You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

海外ボランティア:ケア

概要
ケアプロジェクトの活動指針
  • 役割: 孤児院、保育園、幼稚園、特別支援センター、老人ホームなどの施設で、サポートを必要としている子供たち、お年寄りのお世話をすること
  • 条件: 特になし
活動情報

ボランティアの大半が選ぶケアのボランティア。魅力はなんといっても未経験でも英語が得意でなくてもできること、子供相手なのでハードルが高くないことでしょう。難しいことは要求されません。まずは身の回りお世話からすればOK!孤児院や幼稚園、特別支援施設、 HIV/AIDS母子自立支援施設等で身の回りの世話からカウンセリング、衛生教育、途上国の事情を学びながらできることから始めていきます。孤児院で子供たちのケアをするボランティアとしてあなたが行うことは、通常であれば親が子どもに教えることになる日常生活を行うためのスキルを伝授することです。例えば食事や着替えをさせたり遊んだりする中で、子供たち一人ひとりに愛情を注ぎこれからの人生を前向きに生きようとする心を芽生えさせてあげる、これがボランティアに課せられた役割の一つなのです。活動領域はもちろんそれだけにとどまりません。アート工芸や音楽なども人気が高いアクティビティですし、多くのケア活動では外でスポーツやゲームをして遊ぶこともします。また多くのボランティアたちは、子どもたちに衛生面での大切さを教えたり、社会的能力についても教育したりすることもあります。海外ボランティアとしての仕事は時にハードですが、子供たちの笑顔や強さに救われ、次第にやりがいを感じていくことでしょう。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

HIVエイズや特別支援学校で子供のケアをするボランティアも

HIV/エイズのケア活動や、様々な障がいを持つ方のケアをする活動もあります。施設の現地スタッフは手一杯な上、過重労働な場合が多いため、社会で最も弱いとされるこれらの方たちが十分に生きがいのある人生を送れるようにするため、ボランティアの方たちの手が必要とされています。例えば障がいを抱えた子供たちに対してボランティアすることは、子供たちの社会的環境に必要な能力と自覚を育むことや、社会のルールを理解させ、ある状況での自身の態度を改めさせたり、問題解決や他者を理解する方法等を学ばせたりすることが含まれます。これらは、子供たちが将来独立して生きていくうえでとても重要なスキルです。

幼稚園、デイケアセンターやストリートチルドレンのケアボランティアもあり

アフリカ、孤児院でボランティア

ケアセンターでは、 様々な年齢の児童と関わることになります。アート、ゲームや歌などを通じて多様なアクティビティに参加するほか、現地スタッフと力を合わせて幼児の興味を呼び起こすため、新しいアイディアを一緒に考えます。どんな活動内容でも子どもたちの自尊心や自信を養うものへとつながるものです。滞在国によっては、ストリートチルドレンにも関わったりします。その場合、具体的には彼らの住む地域で食事をあげたり、衛生上のアドバイスをし、読み書きを教えたりすることもあれば、ビーチに一日連れていって、物乞いをする毎日の過酷な生活を少しでも忘れさせてあげることが重要となってきます。

* 具体的な活動国別のケア派遣先オプションと最少参加期間については参加費用一覧をご覧ください。
** ケア活動は基本的に年中参加可能ですが、ペルー等南米の孤児院では12月中旬~3月中旬まで夏休みでお休みに入る等(その場合はサマースクール等代替の派遣先となります。)、部分的に対応が異なる場合がございます。詳細についてはお問い合わせください。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

興味のある分野を下記からお選びください:

一般ケア(孤児院、ケアセンター、幼稚園、特別支援学校など)

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。