スリランカで海外ボランティア 到着案内

スリランカ到着案内

スリランカ空港送迎・航空券手配・ビザ

スリランカへの渡航が初めてでも大丈夫!

航空券手配、ビザ申請方法、現地空港送迎など、スリランカへの渡航と入国準備をすべてサポート。現地到着後の翌平日には、あなただけのためにオリエンテーションを実施。

プロジェクトアブロードならではの手厚い現地サポートをご紹介します。

スリランカの到着空港と空港送迎

スリランカの到着指定空港は、コロンボ国際空港(CMB)です。

指定空港では、専属のドライバーがあなたのご到着をお待ちしているので、面倒な空港送迎手配や余計な交通費負担の心配は必要ありません!

この際、必要であれば現地通貨への両替や現地の携帯電話のSIMカード購入などをお手伝いしますので、現地スタッフまでご遠慮なくご相談ください。

お迎えの専属ドライバーと対面後、滞在先へとご案内します。あなたのホストファミリーが、スリランカ流に出迎えてくれることでしょう。

空港から一番近い活動拠点のコロンボは車で約1時間、それ以外の場合は1時間以上の道のりとなります。

スリランカへの航空券手配

プロジェクトアブロードは、長年信頼をおく日本の提携旅行代理店を通して、一人ひとりのご要望に応じた航空券手配を行っています。

もちろん、ご自身で手配・購入されても構いませんが、発展途上国へ渡航の際は遅延やスケジュール変更などのトラブルはつきもの。

そんなトラブル発生時も対応してくれますので、プロジェクトアブロードが提携している旅行代理店に航空券手配を依頼することを推奨しています。

スリランカのビザ

日本国籍の場合、渡航前にビザを取得します。

30日間の滞在は、お申込みのタイミングによって取得するビザが異なります:

お申し込み~渡航日が5週間未満の場合:オンライン申請によるETAビザを取得(35USドル)。

お申し込み~渡航日が5週間以上の場合:プロジェクトアブロード代行申請によるBETAビザを取得(40USドル)。

31日~45日間の滞在は、渡航前にオンライン申請によるETAビザを取得し(35USドル)、現地で延長します(25USドル)。

46日以上の滞在は、渡航前に在日スリランカ大使館から30日間有効のエントリービザを取得し(約3,000円)、現地で労働許可書を取得します(200USドル)。エントリービザの関連書類は、少なくても渡航日から9週間前までに提出する必要があります。

※現地の入国管理局によって、急に変更されることもあります。

※お申込み後、渡航日や参加期間などに合わせて最新のビザ情報をご案内しています。

スリランカでのオリエンテーション

オリエンテーションは、到着時間によって到着当日または翌平日に行われます。

翌平日の場合は、当日の朝プロジェクトアブロードのスタッフがあなたの滞在先までお迎えにあがり、現地オフィスへご案内します。

現地生活における安全上の注意や必要事項の連絡を行い、町の周辺をご案内します。

時間に余裕があれば、同日に活動先の案内も行われます。

スリランカでの活動初日

オリエンテーション当日に活動先の紹介が行われなかった場合、活動初日にプロジェクトアブロードのスタッフが滞在先までお迎えにあがります。そのまま活動先まで付き添い、公共交通機関の利用の仕方や通い方を丁寧に説明します。

活動先への往復交通費は、すべてプロジェクトアブロードが負担します。

活動先に到着したら、担当責任者やスタッフへの紹介が行われます。活動先のシステムや自分の役割をしっかりと確認し、少しでも早く馴染めるよう積極的にコミュニケーションをとっていきましょう。

通常、実践的な活動は翌平日からスタートします。

安全・サポート体制

プロジェクトアブロードは、ボランティアやインターンのみなさんの安全を第一優先としています。

すべての活動国に現地オフィスを構えるプロジェクトアブロードは、専属スタッフによる24時間体制の現地サポートを提供しています。現地到着後に何か困ったことがあれば、現地スタッフまでご遠慮なくご相談ください。