You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

加治 成就 - タイ 環境保護プロジェクト

ダイビングによる海洋調査を行ったタイの環境保護プロジェクト

タイに世界中から集まった仲間とボランティア活動

環境保護のために数多くの島を訪れて行った海洋調査

ダイビング機材を使って行った環境保護活動

環境保護ボランティアを行いながら触れたタイの文化や歴史

「Blue planet」、そのために

地球のために自分ができることは?

フィリピンとタイのビーチリゾート島が閉鎖されたという報道を目にした。原因は生活排水の垂れ流しによる汚染とゴミの大量放棄だった。また、海岸にクジラが座礁、胃袋から80枚ものビニールが発見されている。海は、一体どうなっているのか、かつてダイバーだった私自分の心が掻き立てられた。どんな小さなことでも構わない、何か地球のために、自分が出来ることがないか、海洋環境保護をキーワードにボランティアを探した。それが、プロジェクトアブロードとの出会いとなり、タイでの環境保護のボランティアを選択した。タイには、過去、出張で幾度も渡航した経験があり不安は無かったが、ダイビングは20年ぶり。近くのスポーツジムに通い、感覚を思い出し不安を解消した。海外出張の機会が多い為、バンコクでの乗り継ぎもスムーズ、クラビィに問題無く到着。現地では、ローカルスタッフや先着の多くの若者が暖かく迎えてくれた。宿舎は、共同の冷蔵庫が常設、空調と温水の設備が整い全く問題を感じなかった。

タイで行った環境保護活動

現地では、週5日の活動の内、3日がダイビングによる海洋調査、2日が海岸清掃や施設へのボランティア。海洋調査では、20箇所の島をポイントに定点観測。海底では、グループに分かれ、20m区間に予め定義した10種類の魚を大きさと数をカウント。また、色見本を持参しサンゴの形状と色を記録。200気圧ボンベで60分程度の潜水。これを1日に2回実施。これらの調査結果はwebを通じデータ入力、これを繰り返し、データを蓄積する。私自身2週間の滞在で合計6日間、12ダイブを実施。水深4〜5mの明るいところでは、大きな水族館の中に居るようなカラフルな熱帯魚に囲まれた。10m近辺では、アジやイワシ、カマスの群れにも遭遇、ダイビングを楽しんだ。一方、場所によっては、枯れたサンゴを多く観測した。 そこには、わずかの魚しか生息しておらず、まるで海底の砂漠のようだった。しかも、ローカルスタッフによると枯れたサンゴは広がっているとのことだった。この様に、海底で起きていることを実際に見ることで、地球温暖化の影響を肌で感じることが出来た。海底の状況をデータ化し、それを蓄積することで変化が浮き彫りとなり、レポートが発行され、様々な機関に届けられ活用されると伺っている。レポートを通じたアラームの発信に一躍を担えたことに、今回の活動を通じ、光栄に思う。また、ダイビング中、多くの釣りや仕掛け網のゴーストネット、スーパーのレジ袋等のビニールを回収した。これらはポイ捨てが原因と考えられる。昨今、マイクロプラスチックをキーワードとし報道されている通り、プラスチックは自然分解されず堆積されるのみで、環境への影響が心配される。僅かながらも海底のクリーン化を実施し、環境保護を体験した。

これからも地球環境に貢献できることを

Blue planet、今後も、小さな事で構わない、少しでも 今生きている地球に貢献したい。また、今回の経験を自身に留めず、機会を発見し、幅広く共有したいと思う。最後にこの機会を与えて頂いた日本法人の皆さま、現地スタッフの皆さまには、大変お世話になりました。この場をお借りし、心より厚くお礼申し上げます。益々のご清祥、ご発展をお祈り申し上げます。

加治 成就 – タイ 環境保護プロジェクト

この体験談は、特定のプロジェクト活動、時期、期間に参加した一個人の経験に基づいて綴られています。プロジェクトアブロードの各プロジェクトは、現地の需要の変化や活動の進捗状況に応じて絶えず更新されるため、同じプロジェクトに参加しても体験者が語るストーリーとは異なる経験になることもあります。また、天候の違いなどによっても経験は大きく異なってきます。まずはこのプロジェクトの詳細を見てみよう。または経験豊富なスタッフに相談してみよう

ボランティア体験談に戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲