Projects AbroadProjects Abroad

佐藤那奈子 ‐ ネパール 一般ケア/教育

自分への挑戦として選んだ海外ボランティア

ボランティアとして訪れたネパールの学校での集大成

わたしは、大学生のうちにやり残したことは海外ボランティアに参加することだったので、大学4年の前期に大学を休学して、海外ボランティアに参加することを決めました。Projects Abroadでの参加を決めたのは、滞在する期間や出発日等を自分で自由に決めることができたこと、また、ツアーなどとは違い、現地での活動内容もきっちりすべて決まっているわけではなく、自分でやりたいことを考えて活動することができることに魅力を感じたからです。自分への挑戦という意味も込めて、Projects Abroadにて海外ボランティアに参加することを決めました。幅広い年齢の子どもたちと関わりたいと思ったので、滞在した全10週間のうち初めの4週間は幼稚園で活動するCare Project、後からの6週間は小学校でのTeaching Projectに参加しました。

ネパールの子どもたちのために何ができるだろう?

ネパールの教育プロジェクトで様々な工夫をしながら努めた子どもたちの理解向上

わたしは、10週間通して、Shreekul Bidhyalayaという、日本で言う保育園から高校がつながっているような学校で活動しました。この学校は算数、理科といった他の教科を英語で教える学校でしたので、基本的に先生は英語を話すことができ、生徒も小学校3,4年生にまでなると、英語でのコミュニケーションがとれました。

Care Projectでは、保育園にて先生の手伝いをしました。子どもたちのお世話をすること、遊ぶことはもちろん、アルファベットを書く練習のフォローをしたり、宿題のチェックをしたり、教室の掃除をしたりもしました。この年の子どもたちは、もちろんまだ英語が話せず、ネパール語でのやりとりだったので、子どもたちが何を伝えているのかがわからず困ることも多々ありました。ですが、なんとなく表情やジェスチャーで理解できたり、現地の学校の先生がこの子はこう伝えているよ!と英語で私に教えてくれたりしていました。子どもたちは本当にフレンドリーで、笑顔がかわいくて、言葉は通じないけど、時間が経つにつれてどんどん心を開いてくれたので、本当に嬉しかったです。

Teaching Projectでは、基本的に現地の先生の授業のフォローをしました。また、私がこの学校にいる期間だけ特別に、1~4年生のクラスで日本語の授業を行う機会を頂きました。子どもたちは日本の文化や日本語に興味津々で、私が多くの日本語を教えてからは、「こんにちは!」「さようなら!」とあいさつをし、授業中にクラスがうるさいときには子供たち同士が日本語で「しずかに!」と注意し合っていました。

ネパールの子どもたちに本気で向き合い続けたケアプロジェクト

英語の会話レベルも高く、子供たちの勉強への意識やモチベーションもとても高い学校だと感じましたが、学校の環境、習慣は日本と全く違いました。狭い教室に、約40人の生徒が詰め込まれていたので、1人のスペースはノート1冊を広げた分くらいで、みんな狭そうに文字を書いていました。鉛筆や消しゴムも1人1つもっていないので、みんなでシェアして使っていました。地面に落ちたものを平気で食べていました。手は洗う習慣はあるものの、石鹸がそもそも置いていなかったので、洗っているのか、濡らしているのかという感じでした。綺麗にモノを使う習慣がなく、新しいものもすぐに汚くしてしまいます。そして毎日子どもたちが下校する時間には、教室が紙くずやご飯の食べかすでぐちゃぐちゃになっていました。でもそれがみんなの当たり前で、習慣でした。例をあげだしたらキリがないですが、そういった光景を目の当たりにするたびに、ボランティアとして来た自分になにができるだろう、できることはないかと考えながら、できると思った小さなことを行動に移していました。

苦しさを乗り越えたからこそ本気で向き合えた

ネパールの学校で授業を行った海外ボランティア

わたしは長く滞在したからこそ、ボランティアが楽しい!という気持ちだけでなく、大変なことも苦しいことも経験することができました。食中毒になって本気で日本に帰りたいと思ったこと、ボランティアとしてできることの少なさを感じ、悩み果てたこと、現地の習慣になかなか慣れなかったこと。でもその出来事、経験がなくしては、自分は、ネパールと、現地の人たちと、学校と、生徒や先生と、しっかりと向き合うことができなかったと思います。ネパールで生活して、活動して得た経験、そのとき感じた気持ち、すべてが今となっては財産です。楽しかったことも大変だったことも、すべて踏まえて、本当に行ってよかったと思っています。ここでの経験を心にしっかりと留めて、忘れずに、今後も生活していきたいと思います。

佐藤那奈子

これまでに参加したケアボランティア綴る体験談の中には、孤児院での活動について言及しているかもしれません。地域コミュニティ型ケアを行っているプロジェクトアブロードの現在のアプローチについて、よろしければ専用のページから詳細をご覧ください。

この体験談は、特定のプロジェクト活動、時期、期間に参加した一個人の経験に基づいて綴られています。プロジェクトアブロードの各プロジェクトは、現地の需要の変化や活動の進捗状況に応じて絶えず更新されるため、同じプロジェクトに参加しても体験者が語るストーリーとは異なる経験になることもあります。また、天候の違いなどによっても経験は大きく異なってきます。まずはこのプロジェクトの詳細を見てみよう。または経験豊富なスタッフに相談してみよう

ボランティア体験談に戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲