第一優先としています。

よろしければ、その指針を示した独自の医療&ヘルスケア規定もあわせてご覧ください。