You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ケニアで看護師の海外インターンシップ

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: ナニュキ
  • 活動先: 病院、クリニック、医療アウトリーチ活動
  • 役割: 病院のさまざまな診療科で、現地の看護師のかたわら活動し、看護経験を得ること
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

ケニアの病院で働く日本人の看護師ボランティア

東アフリカンのケニアでの看護師の海外インターンシップは、アフリカの発展途上国での限られた設備しかない医療現場について、多くのことを実践的に学ぶ社会経験。

看護師インターンの皆さんは、ケニアの公立病院や小さなクリニックのさまざまな診療科で現地の医療スタッフのかたわら活動をしています。また希望があれば、障がいを抱える子供たちのケアに近い活動にも携わることができます。

ケニアの看護師インターンシップの拠点は、首都ナイロビから北東に約220kmの距離にあるナニュキという小さな街。このナニュキの大きな病院でも小さなクリニックでも、さまざまな症状を抱える患者さんに出会うことになるでしょう。内科、外科、小児科、産婦人科、研究室などさまざまな診療科で幅広く活動したり、一つの診療科に絞って活動することも可能です。また、成人の患者たち、子供相手、あるいは精神病患者の看護に携わりたいなどの希望も出せます。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

東アフリカのケニアで看護師インターンの海外経験

活動先の病院やクリニックには、先進国のような最新の医療設備は整っていませんが、患者さんに最善を尽くした治療を施す努力をしているところばかりです。時に先進国では考えられないような治療法を目の当たりにするかもしれません。中にはとてもショッキングな症例を見ることもあるかもしれませんので、心の準備をして活動に取り組み、患者さんに対して感情移入しすぎないよう望むことが大切です。

現地での活動内容は、インターンの皆さんの看護師としての経験や、現地についてからいかに積極的に取り組めるかよって異なってきます。例えば将来看護師を目指す高校生の場合は、現地の看護師の仕事を見て学ぶことから始めます。現地で積極的に活動に取り組むうちに、活動範囲が広がっていく可能性もあります。すでに看護師としての経験がある方も、率先性やスキル、コミュニケーション能力によって活動内容が異なってきますが、ケガの手当て、脈拍や血圧、体温測定といような基礎的なことから始め、現地の医療スタッフとより良い関係を築ことによって、もっと多くの役割を任されるようになるでしょう。

活動時間は、活動先の病院にもよりますが、現地の監督責任者と話し合いの上進められます。通常は現地カレンダーの平日月曜日~金曜日、一日約5時間程活動に従事します。

また、プロジェクトアブロードのケニアの現地オフィスが、定期的に医療ワークショップを行っています。通常は、ナニュキの忙しい病院やクリニックの医師または看護師が担当。このワークショップでは、インターン先の病院などで使えるいろいろなテクニックも教わったり、活動の意見や情報交換、インターン同士の交流、アドバイスをもらうことができます。

さらに、周辺の村々や田舎地域、チャイルドケアセンターなどを訪問して、健康診断やヘルスケアの提供を行う地域コミュニティ型医療アウトリーチ活動に貢献する可能性もあります。

アフリカの大地ケニアで看護インターン+異文化交流

ケニアで看護師インターンシップ参加中は、ナニュキ周辺に暮らす現地人ホストファミリーの家でホームステイ体験!ケニア人家族との共同生活を通して、ケニアの人々の日常や生活習慣を体験型で学ぶことができる絶好のチャンスです。

また活動外の自由時間には、プロジェクトアブロードの現地オフィスが企画する交流イベントなどを通して、世界中から参加してくる多国籍な外国人ボランティアやインターンと出会う機会があります。空いた時間には、友達になった仲間と共にナニュキやその周辺の散策や、赤道をまたいだり、サファリなどに出かけてみてはいかがでしょうか。

ケニアでの看護師の海外インターンシップの目的を含むさらなる詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

※ケニア政府より、ケニアで活動するにはボランティア許可証の取得が義務付けられています。ケニア到着後にプロジェクトアブロードの現地スタッフが申請手続きをサポートします。申請には現金15,000ケニアシリング(約150米ドル)が必要となり、1ヶ月ごとに更新する必要があります。4週間以上参加する場合はボランティア許可証の更新に毎月15,000ケニアシリングが必要となりますので、あらかじめご了承ください。

Volunteer Profile
Masaki
“アフリカの地でHIVと共に生きる人たちが何を考え、どのような環境の中で日々生活をしているのかを、様々な視点から知ることができたことが最も有意義な経験でした。それは、この活動に参加する大きな目的の1つだったため、HIVクリニックや、HIV患者さんのいる病棟で主に活動をさせてもらいました。そしてそこでたくさんの縁に恵まれたと思っています。地域のHIV課題解決に取り組むコミュニティワーカーの方の活動に同行させてもらったり、ピアワーカーの方や、エイズを発症している患者さんと仲良くなり、インタビューをさせてもらったりしました。また、HIVに関連したいくつもの勉強会への参加などを通して、医者や看護師、栄養士、学生などのそれぞれの立場から、HIVについて広く意見を聞くことができました。そのようにして、日本にいたらわからないような現状を知りました。この学びを活かし、社会に貢献していきたいと思います。”
Volunteer Profile
Misuzu
“ケニアの病院の実際の看護を知れたことが有意義な経験でした。また友達も沢山できました。看護のプロジェクトに参加される人は、医療英語(病名、器具の名前など)はある程度知っていた方が、医者のラウンドや看護師の申し送りの理解が深まります。また、聴診器は持って行った方がよいです。結構実践させてもらえるので、持っている器具はあった方がいろいろさせてもらえると思います。”
Kenya Medicine & Healthcare Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲