ケニアでがんばる日本人医療インターンと現地の医療専門家たち

ケニアで医療の海外インターンシップ

ケニアの病院で医師から医療のいろはを学びながら、貧困地域にヘルスケアを届けるインターンに挑戦しよう

はじめに

ケニアで医療の短期・長期「実践型」海外インターンシップ参加者を募集しています。

舞台は、東アフリカのケニア。

派遣先は、国立ヘルスセンター、緩和ケアセンター、産科&小児科病院、大学病院とさまざま。この医療インターンシップは、さまざまな医療現場のあなたの関心のある専門分野で、実際に活躍する医師から直接学ぶ学習の場。

あなたの医療スキルや経験などによっては、もっと実践的な活動に携わることが期待されます。

時には目を伏せたくなるような症状を目の当たりにしたり、現地の医療の常識や患者が置かれた環境に驚いたりすることもあるかもしれません。時にはマラリアをはじめ、日本ではあまり見られない疾患に遭遇することも。

そんな現場でがんばる医師や看護師の仕事ぶりを間近で観察し、学ぶことによって、きっとアフリカの医療現場への貴重なインサイトを得られることでしょう。

ケニアでの医療の海外インターンシップは、単なる視察を通した学習にとどまりません。現地の医療スタッフと共に貧困層が暮らす地域や田舎に出向き、ヘルスケアを届ける国際医療支援活動を補助。

医療インターンは、健康診断、HIV検査、経口ワクチンの投与をはじめさまざまなヘルスケアを届けることによって、人々の健康管理に対する意識改革や病気予防に努めます。

ケニアで医療の海外インターン中は、活動拠点ナニュキに暮らすホストファミリー宅で現地生活。ケニア人の一般的な生活を体験する貴重な異文化体験となることでしょう。

自由時間となる週末は、ケニアで出会った多国籍な外国人インターンと共に、アフリカの大地ケニアを体感する冒険へ。ケニアでの経験一つひとつが、あなたの世界観をぐんと広げてくれることでしょう。

日にち: 

開始日・参加期間自由

選ぶ

参加期間: 

1週間以上

参加条件: 

16歳以上
基礎英語力


医療インターンの参加条件

ケニアでの医療の海外インターンシップの応募対象は、世界中の大学生社会人のみなさんです。

高校生には高校生スペシャルの医療プログラムがおすすめ!

特に、現役の医学生や国際的な視野を得たい医師などの医療&ヘルスケア専門家のみなさんにおすすめです。

これまでも、海外で国際医療支援に携わりたい、アフリカの発展途上国の医療事情を自分の目で見てみたい、ケニアならではの疾患を学びたい、将来は医療の道や国境なき医師団を目指したい、実践的な英語力をつけたい!といった大勢の大学生や社会人のみなさんが参加してきました。

医療の道を目指す学生のみなさんにとって、さまざまな専門医療でインターン活動が可能なケニアでのこの医療インターンシップは、将来進むべき専門医療を定めたり、特定の専門医療において実践的な知識を得る機会。

一方、現役の医療関係者のみなさんにとっては、ケニアという海外の医療事情や現地ならではの症例を学習し、医療のあり方を異なる角度から見つめ直す機会。広がった自分の視野と国際医療支援の経験は、これからのキャリアアップを後押ししてくれるはず。

参加にあたって求められる語学スキルは、基礎英語力。スワヒリ語が流暢でない限り、現地到着後のコミュニケーションはケニアのもう一つの公用語である英語で行われます。

したがって、例えば現地の医師や看護師が言っていることがまったく分からないと大事な情報や有益なアドバイスを理解できず、苦労するのはあなた自身。

積極的に質問する姿勢や、言葉によるコミュニケーションを通した意思の疎通が大事にされる現場では、最低限の英語力は不可欠です。

だからこそ、英語の練習を含む渡航準備にどれだけ真剣に取り組んできたかが、現地での経験値に結びつきます。すべては、あなた次第です!

余裕があれば、スワヒリ語のあいさつや簡単なフレーズなども練習していくときっと役に立つことでしょう。

ケニアの診療所で患者の診察に対応する医師をサポートする医療インターン

活動内容

  1. 医療現場での視察を通した学習
  2. 実践的な医療活動
  3. 地域各所での国際医療支援活動
  4. 医療ワークショップでの学習

医療現場での視察を通した学習

まずは、ケニアの病院やクリニックで実際に働く医師や看護師への付き添いから!

参加期間にもよりますが、関心がある特定の病棟で終始活動して専門知識を深めるのも良し、さまざまな病棟で活動して幅広い知識を得るのも良し。

いずれの場合も、インターンは回診、診察、治療を間近で見て学び、医療専門家としての仕事ぶりを学習します。

ケニアの医療現場では、設備、知識、スキル、対応や処置の仕方において、時に先進国の常識とは異なる状況もめずらしくありません。

視察を通した学習では、そのような状況下で現地の医師たちがどのように働き、医師としての役割を果たしているかを学ぶ貴重な機会となることでしょう。

実践的な医療活動

あなたの知識、経験、スキル、英語力、積極性によっては、視察を通した学習以上の活動が可能になります。

過去には、カルテの記入、血圧測定、経口ワクチンの投与、傷口の処置や縫合、診断や治療の補助、HIV/エイズ患者・肺炎患者・栄養失調の患者のカウンセリングなど、医療インターンたちはさまざまな実践的な経験を積んできました。

条件を満たす方は、ぜひ積極的に取り組んでみてください。

すべての活動は、現地の医療専門家のアドバイスのもと行われます。

地域各所での国際医療支援活動

ここでの医療インターンとしてのあなたの役割は、医療スタッフと共に支援が求められている地域各所に出向き、ヘルスケアの提供や健康の促進に貢献すること。

出向く先は、地元の村の学校や公共施設、そして田舎の地域です。

支援対象となる貧困層の子供たちや地域住民は、主に経済的な理由から普段医療サービスを受ける機会などめったにありません。

医療スタッフの指導のもと、医療インターンは血圧や血糖値の測定をはじめとした健康診断、軽い傷口の処置、経口ワクチンの投与、HIV検査などを行い、病気予防や病気の早期発見に努めます。

医療ワークショップでの学習

現地では、定期的に医療ワークショップを実施しています。

これは、インターンのために特別に設置された学習の機会。ぜひ積極的に参加して多くのことを学ぶよう心がけましょう。

この医療ワークショップでは、ケニアの医療システム、医療事情、よくある疾患などについて知識を深めます。

また、血圧や血糖値の測定をはじめとしたさまざまな基礎医療スキルも学習。地域型の国際医療支援の場で実践します。


派遣先の種類

ケニアの医療インターンの派遣先は、主に以下から選択可能です:

  • 国立ヘルスセンター
  • 緩和ケアセンター(末期患者に専門的なケア)
  • 産科&小児科病院
  • 大学病院

どの派遣先の医療施設も、主に貧困層出身の患者さんたちが抱えるさまざまな疾患を扱っています。

大学病院では、以下をはじめとしたさまざまな病棟でインターンを受け入れています:

  • 総合内科
  • 歯科医療
  • 外科
  • 産婦人科
  • 小児科
  • 研究室
  • 薬局

どの病棟でどれだけインターン活動に従事できるかは、あなたの参加期間によって異なります。

深い理解と学習を得るには、少なくても一つの病棟に1週間以上のインターン活動に参加することが理想的と言えるでしょう。

すでに特定の専門医療に関心がある場合は、異なる病棟を視察する代わりに、一つの病棟で集中して活動する事も可能です。

希望・要望があれば、ぜひお申込みの際にその詳細をご記入ください。


活動拠点

ナニュキ

首都ナイロビからは車で3時間半の赤道直下の町。

人口約5万人が暮らしています。

中心街から少し離れれば、コンクリート舗装なしのでこぼこ道もあたり前。

ケニア山の麓に位置するナニュキ周辺は、国立公園や自然保護区を誇ります!

空港送迎・航空券手配・ビザ

到着指定空港では、担当スタッフがあなたのご到着をお待ちしています!

空港送迎、航空券手配、ビザなどの詳細はケニア到着案内をご覧ください


医療インターンの1日の流れ

ケニアでの医療の海外インターンシップは、現地の祝祭日を除く平日の月~金曜日、午前8時~午後4時頃まで行われます。

その時の受け入れ状況にもよりますが、夜勤が可能な派遣先もあります。ご希望の場合はお申し込みの際にその旨をご記入ください。

インターンとしての1日は、滞在先での朝食から。朝ごはんを済ませ、準備が整ったら、いざ派遣先へ!活動初日はプロジェクトアブロードのスタッフが付き添い、通い方や公共交通の利用の仕方を丁寧にご案内します。

活動内容は、その日の状況、あなたの知識、経験、スキル、語学力などによってさまざまです。ぜひ積極的に取り組んでみてください。

活動の中心は病院での視察を通した学習ですが、定期的に医療現場を飛び出し、恵まれない地域にヘルスケアを届ける国際医療支援活動もサポートしていきます。担当の医療スタッフとよく打ち合わせの上、活動を進めていきます。

1日のインターン活動が終了したら、自由時間です。現地で友達になった外国人インターンと周辺の散策に出かけたり、ホストファミリーとの異文化交流を楽しんだりと、ケニアでの時間を自由に満喫することができます。

自由行動となる週末は、ケニアの大自然の冒険へ。赤道直下のナニュキでは、赤道を「歩いてまたぐ」ことができるのもここならでは!ピンクフラミンゴや野生動物がありのままに生息する壮大な国立公園に足を延ばすのも良いでしょう。

ケニアでしかできない体験をしに出かけよう!

ケニアの田舎に医療支援を届けるメディカルインターンたち

活動のねらい

ケニアにおける医療の海外インターンシップのねらいは、医療現場で実践的な学習経験を得ること。

そして、支援が必要とされている現場での国際医療支援活動をサポートすること。

プロジェクトアブロードは、東アフリカのケニアで以下の項目に焦点をあてた医療インターンシップを行っています:

  • 医療に関する知識や治療法の共有
  • 患者へのヘルスケアの質の向上
  • 貧困層の人々のヘルスケアへのアクセスの向上
  • 衛生管理の重要性の教育
  • マラリアの抑制

 あなたも、ケニアで医療を学びながら、医療に携わる者としての価値ある経験を得るインターンの一員へ。


マネジメントプラン

プロジェクトアブロードは独自のマネジメントプランを設け、活動に対する目標の明確化と目標達成の具体化を行っています。

マネジメントプランは、まさに私たちの活動の道しるべ。

よろしければ、マネジメントプランもあわせてご覧ください。


活動が世界に与える影響

プロジェクトアブロードは、毎年明確に定められた長期的な目標の達成に向けて取り組まれています。

その目標達成の鍵となるのが、参加者一人ひとりのみなさんの存在です。

グローバルインパクトリポートにまとめられた年間の活動の進歩と功績は、参加者全員の努力の結晶。

よろしければ、活動が世界に与える影響もあわせてご覧ください。


滞在先と食事

ケニアで活動中の滞在先は、ナニュキ周辺に暮らす現地人ホストファミリー宅です。

ホストファミリーとの共同生活は、現地文化を生活レベルで体験する貴重な機会!ぜひ積極的に話しかけ、異文化交流を図りましょう。滞在先では1日3食分の食事が提供されますので、ぜひ食からもケニア文化をお楽しみください。

その時の受入れ状況にもよりますが、なるべく他の参加者と同じ滞在先を手配し、より多くの出会いと交流を体験できるよう努めています。

発展途上国の滞在先は、先進国のモダンで便利な生活と比べると質素に感じるかもしれませんが、安全面や清潔面の基準は満たされています。


現地サポート

安全を第一優先とするプロジェクトアブロードは、すべての活動国で24時間体制の現地サポートを提供。

だから、海外への渡航が初めての方でも安心して参加できる魅力があります。

お申込み金 29,500円は、参加費用の一部として扱われます。

複数のプログラムへの参加は割引が適用されます。0120-72-9030までお気軽にご相談ください。

開始日と参加期間を選択してください

お問い合わせフォーム

*は記入必須です