You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

藤本 莉香子 - フィジー サメ生態保護プロジェクト

自分の興味を深めるために

フィジーの環境保護プロジェクトでできた世界中の仲間たち

大学1年の夏に長い夏休みをどう過ごそうかと考え、インターネットで自分の興味のある海洋生物や海洋生物保護のボランティアなどを調べていたところ、Projects Abroadがヒットしました。普段は海洋生物や海洋生物保護とは関係のない大学に通っていて、自分の興味のあることを中々深めることができないので、ぜひこのプロジェクトに参加したいと感じました。また、他のプロジェクトと比べ、日本人の参加者が少なく主にヨーロッパからの参加者が多かったので、英語力向上や日本以外の人ともコミュニケーションをとることができると思い、参加することに決めました。

日常の枠を超えたサメ生態保護活動

ボランティアとしてダイビング資格を取得して取り組んだサメ生態保護

フィジーでは、まず初めにダイビングのライセンスを取りました。3日ほどで取れるので、そこから本格的な活動が始まります。実際にダイビングをしてどんな魚がいたかを調査するサーベイダイブ、海に網を張りかかったサメにタギングをする作業、現地の海洋保護の専門家でもあるスタッフからのレクチャーなど、主にサメに関する活動を月曜日から土曜日まで行います。大体午前に海に出た日は、午後は陸地で調査結果を分析したり、個人勉強に励むなどという感じです。また、週に2~3回ほど現地の幼稚園で地元の子供達と遊んだり、マングローブを植える作業などがあり、飽きることがありませんでした。

フィジーでのダイビングは、本当に夢のようでした。シャークダイブでは、全長4メートルほどのホホジロサメが目の前に訪れます。サメが真正面から泳いできて目があった時には全身が痺れたのを今でも覚えています。また、サメの他にもマンタやカメなどと一緒に泳ぐことができます。普段動画や写真の中でしか見ることのできない彼らを実際に肉眼で見て、肌で感じることで、自分と彼らだけの時間がフィジーの海底で流れているように感じました。このような思いや、経験は他ではすることができないので一生忘れない貴重なものになると思います。

環境保護プロジェクトを通じて絆が深まった他国のボランティアたち

フィジーでの生活は、日本での普段の生活とはやはり異なります。食事はボランティア先が3食出してくれます。朝食は冷蔵庫に入っているりんごやオレンジ、シリアルを自分で用意して食べます。昼食はハンバーガーやスパゲティなどのジャンクフードが多めでした。夕食には、ラザニアや野菜炒めなどが出ます。どれも味がしっかりしていて美味しく、栄養面も考えられていたと思います。寮のベッドは二段ベッドで、週に1度ベッドメイキングも入ります。トイレやシャワーも清潔で、衛生面で気になる点はありませんでした。ただ、一つ残念だった点はウェブサイトには洗濯機があると記載されていましたが、現地で洗濯機を使用することはできなく、水着やTシャツなど全て手洗いでベランダに干すという感じでした。なので、Tシャツは出来るだけたくさん持って行くことをお勧めします。現地のスタッフさんたちはとても陽気で優しく、いつもふざけていました。個人的に面白かったのは、ウサというフィジー人の現地スタッフに当時大流行していたDA PUMPのUSAを聞かせた時のリアクションです。めちゃめちゃ笑っていました。また、料理を作ってくれるコックさんには、私のミミズ恐怖症を克服する手伝いをしてもらいました。今では、東京でたまに見かける小さなミミズでぎゃあぎゃあ言っていたのが恥ずかしいです。

将来の夢を確信できた環境保護ボランティア

ボランティア期間に触れたフィジーの文化や生活

旅から帰ってきた直後には、正直自分がどれだけ成長したかは分かりませんでしたが、日本で大学生として生活している中で、フィジーでの自分が考えたり、経験したり、吸収したものをアウトプットする瞬間が訪れた時に、やっぱりフィジーに行くことができて良かったなと感じます。ボランティアに一緒に参加していた21歳のドイツ人と話をしていて、彼女が出会った移民の話を涙を流して話していたのは衝撃でした。同じく一緒にボランティアをしたイギリス人の女の子は米国大統領について自分の意見を述べ、そのことが及ぼす世界への影響について興奮気味で語っていました。彼女たちは今世界で起こっていることに敏感で、自分がいかに無知かを知らしめられました。

また、フィジーでたくさんのフィールドスタディーやレクチャーを通してサメが絶滅してしまう世界もそう遠くはないということを知り、一刻も早く彼らを守る行動を起こさなければならないと気づきました。フィジーでの経験から、私は海が大好きでその海を維持する大切な存在であるサメを守りたい、将来はそこに関係する職業につきたいと決心することができました。この機会を与えてくれたProjects Abroadさん、そして快く送り出してくれた両親に心から感謝しています。

藤本 莉香子

この体験談は、特定のプロジェクト活動、時期、期間に参加した一個人の経験に基づいて綴られています。プロジェクトアブロードの各プロジェクトは、現地の需要の変化や活動の進捗状況に応じて絶えず更新されるため、同じプロジェクトに参加しても体験者が語るストーリーとは異なる経験になることもあります。また、天候の違いなどによっても経験は大きく異なってきます。まずはこのプロジェクトの詳細を見てみよう。または経験豊富なスタッフに相談してみよう

ボランティア体験談に戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲