スリランカの病院で学ぶ看護学生インターンたち

スリランカで看護の海外インターンシップ

スリランカの医療現場で看護師としての知識や理解を深め、人々にヘルスケアを届けるインターン経験を得よう

はじめに

スリランカで短期・長期「実践型」看護の海外インターンシップ参加者を募集しています。

病院のさまざまな診療科で視察をしながら、患者の早期快復を支える看護師の仕事をダイレクトに学びます。異なる疾患や症状への対応をはじめ、世界三大伝統医学の一つであるアーユルヴェーダを学べるのもスリランカならでは!看護学生はもちろん、現役の看護師のみなさんにとっても、発展途上国の医療事情を知ることで視野を大きく広げる貴重な看護留学経験となるでしょう。

この看護インターンシップは、医療現場での学習だけにとどまりません。医療専門家と共に医療サービスが行き届いていない田舎の地域や貧困地域に出向き、基礎ヘルスケアを提供する国際医療支援活動に協力します。この地域に根差した実務経験を通して、発展途上国スリランカに暮らす人々の生活環境や健康問題を学ぶことができるでしょう。

スリランカで看護インターン期間中は、ホストファミリー宅で地域住民の一員として現地に滞在します。これは、観光旅行では得られない生活レベルで異文化を体験する機会!スリランカの伝統、信仰、食文化などをたくさん吸収して帰国しよう。

自由行動となる週末は、ぜひスリランカの冒険へ。現地で出会ったさまざまな国出身の外国人インターンと一緒にこの南アジアの島国で新しい発見をしに出かけよう!

日にち: 

開始日・参加期間自由

選ぶ

参加期間: 

1週間以上

参加条件: 

18歳以上
基礎英語力


看護インターンの参加条件

スリランカでの看護師の海外インターンシップの参加対象は、世界中の大学生社会人のみなさんです。

高校生には、高校生スペシャルの医療プログラムがおすすめ!

看護に強い関心がある方ならどなたでも参加が可能ですが、特に看護学生や現役の看護師のみなさんにおすすめです。

これまでも、国際看護師を目指したい、スリランカの医療事情を自分の目で見てみたい、アジアの発展途上国で国際医療支援に携わりたい、伝統医療アーユルヴェーダを学びたい、実践的な英語力をつけたい!などそれぞれの目標を持って、日本から大勢の学生や社会人のみなさんがスリランカの看護留学に参加してきました。

看護学生のみなさんにとって、さまざまな診療科を回るスリランカでの看護インターン活動は、異なる疾患を持つ患者への看護を実践的に学び、看護師としての役割や責任、苦労に対する理解を深める機会。

現役の看護師のみなさんにとっては、スリランカという海外の看護事情や現地ならではの症例を自分の目で見て学び、看護師のあり方を異なる角度から見つめ直す機会。伝統医療アーユルヴェーダも含め、以前より拡大した視野と国際医療支援の経験は、今後のあなたのキャリアアップや海外を舞台にした活躍を後押ししてくれるはず!

参加にあたって求められる語学力は、基礎英語力。現地到着後のコミュニケーションは基本的に英語で行われるため、例えば現地の看護師や医師が言っていることがまったく分からないと大事な情報や有益なアドバイスを理解できず、苦労するのは自分自身。言葉による意思の疎通を大事にする海外の現場では、やはり基礎英語力は不可欠です。

だからこそ、英語の練習を含む渡航準備にどれだけ真剣に取り組んできたかが、現地での活動を左右すると言っても過言ではありません。すべては、あなた次第です!

スリランカの病院で働く看護師たち

活動内容

  1. 医療現場での視察を通した学習
  2. 地域型の国際医療支援活動
  3. 伝統医療アーユルヴェーダの学習
  4. 医療ワークショップでの学習

医療現場での視察を通した学習

病院で忙しく働く医師や看護師らの視察によって得られるものは多いはず。

回診でのさまざまな症状を抱える患者への対応はもちろん、時に重症の外来患者や緊急事態を目の当たりにするかもしれません。

現場でてきぱきと動き医師の仕事と患者の早期快復を支える看護師に付き添うことは、看護という仕事の内容だけでなく、看護師としての責任や役割、苦労などの貴重な見識も得られることでしょう。

地域型の国際医療支援活動

看護インターンたちは、定期的に貧困地域や田舎に出向いて基礎ヘルスケアを提供する医療専門家に付き添います。

この国際医療支援活動の対象となるのは、150~500人位の普段医療サービスをなかなか受けられずにいる地元の人々です。

月に1回のペースで行われているこの地域型の国際医療支援活動では、血圧や血糖値の測定を含む健康診断や、基礎医薬品および栄養バランスが摂れた食事の提供を実施し、病気予防や健康の促進において重要な役割を果たします。

その他、この国際医療支援活動では、学校での保健指導にも取り組んでいます。

扱うテーマはさまざまです。衛生管理やバランスの摂れた食生活の重要性、デング熱などの特定の感染症、糖尿病などの生活習慣病を含む健康問題などについて分かりやすく子供たちに解説。

プレゼンテーションやポスターなどの作成、子供たち参加型の手洗いや歯磨きなどの衛生指導において、看護インターンの活躍が期待されます。

伝統医療アーユルヴェーダの学習

派遣先として伝統医療アーユルヴェーダを専門に扱う病院で研修にあたることも可能です。

世界三大伝統医学の一つであるアーユルヴェーダは、独自の理論とさまざまな治療法の中でも、特に天然に由来する薬草のセラピー、そして食事療法や針治療などで知られています。

この専門の病院で奥深いアーユルヴェーダの伝統医療を学び、看護インターンとして患者への薬草の混合や日課の補助役を務めます。

医療ワークショップでの学習

プロジェクトアブロードは、毎月医療ワークショップを実施しています。

医療ワークショップには地元の医師が駆けつけてくれるので、視察の際に見た疾患についてさらに詳しく学んだり、診察や診断の詳細を聞いてみたり、スリランカの医療システムについて意見交換をしたりする場としてお役立てください。

この医療ワークショップでは、国際医療支援活動で役立つ血圧や血糖値の測定の仕方などの基礎医療スキルのトレーニングも行っています。

医療&ヘルスケア系の活動に参加しているインターンが一堂に集まるので、ぜひ仲間同士の報交換や交流の場としてもご活用ください。


派遣先の種類

スリランカの看護インターンの派遣先は、コロンボ市内南部の病院、ゴールの大学病院や市立病院、パナドゥラの女性専門診療を行っている忙しい地域病院などさまざまです。

以下のような病棟で看護インターンを受け入れています:

  • 一般外来
  • 産科
  • 婦人科
  • 耳鼻咽喉科
  • 小児科
  • 救急救命

看護学生など学習経験のある方は、以下の診療科でも受け入れています:

  • 成人患者のケア
  • 小児患者のケア
  • 精神病患者ケア
  • 特別支援を必要とする患者のケア

すでに特定の医療分野に関心がある場合は、いくつかの診療科を回って視察をする代わりに、参加期間中一つの診療科にしぼって視察することも可能です。

上記の診療科以外にも、伝統医療アーユルヴェーダを専門に扱う病院で視察にあたることも可能です。例えば、一般的な病院で2週間視察した後、アーユルヴェーダ病院で残りの2週間を過ごすこともできます。

希望や要望がある場合は、お申込みの際に詳細をご記入ください。


活動拠点

コロンボ

スリランカの大都市。

国内最大の都市であり、経済の中心地であるコロンボは、現在では観光地としても発展しています。

現代的なビルやお店が連ねる中、植民地時代の面影を残す建築やマーケット、由緒あるモニュメントなどが存在します。

ゴール

スリランカ南西部を代表する都市。

要塞に囲まれた旧市街は、世界文化遺産にも登録されています。

植民地時代のヨーロッパからの影響と南アジアが融合して形成され、軍事上重要な役割を果たした歴史を今に残しています。

パナドゥラ

コロンボから南に約30kmにあるインド洋沿いの田舎町。

川やボルゴダ湖という水源に恵まれたこの町は、仏教の復興の町として知られています。

200年以上の歴史ある仏舎利塔など、見応えある名所が存在します。

空港送迎・航空券手配・ビザ

到着指定空港では、担当スタッフがあなたのご到着をお待ちしています!

空港送迎、航空券手配、ビザなどの詳細はスリランカ到着案内をご覧ください


インターンの1日の流れ

スリランカでの看護師の海外インターンシップは、現地の祝祭日を除く平日の月~金曜日、通常午前8時半~午後4時頃まで行われています。

ランチ休憩は、長めの2時間がスリランカ流!派遣先によって多少異なることもありますので、分からないことはきちんと質問しましょう。

活動初日はプロジェクトアブロードのスタッフが付き添い、派遣先までの通い方を丁寧にご案内します。通常はバスや3輪自動車などの公共交通機関を利用して通います。活動先への往復交通費は、すべてプロジェクトアブロードが負担します。

活動内容は、派遣先やその日の病院の状況、あなたの知識、経験、積極性によってさまざまです。臨機応変に対応しましょう。

1日のインターン活動を終えた後は自由時間です。周辺の散策に出かけるのも良し、滞在先に戻って夕飯の支度を手伝いながらホストファミリーと交流するのも良し。自分流に自由時間を満喫することができます。

自由行動となる週末は、現地で友達になった外国人インターンと共に美しいスリランカの冒険へ。見たことのないスリランカの世界を自分の目で見に行こう!

スリランカの地域に出向いてヘルスチェックをサポートする看護学生インターン

活動のねらい

スリランカにおける看護師の海外インターンシップのねらいは、スリランカを舞台に看護について専門的に学ぶ海外経験を得ること。

そして、地域型の国際医療支援をサポートすること。

スリランカでの看護師の海外インターンシップは、以下の項目に焦点をあてた活動に取り組んでいます:

  • 非感染性疾患への認識の向上
  • 貧困層の人々の基礎ヘルスケアへのアクセスの向上
  • 衛生管理の改善
  • デング熱の感染防止

あなたも、スリランカの医療現場で看護師としての知識や理解を深めながら、支援を必要としている人々にヘルスケアを届けるインターンの一員へ。


マネジメントプラン

プロジェクトアブロードは独自のマネジメントプランを設け、活動に対する目標の明確化と目標達成の具体化を行っています。

マネジメントプランは、まさに私たちの活動の道しるべ。

よろしければ、マネジメントプランもあわせてご覧ください。


活動が世界に与える影響

プロジェクトアブロードは、毎年明確に定められた長期的な目標の達成に向けて取り組まれています。

その目標達成の鍵となるのが、参加者一人ひとりのみなさんの存在です。

グローバルインパクトリポートにまとめられた年間の活動の進歩と功績は、参加者全員の努力の結晶。

よろしければ、活動が世界に与える影響もあわせてご覧ください。


滞在先と食事

スリランカで活動中の滞在先は、活動拠点周辺に暮らす現地人ホストファミリー宅に滞在します。

ホストファミリーとの共同生活は、現地文化を生活レベルで体験する貴重な機会!ぜひ積極的に話しかけ、異文化交流を図りましょう。滞在先では1日3食分の食事が提供されますので、ぜひ食からもスリランカ文化をお楽しみください。

その時の受入れ状況にもよりますが、なるべく他の参加者と同じ滞在先を手配し、より多くの出会いと交流を体験できるよう努めています。

発展途上国の滞在先は、先進国のモダンで便利な生活と比べると質素に感じるかもしれませんが、安全面や清潔面の基準は満たされています。


現地サポート

安全を第一優先とするプロジェクトアブロードは、すべての活動国で24時間体制の現地サポートを提供。

だから、海外への渡航が初めての方でも安心して参加できる魅力があります。

お申込み時のお支払いは、お申込み金 29,500円のみです(参加費用の一部の扱い)。

複数のプログラムへの参加は割引が適用されます。0053-132-0078までお気軽にご相談ください。

開始日と参加期間を選択してください

お問い合わせフォーム

*は記入必須です