You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

一般ケア, ネパール - 井ノ上桃花

今では恋しいネパールで行ったケアボランティア

2018年3月18日から2週間ネパールに滞在し、ケアプロジェクトでのボランティアを行ってきました。短期間でしたがその間でかけがえのない経験をすることができました。私が初めてProjects Abroadを知ったのは去年の秋頃でした。その頃はどうしても現地でボランティアを行ってみたい気持ちが強く、様々なNPO団体の話を伺っていました。その中でもこちらの団体は今の自分の目的と一致していると考え、ここでボランティアを行うことを決意しました。ほかの団体と比較してこちらは日本語が通用しない場で様々な国の人と交流することができるのが魅力的でした。また、私の場合はホームステイができると伺っていたので、その国の文化もより感じることができるのが楽しみでした。

子供の小さな手に触れたネパールでのケアボランティア

なぜ私がネパールでケアのプロジェクトを選択したかというと、ネパールはアジアの中で最貧国の一つだからです。ほかにもインドやアフガニスタン、スリランカ、パキスタン、バングラデシュ、モルディヴがありますが、ネパールは2015年に大地震が起き、日本と同じような境遇にあります。しかし復興が続く日本に対して、ネパールの復興進行は遅く子供たちにも大きな影響を与えています。その状況を自分の目で確かめたいと考え、ネパールを選択しました。。

この2週間首都カトマンズにあるThe Nutritional Rehabilitation Homeという施設でお手伝いさせていただきました。この施設は栄養失調の子供たちをケアする場所です。ネパールでの栄養失調の問題は今も存在しています。要因は貧困だけでなく、教養不足にも原因があります。ネパールではイスラム教や仏教を信仰している人が多く存在します。それゆえ、宗教的な考えが起因となり栄養失調が起こることもあるそうです。宗教だけでなく村の習慣が原因となることもあります。そこでこの施設では子供に栄養のある食事を提供するだけでなく、母親に栄養に関する知識を教えて村に帰っていった後も栄養失調が再び起きないようにしています。

子供たちの勉強を見たネパールでのケアプロジェクト

活動内容として母親たちは栄養について学んだりする間、子供たちと一緒に遊んだり子供たちだけでなく母親にも算数や英語を教えたりしました。母親たちはとても優しく、ネパール語を教えてくれたり髪を結ってくれたりしました。子供たちも人懐っこく笑顔が素敵でずっと一緒にいたいと感じました。施設の滞在期間は最短2週間からで、そこから場合によっては2カ月や3カ月滞在することもあります。お世辞でも住みやすいとは言えない施設でしたが、活気あふれる人の強さを感じました。私は日本でどれだけ贅沢な生活をしていたのだろうと身をもって感じました。そして算数や英語を教えているときみな意欲的でもっと学びたいという気持ちが伝わりました。

このプロジェクトに参加して良かったということが今の私の気持ちです。ネパールに滞在していた間日記をつけていたのですが、最初は不安でいっぱいの内容でした。でも次第にネパールのことが好きになり、最後にはネパールが恋しくなっていました。活動がとても充実していたのと、ホームステイの家族やほかのProjects abroadの仲間のおかげです。ホームステイだったのでホームシックにはなりませんでした。そして同居していた子たちと週末や活動が終わった後に出かけたりして海外に多くの友達を作ることができました。参加しようか迷っている方はぜひ参加してください。。

井ノ上桃花 - ネパール 一般ケア

これまでに参加したケアボランティア綴る体験談の中には、孤児院での活動について言及しているかもしれません。地域コミュニティ型ケアを行っているプロジェクトアブロードの現在のアプローチについて、よろしければ専用のページから詳細をご覧ください。

この体験談は、特定のプロジェクト活動、時期、期間に参加した一個人の経験に基づいて綴られています。プロジェクトアブロードの各プロジェクトは、現地の需要の変化や活動の進捗状況に応じて絶えず更新されるため、同じプロジェクトに参加しても体験者が語るストーリーとは異なる経験になることもあります。また、天候の違いなどによっても経験は大きく異なってきます。まずはこのプロジェクトの詳細を見てみよう。または経験豊富なスタッフに相談してみよう

ボランティア体験談に戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲