You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

代田 果歩 - ネパール 高校生スペシャルケア&コミュニティプロジェクト

ネパールの子供たちと出会った高校生スペシャルケア&コミュニティ

私は中学生のころから世界の貧困問題や衛生問題に興味を持っていました。その中でも私はアフリカの子どもたちの生活環境に強く興味を持っていました。いろいろ調べていく中で私たちの中学では、エコキャップ運動を行うことになりました。エコキャップ運動とはペットボトルキャップを集め、業者に送ることでポリオという病気の予防ワクチンに変えることができる運動のことです。このことがきっかけで私は世界の貧困や衛生に興味を持つことになったのです。

高校生になり、高校生のうちに心の中で考えるのではなく、実際にアクションに起こしたいと思い、海外ボランティアをインターネットで探し始めました。【夏休み 海外 ボランティア】と検索すると、思いのほか複数ヒットしました。それでも一番国に数が多く、内容も私にぴったりだったのがProjects Abroadでした。見つけたときは、すぐに資料請求をし、説明会に行くことにしました。両親も納得してくれました。そのときは本当に嬉しかったです。自分がずっとやりたいと思っていたことをようやくできると思ったからです。国とプログラムを選ぶにあたり、両親からアフリカはまた今度といわれていたので、私は世界で最も貧しい国の一つでもあるネパールに行くことにしました。医療のプログラムもありましたが、私は自分がやりたかったCare & Community に参加することにしました。準備期間は手厚いサポートがありとても心強かったです。

現地に入ると、空港での出迎えもあり安心してホテルに行くことができました。活動開始は月曜日からでした。初日は学校の教室や壁を白で下地を塗り2日目、3日目は黄色や茶色で上塗りをしました。4日目からはいくつかのグループに分かれ各教室の壁に年齢にあった絵を描いていきました。週末はカトマンズから200キロほど離れたポカラという町に小旅行に行きました。つり橋を渡ったり、日本人が作ったお寺に行ったりカトマンズとは異なる空気を吸うことができました。

世界中の高校生と2週間のボランティア活動をしたネパール

2週目の月曜日にカトマンズに戻り、火曜日からのケアで何をするか、数種類もの計画を練りました。自分たちが自国から持参したゲームや遊び、クイズなどを工夫して小さい子どもでもできるようにしました。私たちのグループはイギリス・ベルギー・日本とそれぞれが別の国から来ていたので、国別クイズやオランダ語や日本語の授業を英語ですることもできました。子どもたちとのアクティビティで一番嬉しかったのは折り紙です。飛行機を折った後、翼の部分にカタカナでそれぞれの名前を書いてあげたとき、そろってみんなが“ありがとう カホ”と言ってくれました。一方で衝撃的なこともありました。2歳半から4歳のクラスに行ったとき先生が子どもたちをホワイトボード消しで子どもたちをぶっていたり、おもいっきりビンタしているのを見たときはショックを受けましたが、それがネパールのしつけ方だとわかり納得することができました。現地の子どもたちは最も貧しい国とは思えないほど制服もきちんとしており、さらに驚いたことに、英語の授業では11歳のクラスの生徒が中学3年レベルの英語の授業を受けていました。教育水準がとても高いことを感じました。

ネパール人の人柄ですが本当に心優しく、またお店の人や町の人はのんびりした雰囲気でした。心優しい人だなと感じたエピソードがあります。それはネパールに行くために乗り継ぎのバンコクで早朝に椅子に座って搭乗を待っていたところ、反対側に座っていたネパール人の男性が“これ、おすそ分け”と言ってチョコレートを3つくれました。その方とは飛行機の座席も近く、降りるとき荷物を上から取るのに手こずっていると手伝ってくれました。別の方も飛行機の中で“このブランケットあげる”と言ってくれました。このようにネパール人は本当に心優しく笑顔の絶えない方ばかりでした。

日本との違いを感じたネパールでの高校生スペシャル

ホテルは、2週間を問題なく過ごせる比較的快適なホテルでした。水道水は歯磨きの時に口に含むのもやめたほうが良いと言われ驚きましたが、毎日1.5Lほどのペットボトルを使う分(1日1人3本くらい)くれるのでお水で困ることはあまりありませんでした。空気はかなり砂っぽく、1日活動して部屋に戻ってシャワーを浴びると少し水が灰色になったりしました。また、車での移動中にマスクをしているとマスクが茶色くなったりしました。

食べ物は、個人的に美味しかったです。お腹を下す日が何日もありました。でもそれはネパールの食文化でもあるカレーの味付けによるものと思われ、慣れるとおさまりました。ネパールでの生活は私にとって満足なもので過ごしやすかったです。世界中からの仲間はボランティア目的の子がほとんどで夜部屋に集まって自分の意見を共有したりできる最高の仲間でした。この仲間、友達を大切にしてこれからもボランティアなどをするために集まろうと約束したほどでした。

今回のプロジェクトを通してネパールと日本とのつながりや、世界で最も貧しい国の1つと言われる国の現状を知ることができました。交通問題は1番に改善する必要がある問題だと思いました。道路整備や信号の設置はネパールに必要なことだと感じました。雨季だったこともありますが洪水や橋の崩落を目の当たりにしたり衝撃的なことも多々ありましたが、この経験は私を精神的に強くしてくれました。また教育水準は私が見た中では先進国とあまり変わらない、もしくは英語の学習は日本を上まっているのではないかと思いました。

将来私は国際協力、世界の発展に貢献できるようなことをしたいと思っています。そのためにこれからネパールだけでなく、ほかのアジア圏の国やアフリカなどにも脚をのばしていきたいと思いました。今回のネパールは私の将来の第1歩、土台になる貴重な体験になりました。

代田 果歩  - ネパール 高校生スペシャル ケア&コミュニティプロジェクト

これまでに参加したケアボランティア綴る体験談の中には、孤児院での活動について言及しているかもしれません。地域コミュニティ型ケアを行っているプロジェクトアブロードの現在のアプローチについて、よろしければ専用のページから詳細をご覧ください。

この体験談は、特定のプロジェクト活動、時期、期間に参加した一個人の経験に基づいて綴られています。プロジェクトアブロードの各プロジェクトは、現地の需要の変化や活動の進捗状況に応じて絶えず更新されるため、同じプロジェクトに参加しても体験者が語るストーリーとは異なる経験になることもあります。また、天候の違いなどによっても経験は大きく異なってきます。まずはこのプロジェクトの詳細を見てみよう。または経験豊富なスタッフに相談してみよう

ボランティア体験談に戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲