You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

八木橋純子 - イタリア 難民支援プロジェク

イタリアでのボランティアに参加したきっかけ

かけがえのない仲間に出会えたイタリアの難民支援プロジェクト

私がこのプロジェクトに参加した理由は、自分にできる支援の在り方を考えたいと思ったからです。高校生の頃から、シリア難民の生活状況を追ったドキュメンタリーや、UNHCRで働く職員の仕事ぶりをテレビ番組で録画してよく見ていました。大学入学後、国際関係学を専攻し難民問題について関心を深めていったことがきっかけで、日本で難民支援に関わる長期インターンシップを始めたり、学生難民ボランティア団体のメンバーと一緒に都内の高校で出張授業を行ったりしてきました。海外での難民支援はNGOや国際機関などの専門職員の仕事で、一般人にできること限られているだろうと感じていましたが、ネットでProjects Abroad のボランティア活動を見つけこれなら短期間でも参加する価値があるかもしれないと思い、参加を決めました。

現地での活動を通して感じたこと

対話を通じてたくさんの学びが生まれたイタリアの難民支援

イタリアのCaminiという小さな村には、地元の人々とアフリカや中東地域から逃れてきた難民の約700人が一緒に生活をしています。私はそこで約1か月間滞在しました。活動内容は非常に流動的で、海外ボランティアメンバー達でやりたいことを企画し実行することができます。地域活性化のために全員で企画し大成功させたTreasure Huntというコミュニティーイベントは、子どもから大人まで大反響でした。活動の中でも特に印象に残っているアクティビティーのひとつです。また、若年層の難民に基礎的なパソコンの使い方や英語教育のサポートをしたり、畑仕事の手伝いをしたりもしました。特に農作業は早朝の時間人手不足であったため、朝6時からほかのボランティアメンバーと活動することもありました。

基本的に平日活動があり、週末はボランティアメンバー達と近くの海に遊びに行ったり、買い物をしたりして過ごしました。現地の人の大半は、アラビア語とイタリア語を話しますがCaminiに来て間もないという難民のために平日毎日イタリア語レッスンが開かれています。これはボランティアメンバーも参加自由なため、私は平日イタリア語レッスンに通い語学の時間に充てました。徐々に現地の言葉が聞き取れるようになり嬉しかったです。

日々考え続けた難民支援に必要なこと

Caminiに来て何よりも嬉しかったことは、現地の人々が温かく迎え入れてくれたことです。料理を振舞ってくれたり言語面でサポートしてくれたり、何度も人々の優しさに助けられました。また、現地で出会った人々との交流により多様な考え方を持った人々の生き方に感化されました。身近に感じた異文化や人間関係など、あらゆる生活上の気づきについてボランティアメンバー達と共有した時間は何よりも刺激的で価値あるものだったと思います。しかし1か月間の滞在で、どのように地元民の私生活に交わっていけるか、言語も曖昧な状態で相手に思いは伝わっているのかなど、不安な気持ちに駆られ何度も自分がボランティアに来た目的に立ち返りました。また、活動自体に皆で行動しても現実の状況がなかなか思うように動かず葛藤することもあり、主体的に新しい変化を生み出す難しさも実感しました。

活動全体を振り返ってみて

難民支援プロジェクトでのかけがえのない経験

活動全体を振り返ると、改めて自分の人生観を見つめ直したり困難な生活状況にいる人々の姿から学ぶ姿勢で自分なりに考えたりすることで、有意義な時間を過ごすことができたと思います。今回のボランティアに関して、何か行動をする上で大切だと感じたことは、本来の目的を見失わないことです。支援者の一方的な取り組みだけに満足して現場の意見を軽視しては自己満足に終わってしまいます。何か物事を考える上で、積極的に考える意欲と共に幅広い知見と知恵を自分の本来の目的のために生かすことが大切だと思います。今後は一層大学での勉強を前向きに捉えていきたいと思います。そして世界中の多様な価値観をもった人々と出会う度、自分なりに新たな考え方を見出していきたいです。

八木橋純子 - イタリア 難民支援プロジェクト

これまでに参加したケアボランティア綴る体験談の中には、孤児院での活動について言及しているかもしれません。地域コミュニティ型ケアを行っているプロジェクトアブロードの現在のアプローチについて、よろしければ専用のページから詳細をご覧ください。

この体験談は、特定のプロジェクト活動、時期、期間に参加した一個人の経験に基づいて綴られています。プロジェクトアブロードの各プロジェクトは、現地の需要の変化や活動の進捗状況に応じて絶えず更新されるため、同じプロジェクトに参加しても体験者が語るストーリーとは異なる経験になることもあります。また、天候の違いなどによっても経験は大きく異なってきます。まずはこのプロジェクトの詳細を見てみよう。または経験豊富なスタッフに相談してみよう

ボランティア体験談に戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲