You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

真下 晃江 - タンザニア 教育

大好きな英語を武器に、誰かのためになる活動を

タンザニアの教育プロジェクトで学んだ一歩踏み出して挑戦することの大切さ

私はタンザニアでの3週間の教育ボランティアに参加しました。プロジェクト参加前に、大好きな英語をもっと勉強したいという思いからオーストラリアに留学していましたが、留学当初から、勉強した英語を自分だけでなく、誰かのために役立てたいと考えていました。また、留学先の学校でプレゼンテーションの課題として、世界の貧困問題を取り上げ、実際に現地へ行くことに関心を持ち始めました。留学前は看護師として勤務していたこともあり、医療プロジェクトにも興味を持ったのですが、発展途上国の教育体制が不十分であることを知り、少しでも力になれたらと思い、教育ボランティアに参加することを決めました。

達成感と歯がゆさを感じたボランティア

かけがえのない仲間ができたタンザニアでのボランティア活動

活動内容は、現地の幼稚園で先生のアシスタントとして、子どもたちのアルファベットや数字の読み書きをフォローしたり、見守りながら遊び相手になったりと、教師の経験がない私でもできることでした。実際に授業をさせてもらえることもあり、初めは少し緊張しましたが、一生懸命答えてくれる子どもたちといつの間にか楽しんでいました。私は少し人見知りですが、子どもたちは初対面から歓迎の歌を歌ってくれたり、手を握ってくれたりと、とても人懐こくすぐに打ち解けることができました。ゲームや折り紙を紹介すると、子どもたちも楽しそうにやってくれて、私もとても嬉しかったです。

現地の女性たちと出会うことができた教育ボランティア

活動中はホームステイをさせて頂き、ホストファミリーと他のプロジェクトメンバーと住んでいました。家は清潔で、食事もとてもおいしく、何より優しくてフレンドリーなホストファミリーや明るいハウスメイトたちと過ごせて、とても幸せでした。実は活動中に一度体調を崩し、不安に感じることがありました。そんな私にホストファミリーがお粥を作ってくれたり、薬を買ってきてくれたり、とても心配させてしまい申し訳ない気持ちと共に、感謝の気持ちでいっぱいになりました。帰国前にホストマザーが「あなたも私の娘の一人よ。いつでも戻ってきてね」と言ってもらえた時、心が温かくなり、一緒に過ごせてよかったなと思いました。また、休日には他のメンバーとサファリや小旅行に行き、タンザニアを満喫できました。様々な国から様々な経歴を持つメンバーの話を聞けて、とても興味深かったです。幼稚園での活動では、子どもたちと関わることの楽しさだけでなく、指導することの難しさも感じました。例えば、2つしかないブランコを独占する子がいたり、列に順番に並ばず横入りする子がいたり、現地語であるスワヒリ語でコミュニケーションをとる子どもたちに、それがいけないことだと伝えたいのにうまく伝えられないことに歯がゆさを感じました。その一方で、子どもたちの成長はとても早く、できることが日々増えていく喜びを一緒に共有できたことは本当に幸せでした。やり終えた課題を自信なさげに見せてくれ、よくできていることを褒めた時の子どもたちの満面の笑みは今でも忘れられません。

勇気を出して踏み出した1歩がかけがえのない経験に

週末にはサファリも楽しむことができたボランティア活動

タンザニアでは近年就学率が上がっているといわれますが、教師の数が不足し、水道やトイレなどの衛生環境が整っていないところも多いです。私の活動先は、教育資材が最低限しかない印象で、鉛筆は1人1本、消しゴムは貸し借りし合い、ぼろぼろのノートを使っている子もいました。それでも、子どもたちはそれらを大切に使って一生懸命勉強していました。幼稚園での教育プロジェクトは私の本職である看護とはかなり異なる分野でしたが、とても貴重な経験となりました。プロジェクトに参加するかどうか何か月も悩み、出発するまでも活動や生活に対する不安もありました。しかし、活動中は元気で人懐っこい子どもたちにパワーをもらい、優しいホストファミリーや信頼できるプロジェクトアドバイザー、他のメンバーに助けられ、さらには現地の人々もとてもフレンドリーで温かく、タンザニアでのプロジェクトに参加できて本当に良かったと感じました。初めてのことや慣れないことに挑戦することは勇気が必要だと思います。けれど、実際に挑戦してみて得られた経験や感情は、本当にかけがいのないものであると、このプロジェクトに参加して実感しました。今後の人生の中で、もしまた迷うことがあっても、挑戦する心を大切にしようと思います。

発展途上国の教育体制はまだまだ充実しているとは言えませんが、近い将来、一人でも多くの子どもたちが十分な学習環境の下で教育を受けられることを願っています。日本にいて、直接的にそのためのサポートに関わることは難しいですが、まずは私が現地で知ったことや感じたことを伝えていきたいです。そして、もう一度プロジェクトに参加し、子どもたちのために何かできたらいいなと思っています。プロジェクトに参加するにあたり、支えてくださったたくさんの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

真下 晃江

この体験談は、特定のプロジェクト活動、時期、期間に参加した一個人の経験に基づいて綴られています。プロジェクトアブロードの各プロジェクトは、現地の需要の変化や活動の進捗状況に応じて絶えず更新されるため、同じプロジェクトに参加しても体験者が語るストーリーとは異なる経験になることもあります。また、天候の違いなどによっても経験は大きく異なってきます。まずはこのプロジェクトの詳細を見てみよう。または経験豊富なスタッフに相談してみよう

ボランティア体験談に戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲