Projects AbroadProjects Abroad

土井彩結美 ‐ ケニア 一般ケア

初めての発展途上国として選んだケニアでのボランティア

ケアプロジェクトを通じて沢山エネルギーをくれたケニアの子ども達

私はケニアで2週間チャイルドケアをしました。はじめは、プロジェクトアブロードを通してボランティアをしたことがある友達から話を聞いて、この団体について知りました。私は留学や旅行で様々な国に行きましたが、発展途上国やアフリカの国には一度も訪れたことがありませんでした。行ったことのないアフリカの文化や生活に触れ、今までに経験したことがないことができると思いプロジェクトアブロードへの参加を決意しました。私は医療系の経験がないので自分でもできそうなチャイルドケアを選びました。国は、現地の方々と会話がしたかったので英語を話せるケニアを選びました。ケニアのチャイルドケアでは毎日3歳から6歳くらいの子が通う学校に行き、先生の授業のサポートをしたり、子どもたちと遊んだりしました。私は日本人なので、子どもたちに折り紙や日本の手遊びを教えたりもしました。先生は英語もスワヒリ語も話せるのですが、子どもたちはまだスワヒリ語しか話せないので、私が勉強を教えるのはとても大変でした。しかし遊ぶときは子どもたちがとてもパワフルで楽しくて、毎日元気をもらっていました。

ボランティア活動に加え、異文化交流を楽しんだケアプロジェクト

2週間のケアプロジェクトを通じて全力で向き合ったケニアの子ども達と彼らが抱える問題

私は子どもが2人いる家族のところにホームステイしました。行く前は私の勝手なイメージで、アフリカにはシャワーも車もテレビもないと思っていました。しかしそれは全く違って、私のホストファミリーの家では、お湯も出るし、Wi-Fiもありとても快適でした。ただ洗濯機はなかったので自分で手洗いしました。ごはんもとても美味しくて、食べられないものはありませんでした。ウガリというケニアの定番の食べ物を手で食べるという経験もできました。学校での活動は毎日9時から15時くらいで、そのあとは他のボランティアの子たちと一緒に、コーヒーショップで話したり買い物に行ったりしました。様々な国からボランティアの子が来ていて、文化の違いなどの話をするのがとても楽しかったです。週末はサファリに行ったり、ホストファミリーと地元の市場に行ったりして楽しみました。

貧富の差を実感した経験を糧に

貧富の差を痛感し、できる限りのことをしたいと強く思ったケニアでの活動

私がボランティアをしていた学校では、貧しくてお弁当を持って来ることができない子が何人もいました。私のホストファミリーはとても裕福で、ケニアは貧富の差が激しいということを学びました。お弁当を持ってこられない子は学校から給食が支給されているのですが、その子たちは家では何も食べることができず、この給食のみが1日の食事だと知ったときは心が痛みました。教室には電気はなく、消しゴムは数個しかなくいつも取り合いで、おもちゃもただ木を切ったものしかありませんでした。また、普通に私が道を歩いていて、ストリートチルドレンからお金や食べ物を求められることも何度かありました。日本では考えられないような生活を目の当たりにして、自分たちがどれだけ恵まれた環境で生きているのかを知ることができました。テレビではなく実際に見てケニアの現状を知ることができ、視野が広がりとてもいい経験ができました。これからも何か自分にできることがあったら日本からでもしていきたいです。そしてまたケニアを訪れたいです。

土井彩結美

これまでに参加したケアボランティア綴る体験談の中には、孤児院での活動について言及しているかもしれません。地域コミュニティ型ケアを行っているプロジェクトアブロードの現在のアプローチについて、よろしければ専用のページから詳細をご覧ください。

この体験談は、特定のプロジェクト活動、時期、期間に参加した一個人の経験に基づいて綴られています。プロジェクトアブロードの各プロジェクトは、現地の需要の変化や活動の進捗状況に応じて絶えず更新されるため、同じプロジェクトに参加しても体験者が語るストーリーとは異なる経験になることもあります。また、天候の違いなどによっても経験は大きく異なってきます。まずはこのプロジェクトの詳細を見てみよう。または経験豊富なスタッフに相談してみよう

ボランティア体験談に戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲