ケニアの地域に出向いて健康診断を行う日本人看護インターン

ケニアで看護の海外インターンシップ

ケニアの病院で看護師インターンとして学びながら、地域型で人々にヘルスケアを届ける海外経験を得よう

はじめに

ケニアで看護師の短期・長期「実践型」海外インターンシップ参加者を募集しています。

東アフリカの発展途上国ケニアでの看護留学は、特に看護師の道を目指す看護学生や、海外経験を得たい現役の看護師のみなさんにおすすめです。

現地の病院やクリニックのさまざまな診療科で働く看護師を視察することを通して、あなたも視野をぐんと広げてみませんか?

ケニアの実際の医療現場でさまざまな疾患や症状を視察し、医師による診察や治療、そして看護師によるサポートを間近で見て学ぶ経験は、机上では得られない臨場感があります。また、ケニアの医療システムに精通することで、自国の医療システムとは異なる部分が多くあることに気づき新たな視点を得られることでしょう。

ケニアで看護インターン期間中は、活動拠点のナニュキ周辺に暮らすホストファミリー宅で地域住民の一員として滞在。ケニア人ホストファミリーとの共同生活は、ケニア流の食文化や習慣を生活レベルで学ぶ貴重な異文化体験となることでしょう。

活動がお休みとなる週末は、現地で出会ったインターナショナルな外国人インターンと共に、ケニアというアフリカの大地を冒険へ!

日にち: 

開始日・参加期間自由

選ぶ

参加期間: 

1週間以上

参加条件: 

16歳以上
基礎英語力


看護インターン参加条件

ケニアでの看護師の国際インターンシップの応募対象は、世界中の大学生社会人のみなさんです。

高校生には、高校生スペシャルの医療プログラムがおすすめ!

熱意がある方ならどなたでも参加が可能ですが、特に看護学生や現役の看護師のみなさんにおすすめです。

これまでも、国際看護師を目指したい、ケニアの医療事情を自分の目で見てみたい、アフリカの発展途上国で国際医療支援に携わりたい、実践的な英語力をつけたい!などそれぞれの熱い想いを胸に、日本から大勢の看護師を目指す学生や看護師のみなさんがケニアでの看護留学に参加してきました。

看護学生のみなさんは、さまざまな診療科での視察を通した学習によって、異なる疾患を持つ患者への看護を実践的に学び、看護師としての役割や責任、苦労に対する理解を深めることができるでしょう。

現役の看護師のみなさんにとっては、ケニアという海外の看護事情や現地ならではの症例を自分の目で見て学び、看護師のあり方を異なる角度から見つめ直す機会。

以前より拡大した視野と国際医療支援の経験は、今後のあなたのキャリアアップや海外を舞台にした活躍を後押ししてくれるはず!

参加にあたって求められる語学力は、基礎英語力

現地到着後のコミュニケーションは基本的に英語で行われるため、例えば病院での視察の際に現地の看護師や医師が言っていることがまったく分からないと、大事な情報や有益なアドバイスを理解できず、苦労するのはあなた自身。言葉による意思の疎通を大事にする海外の現場では、やはり基礎英語力は不可欠です。

だからこそ、英語の練習を含む渡航準備にどれだけ真剣に取り組んできたかが、現地での余裕と自信につながります。

すべては、あなた次第です!

余裕があれば、公用語の一つであるスワヒリ語のあいさつや簡単なフレーズを練習していくと、きっと現地で役に立つことでしょう。

ケニアで看護インターンが患者の診察の視察を通した学習に取り組む

活動内容

  1. 医療現場での視察を通した学習
  2. 地域各所での国際医療支援活動
  3. 医療ワークショップでの学習

医療現場での視察を通した学習

看護インターンとしての活動は、病院やヘルスクリニックで働く現地の看護師の視察から!

さまざまな診療科で疾患や患者のケアを学びながら、看護師としての役割や責任への理解を深めていきます。受け身にならず自分から進んで質問し、プロからたくさんアドバイスをもらいましょう。

常に積極的な態度でインターン活動に臨むことによって、より多くの仕事に携われる可能性が広がります。

実践的な看護師の補助に携わる際は、常に現場のスタッフの監督のもとで行われます。

地域各所での国際医療支援活動

看護インターンは医療現場での学習を飛び出し、貧困地域や田舎などの支援を必要としている地域各所に定期的に赴いて基礎ヘルスケアの提供をサポート。

これは、経済的理由や地理的理由から普段医療サービスをなかなか受けられない人々の健康を促進する国際医療支援活動。

例えば、簡単な傷口の処置を行ったり、血圧、血糖値、体温の測定を含む健康診断を実施し、人々の健康状態の確認と病気予防を促す活動に貢献していきます。

その他にも、衛生指導やマラリアへの認識を向上させる教育活動など、さまざまな活動に取り組んでいます。

医療ワークショップでの学習

プロジェクトアブロードの現地オフィスでは、定期的に医療ワークショップが行われています。

ここでは、資格を持つ医療コーディネーターから、地域型の国際医療支援活動で必要となる血圧の測定の仕方などの特定のスキルを学習したり、マラリアをはじめとした現地ならではの疾患について理解を深めたりします。

この医療ワークショップには、看護インターンだけでなく医療&ヘルスケア活動に従事している全インターンが一堂に集結します。積極的に参加して、インターン同士の情報交換や交流の場としてもご利用ください。


派遣先の種類

派遣先は、大型病院または町の小さなクリニックです。

いずれの場合も、アフリカの田舎町というだけあって先進国ほどの医療設備が備わっていない傾向にありますが、周辺地域の患者に頼りにされているため、いずれの医療現場も忙しい毎日を送っています。

現地では、以下のようなさまざまな病棟で看護インターンを受け入れています:

  • 産科
  • 一般外来
  • 外科
  • 救命救急
  • 研究室

さまざまな診療科での視察を希望する場合は、なるべく長期で参加することをおすすめします。基本的に一つの診療科での視察は1週間以上から受け入れているため、長期参加の方がより多くの診療科で学習できることとなります。

すでに特定の分野に関心がある場合は、いくつかの異なる診療科を回って視察をする代わりに、終始同じ診療科で視察することも可能です。

成人患者、子供の患者、精神病を抱える患者への看護を勉強したいなど、希望や要望がある場合は、お申込みの際に詳細をご記入ください。


活動拠点

ナニュキ

首都ナイロビから北東に約200kmほど。

マーケットでにぎわう中心街には、新鮮な果物や野菜、肉、その他の生活必需品を求めて人々が集まっています。

アフリカで最も重要な自然保護区であるライキピア高原への玄関口としても知られています。

空港送迎・航空券手配・ビザ

到着指定空港では、担当スタッフがあなたのご到着をお待ちしています!

空港送迎、航空券手配、ビザなどの詳細はケニア到着案内をご覧ください


看護インターンの1日の流れ

ケニアでの看護師の海外インターンシップの活動スケジュールは、現地の祝祭日を除く平日の月~金曜日です。

活動初日は、プロジェクトアブロードのスタッフが付き添い、派遣先までの通い方を丁寧にご案内します。

滞在先の場所によっては派遣先が徒歩圏内の場合もありますが、その他の場合は現地の公共交通機関を利用します。活動先への往復交通費は、すべてプロジェクトアブロードによって負担されます。

派遣先にもよりますが、通常活動開始は午前8時です。活動内容は、派遣先やその日の病院の状況、あなたの知識、経験、積極性によってさまざまです。臨機応変に対応しましょう。

午後12時を回ったら、お待ちかねのランチ休憩です。通常、1時間~1時間半ほどの休憩時間をはさみます。滞在先が徒歩圏内の場合は、一度滞在先に戻って昼食をとりますが、そうでない場合はそのまま活動先でいただきます。

ランチ休憩が終わったら、午後の活動を再開します。

1日の看護インターン活動を終えた後は自由時間です。地元のマーケットを散策したり、滞在先に戻って夕食の支度のお手伝いをしながらホストファミリーとの交流を深めたりしてみてはいかがでしょうか。

自由行動となる週末は、現地で友達になった外国人インターンと共に、国立公園を訪れて大自然を満喫したり、赤道を自分の足で横断したりと、ケニアを冒険しに出かけよう!

ケニアで応急処置トレーニングを行う看護師インターンたち

活動のねらい

ケニアにおける看護師の海外インターンシップのねらいは、現場での学習経験を通して看護師という職業への理解を深めること。

そして、地域型の国際医療支援活動をサポートすること。

ケニアでは、以下の項目に焦点をあてた看護インターン活動を行っています:

  • 医療知識の共有と理解の促進
  • 患者へのヘルスケアの質の向上
  • 貧困層の人々の基礎ヘルスケアへのアクセスの向上
  • 衛生管理の改善
  • マラリアの抑制

あなたも、ケニアで看護インターンとして見識を広げながら、人々の健康を促す国際医療支援に携わりませんか?


マネジメントプラン

プロジェクトアブロードは独自のマネジメントプランを設け、活動に対する目標の明確化と目標達成の具体化を行っています。

マネジメントプランは、まさに私たちの活動の道しるべ。

よろしければ、マネジメントプランもあわせてご覧ください。


活動が世界に与える影響

プロジェクトアブロードは、毎年明確に定められた長期的な目標の達成に向けて取り組まれています。

その目標達成の鍵となるのが、参加者一人ひとりのみなさんの存在です。

グローバルインパクトリポートにまとめられた年間の活動の進歩と功績は、参加者全員の努力の結晶。

よろしければ、活動が世界に与える影響もあわせてご覧ください。


滞在先と食事

ケニアで活動中の滞在先は、ナニュキ周辺に暮らす現地人ホストファミリー宅です。

ホストファミリーとの共同生活は、現地文化を生活レベルで体験する貴重な機会!ぜひ積極的に話しかけ、異文化交流を図りましょう。滞在先では1日3食分の食事が提供されますので、ぜひ食からもケニア文化をお楽しみください。

その時の受入れ状況にもよりますが、なるべく他の参加者と同じ滞在先を手配し、より多くの出会いと交流を体験できるよう努めています。

発展途上国の滞在先は、先進国のモダンで便利な生活と比べると質素に感じるかもしれませんが、安全面や清潔面の基準は満たされています。


現地サポート

安全を第一優先とするプロジェクトアブロードは、すべての活動国で24時間体制の現地サポートを提供。

だから、海外への渡航が初めての方でも安心して参加できる魅力があります。

お申込み時のお支払いは、お申込み金 29,500円のみです(参加費用の一部の扱い)。

参加費用10%割引中!2020 年8月31日まで

開始日と参加期間を選択してください

お問い合わせフォーム

*は記入必須です