You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

小谷 実加 - フィジー 高校生ケア&コミュニティビレッジ

海外でのボランティア活動を通して

みなさん、突然ですが海外でボランティアをすると聞いたらどこの国を思い浮かべますか?

高校生がフィジーのケア&コミュニティプロジェクトで行った異文化交流

おそらく、ほとんどの方がカンボジアやガーナなどといった国を思い浮かべるのではないでしょうか。私が今回、Projects Abroadで留学した国はフィジーです。日本でフィジーが発展途上国と知っている方は案外少ないのかもしれません。なぜなら、日本でフィジーというと、ハネムーンや海が綺麗という事で有名だからです。私が留学先をフィジーに選んだのには理由がありました。それは、世界幸福度ランキングでフィジーは1位に輝いているからです。日本はこんなにも裕福な暮らしをしているのになぜ世界幸福度ランキングで上位には入れないのかその理由が気になっていました。私は、ボランティア活動を通してその疑問を解決しようとこの国に留学をする事を決めました。

私がProjects Abroadを使って参加したプログラムは、高校生スペシャルのケア&コミュニティビレッジの3週間です。このプログラムは、世界の高校生と一緒にボランティア活動をするというプログラムでした。具体的に私が実際に行った内容は、午前は主に幼稚園の先生、午後は村の修繕活動をするというものでした。

朝、幼稚園まで歩いて行き、正午まで幼稚園の先生として活動します。他のボラティアと2人組を組み、ローテーションで週に1回程度その日の幼稚園を仕切る日があります。外で運動をしたり、室内でお絵かきをしたり本当に自分のやりたいことができます。私は、日本についてみんなにもっと知ってもらいたいという思いがあったので、幼稚園の先生として日本文化にちなんだ授業をしました。折り紙を教えたり、食材を日本から持ってきて日本食を振舞ったりしました。そんなに語学ができるわけでもなかったので、伝えるのに苦労し、他のボランティアに助けてもらうこともたくさんありました。しかし、自分がやりたかったことを苦労して成し遂げたからこそ味わうことができる達成感も得ることができ、本当に良い経験になりました。

午後の村の修繕活動は主に村の道路作りをしました。日本でも体験したことのない重労働。しかも、日本では機械を使って道路作りをしますが、フィジーでは全て手作業で道路を作りました。道路の元になるコンクリートを少し離れた場所から運んできて、一から道路を作るという体験をしました。とても重労働でこの作業をやった次の日は筋肉痛になることもありました。しかし完成した時は嬉しかったです。

夏休みにフィジーで参加したボランティア活動でできた世界中の仲間

私が行ったプログラムはホームステイだったので、ボランティア活動をしている村にホームステイしました。海外が初めてだった私は、最初の1週間、生活に慣れるのに苦労しました。お風呂はバケツ一杯の水、初対面の人の家に泊まるということもあり、緊張もしていました。その中で一番苦労したのは、食事です。日本と全く違うご飯の味に最初の1週間は本当に慣れるのに苦労しました。現地に到着して3日目には食中毒になり、1週間の活動禁止と、ドクターストップにもかかってしまいました。今思えば、もう少し生活に気を使っていればそんなことはなかったのかなと思い、少し反省しています。

私はこのプロジェクトに参加してたくさんのことを学びました。その中で一番学んだことは、コミュニケーションの大切さです。日本の公用語は日本語のため、日常生活のほとんどが日本語で話されています。しかし、世界の公用語は英語です。そのため、世界から来た高校生は、母国語があったとしても皆、英語で会話をします。私は、英語がそんなに得意ではなかったために最初はコミュニケーションを取るに少しためらっていました。しかし、自分から積極的にコミュニケーションを取らなければ一人置いていかれるということに気づきました。気づいてからは自分から積極的に話しかけ、もし伝わらなかったら、身振り手振りでどうにか伝えようとしました。すると、ボランティア仲間のみんなは自然と私のゆっくりな英語を聞いてくれたり、向こうから話しかけたりしてくれるようになりました。そこでコミュニケーションの大切さについて学びました。

今回のボランティア留学の体験を活かして、将来は世界で困っている人の手助けができるような人になりたいと強く思うようになりました。それは日本でも同じです。もし将来、日本のどこかで震災などの被害が起こり困っている人がいたとしたら、私はボランティアに積極的に参加して助けたいです。そう思う人が増えると、お互いをお互いで支え合える国になるのだと感じました。

小谷 実加 - フィジー 高校生ケア&コミュニティビレッジ

この体験談は、特定のプロジェクト活動、時期、期間に参加した一個人の経験に基づいて綴られています。プロジェクトアブロードの各プロジェクトは、現地の需要の変化や活動の進捗状況に応じて絶えず更新されるため、同じプロジェクトに参加しても体験者が語るストーリーとは異なる経験になることもあります。また、天候の違いなどによっても経験は大きく異なってきます。まずはこのプロジェクトの詳細を見てみよう。または経験豊富なスタッフに相談してみよう

ボランティア体験談に戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。