You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

尾藤 皓太朗 - ガーナ 一般ケアプロジェクト

ケアプロジェクトに参加し一緒に過ごしたガーナの子供たち

私は元々国際協力の道に興味があり、「恵まれない子供たちに夢をもつことのできる環境を作りたい」という夢がありました。ただ日本で毎日を過ごす中で、実体験のない自分の言葉はどこか重みがないように感じ、大学に進学し専門分野を決める前に、どうしても自分で途上国の姿を感じたいと思っていたところ、学校でこのプロジェクトアブロードのポスターを見つけました。「これだ!」と思い、参加したいと両親に相談すると、「そもそもプロジェクトアブロードという団体を知らなければ、周りに経験者もいない」と言われ、私が高校生であることもあり、かなり心配されました。しかしオンライン説明会や横浜オフィスの訪問等を通して、信頼できる団体だと分かり、両親も今回の参加を応援してくれました。活動が終わった今では、本当にプロジェクトアブロードでよかったと思っています!

国は、アフリカに興味があったので、英語が通じるガーナを選びました。プロジェクトは、特別なスキルが必要なく現地の子供たちと触れ合える一般ケアにしました。高校生スペシャルや冬休みスペシャルも考えましたが、自由が利き、単独でやらなければならない事もある一般でチャレンジすることにしました。プロジェクトアブロードで、現地の人たちと同じ生活を送ったからこそガーナを感じられました。

午前中は学校で活動しました。(曜日によっては午後も)英語の本の音読を手伝ったり、スポーツをしたり、紙を使って様々なものを工夫して作ったり、多岐にわたりました。午後は現地のプロジェクトアブロードが主催するミーティングや、現地文化の紹介のような活動に参加し、フリータイムは街でのジョギングやハウスメイトとのお話を楽しみました。食事も基本的には家でハウスメイトと食べますが、会話も楽しいし、何よりご飯がおいしい!バケツシャワー、バケツトイレ、手洗い洗濯も初体験でしたが、やってみて分かる事はたくさんあります。ガーナの街も驚かされることばかりです。ぜひ行って確かめてください(笑)休日はハウスメイトとビーチや自然公園に行き、リフレッシュしました。

ガーナに滞在して子供たちのケア活動を行ったボランティア

アフリカ、ガーナは、日本とは別世界でした。生きている世界が違うんだなあと思いました。うまく言葉では表せませんが、社会が日本とは違う力で、アプローチで、猛烈に前に進んでいました。何のために生きて、何が幸せで、何が正しいのか、正解を求めて考えていた自分が今では馬鹿らしくなってきます(笑)もし、今参加を迷っている人は参加して、自分で何を感じるか、確かめる事を強くお勧めします!!

これを読んでいる方の中には、高校生で参加を迷っている人がいるかもしれません。自力で生計を十分に立てることができない高校生が海外でボランティアをするのが果たして「良いこと」なのか、一人でできるだろうか。僕もそんな迷いがありましたが、それよりも参加して得たものはハンパないし、人間やろうと思えば何でもできます!参加して心から良かったと思っています!ぜひ、チャレンジすべきです!

毎日がおどろきだったガーナでの日々は、確実に実りあるものだったと思います。私にとって一生誇れる活動になりました。プロジェクトアブロードに出会えたこと、万全なサポートをいただけたこと、家族が参加させてくれたこと、本当に感謝しています。

尾藤 皓太朗 - ガーナ 一般ケアプロジェクト

これまでに参加したケアボランティア綴る体験談の中には、孤児院での活動について言及しているかもしれません。地域コミュニティ型ケアを行っているプロジェクトアブロードの現在のアプローチについて、よろしければ専用のページから詳細をご覧ください。

この体験談は、特定のプロジェクト活動、時期、期間に参加した一個人の経験に基づいて綴られています。プロジェクトアブロードの各プロジェクトは、現地の需要の変化や活動の進捗状況に応じて絶えず更新されるため、同じプロジェクトに参加しても体験者が語るストーリーとは異なる経験になることもあります。また、天候の違いなどによっても経験は大きく異なってきます。まずはこのプロジェクトの詳細を見てみよう。または経験豊富なスタッフに相談してみよう

ボランティア体験談に戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲