Projects AbroadProjects Abroad

大山 滉将 – フィジー 環境保護

休学期間に専門性を生かしたボランティア活動を

4週間、様々な国から集まって環境保護活動を行ったボランティアたち

まず初めにこのプロジェクトに参加したきっかけですが、1年間大学を休学し外国を何カ国か回りたかったこと、また大学で水産学を専攻していることもあり生物に関しては小さな頃から好きだったことから参加を決めました。英語については語学学校に少し通っていたので問題は無いだろうと思っていました。

空港到着後、バスに乗ってスタッフとのミーティングポイントまで4時間弱かけて行く間、ほとんど何を言っているのか分からず、他の参加者が言っていることも分かりませんでした。自分の英語力に自信をなくしましたが、一緒に活動していくとそれぞれの出身国により発音にクセがあるのだという気付きを得ました。言語に関する問題については、めげずに会話をすればするほど早く慣れることが出来ると思います。活動中でも意見交換をすることが多く、こちらが真剣に伝えようとすることは参加者もスタッフも理解しようとしてくれるので、トライしてみることが大切なのだと思いました。これは国民性なのか個人の性格なのか分かりませんが、「どっちでもいい」というのにはかなりムッとされるので、自分が思うことは伝えた方が絶対いいと思います。たとえ活動のない日に遊びに行っている時でもです。

活動の目的を理解できた環境保護プロジェクト

一見関係のないように思えるマングローブ植林がもつ環境保護への重要な意味

活動については、初週にダイビングライセンスの取得、その次の週以降は主にsurvey dive、植林活動、海岸清掃活動、勉強会をしました。Survey diveでは対象の魚、サメなどの数を数えたり、それらの体長を調査したりするダイビングです。植林活動では海沿いでマングローブの苗木を収集し、ボランティア用の建物の敷地内にある栽培地に植え直しました。海岸清掃では、海岸を歩きながらごみ拾いをしました。

Survey diveではある一定のサイズ以上の魚を対象にするのですが、なぜそのような決まりがあるのか。そしてサメの生態保護活動なのにマングローブの植林活動もするのか。活動を実際にしていくと「何で?何のために?」という疑問が出てくると思います。先ほど挙げた勉強会では、これらの疑問はもちろん1つ1つの活動をする理由があることを教えてくれました。スライドショーや動画で分かりやすい説明をしてくれますし、分からないことやもっと理解を深めたいことを質問すると丁寧に教えてくれます。やはりただ言われたことをするよりも、各活動の目的や目標を理解しておかないと中身の薄い経験しか出来ないと思うので、やるからには積極的に関わる方が充実した時間を過ごせると思います。

僕は上記の4つの活動以外にもShark dive、BRUV、幼稚園での教育活動を行いました。これらの活動については季節やボランティアの人数によるものなのか詳しくは分かりませんが、僕の滞在期間(4週間)では1~2回ほど活動しました。Shark diveについては他の方の体験談でも確認出来るかと思いますが、何匹ものbull sharkを間近で見ることができます。潜る前には注意事項の説明があり、その通りに従うと事故が起こる可能性は極めて低いと思います。こちらのダイビングは一般の観光客の方とも一緒になることがあるので、感想を共有してみるといいと思います。次にBRUVですがこれは簡単に言うと海中に設置するカメラです。BRUVは天気が良く波が穏やかなどいくつかの条件が満たされないと実施出来ないそうです。こちらも何のためにやるのか、勉強会で教わったうえで、これまでに記録してきたものを見せてもらえると思います。最後に幼稚園での教育活動についてですが、僕がいた時の活動内容というのは園児達が何かを学べる様な内容の絵本を作り、一緒に読むというものでした。テーマは何でも良いということでしたが、絵本を作ったことはなかったので準備にかなり苦戦しました。園児達も基本的な英単語しか分からないようで、フィジー人スタッフに助けてもらい何とかやり遂げました。

現地生活の様子と参加後の気持ち

環境保護ボランティアとして考え抜いた多様な生態系を守るためにできること

フィジーでの生活についてですが、ボランティア寮の周りには徒歩圏内にバーのあるリゾートホテル以外、娯楽がほとんどないので休日遊びに行く時にはバスかタクシーを利用しました。交通費は物価の割には安いので、個人的にはとても助かりました。これは季節にもよると思いますが、朝晩冷えることもありますし蚊も多いので、薄めの上着や長袖の服、ムヒ等はあったほうがいいと思います。物価は個人的に高く感じましたが、水や食事は支給されるので嗜好品を買わなければ休日の外出に回せると思います。遊びに誘ってもらった時に予算的に厳しいと言って断ったとしても、その後もどこか行く時には誘ってくれたので無理な時には断っても問題ないと思います。また全体的に人も温かく陽気で、フィジーならではの音楽や文化も体験できると思います。

今振り返ってみると、「なんでもっと積極的に話しかけられなかったのだろう」など多少の後悔はありますが、ダイビングのスキルはもちろん、水産学を学ぶ1人の人間として研究に活かせる様なこと、新しい友達、日本では出来ない経験など得たものたくさんあるのでこのプログラムに参加して良かったと思います。

大山 滉将

この体験談は、特定のプロジェクト活動、時期、期間に参加した一個人の経験に基づいて綴られています。プロジェクトアブロードの各プロジェクトは、現地の需要の変化や活動の進捗状況に応じて絶えず更新されるため、同じプロジェクトに参加しても体験者が語るストーリーとは異なる経験になることもあります。また、天候の違いなどによっても経験は大きく異なってきます。まずはこのプロジェクトの詳細を見てみよう。または経験豊富なスタッフに相談してみよう

ボランティア体験談に戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲