You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

吉岡 アリス - タンザニア 医療プロジェクト

現地の子供たちと出会ったタンザニアでの医療プロジェクト

私の将来の目標は医師となることである。従って医学部受験にあたって海外の医療現場を自分の目で確認することによって医療への意識を高めるために、医療ボランティアをインターネットで探して、プロジェクトアブロードの存在を知った。しかし、海外医療の実態や格差を自分の目で確かめたいと思いながらもかなり迷っていた。医療が発達していない発展途上国のタンザニアでの医療プロジェクトには興味があったが、初めて一人で行く海外がアフリカというのは私自身不安であった。しかし、プロジェクトアブロードによるメールや説明会などで安全性や予防接種などの相談に乗ってもらう中で不安は解消されていった。その結果、希望のタンザニアへの活動を決意することができた。高校生プロジェクトも勧められたが、自由に予定を組み立て自主性を高めたかったので通常のプロジェクトにした。

タンザニアでのボランティアを通じて途上国の医療を感じた医療プロジェクト

 飛行機の出発時刻は午前0時30分の深夜便だった。だが、日付が切り替わることを失念していて搭乗日に遅れてしまったのである。結果的にはウイングメイトの迅速な対応で一日遅れで搭乗することができた。ドバイでの乗り継ぎを何とか経て、ダルエスサラームに到着すると、ホストファミリーの方とプロジェクトの方が出迎えて下さった。翌日はプロジェクトの方がSIMカードの購入とエクスチェンジを手伝ってくれた。周辺の案内もしてくれ、とても親切であった。

現地の仲間にも出会えたタンザニアでの医療ボランティア

 私の活動場所は首都でスリや強盗が多発している区域だったので、病院への送迎はバジャージ(日本でいうタクシー)で毎朝迎えが来てくれた。バジャージの運転手さんは陽気で明るい方で毎朝元気を貰えた。このバジャージ、大変素晴らしい乗り物なのである。というのも車の横の窓が天井があるだけでオープンになっており、直に空気を感じることができた。また、注意点として現地で食料の残りや水などを少しでも放置しておくと蟻がすぐによってくるので注意が必要である。

医療ボランティア期間に滞在したタンザニアのホームステイの家

病院では外科の担当だった。私は医師の助手が主な活動だったが、見学をすることによって学べたことも多い。針金が飛び出している縫い跡や骨が見えそうな傷跡にも生理食塩水、過酸化水素水、ポピドンヨードを使用し、ガーゼやテープなどで処置を施した。傷口に患者が持参した医療用ではない食用の蜂蜜を塗るのには文化の違いを感じ驚いた。これは病院の手術室での出来事だ。医師が電動ノコギリを取り出してきた時には、小さな女の子の腕を切断するのかと思い、たじろいでしまった。結果的にはギブスの切断だったのだが、刺激的な体験となったのは間違いない。国立病院であったが故に患者が多く、大変だったが、その分やり甲斐は感じた。病院の指導教官の医師もとても優しい方で理解不能なスワヒリ語などがあると、辞書を交えながら丁寧に説明して下さった。これはプロジェクトの方やホストファミリーの方々も同様である。現地では覚えたばかりのスワヒリ語で簡単な挨拶をし、距離を縮めることを意識した。孤児院にて身体検査での孤児との触れ合いには心が痛んだ。やはり親が居ないのは悲しいことだ。タンザニアでは戸籍制度が無い故に18歳未満の10人に1人は孤児と呼ばれている。最初は距離を感じたがタンザニアで撮影した動画を見せたりなどをして親しくなれた。動画が物珍しいのだろう。笑顔をみていると、物質的には貧しかろうと人としての素直な感情が伝わってきた。休日は予定を自分で組み立てなければならないので、退屈するかと思ったが、他のボランティアメンバーとショッピングやビーチに行ったり、会合があった。厳しい医療現場から離れる時間も作れて、気分転換も可能だった。ホストファミリーの方がパーティに連れていって下さったりと充実していたように思う。

タンザニアで忘れられない経験をした高校生の医療ボランティア

 一番苦労したことというと現地で蕁麻疹を発症したことだろう。幼少の頃から環境の変化でなることがあったのだが、久しぶりに発症したので少々焦った。休養をとらせてもらい、翌日には迅速な対応で病院に連れて行って貰えた。病院でローションと飲み薬を処方された後は、見違えるように元気になった。病院代は後に全額返却される。手厚いプロジェクトアブロードの対応には感謝しきれない。

 体験できることは人それぞれ違う。それは実際に行ってみなければわからない。だが少なくとも私にとってこの二週間はとても素晴らしい時間になったのは間違いない。日本では手術が必要な怪我でも、タンザニアでは簡単な処置で済ませてしまう。医療の領域の格差を実感した。一方、清潔好きな日本人としては、私自身が環境の変化に対する耐性が弱く、アレルギーを起こしてしまっている。人間が本来持っている免疫力の低下が気にかかるところだとはいえ、私は将来、日本だけではなく、医療の発展していない国に行って医学に携わりたいと感じた。興味を持ったその瞬間が行くべき時である。

医師になりたいという私の目標が更に強固となった今回のボランティアは、非常に有意義な時間となった。学びたい気持ちがあるのならプロジェクトアブロードに参加するべきだと私は思う。ここはその願いが叶う場所なのだから。

吉岡 アリス - タンザニア 医療プロジェクト

この体験談は、特定のプロジェクト活動、時期、期間に参加した一個人の経験に基づいて綴られています。プロジェクトアブロードの各プロジェクトは、現地の需要の変化や活動の進捗状況に応じて絶えず更新されるため、同じプロジェクトに参加しても体験者が語るストーリーとは異なる経験になることもあります。また、天候の違いなどによっても経験は大きく異なってきます。まずはこのプロジェクトの詳細を見てみよう。または経験豊富なスタッフに相談してみよう

ボランティア体験談に戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲