You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

高校生短期海外ボランティア フィジーで環境保護活動

概要
プロジェクト概要
夏休み2週間
  • 2019年07月07日 (日) から2019年07月20日 (土)
  • 2019年07月21日 (日) から2019年08月03日 (土)
  • 2019年08月11日 (日) から2019年08月24日 (土)

  • 活動場所: ビティレブ島のパシフィックハーバー
  • 活動先: ダイビングと環境保護
  • 滞在先: ボランティア寮
  • 参加者対象年齢: 15~18歳
  • 到着空港: ナンディ(NAN)
  • 現地語: 英語、フィジー語

フィジースタッフと環境保護ボランティアの集合写真

高校生の皆さん、今年の夏休みは南太平洋の美しい島国フィジーでダイビングをしながら、サメの生態保護に貢献する環境保護の海外ボランティアに参加してみませんか?

この一風変わったユニークな海外ボランティア活動は、世界中から参加する外国人高校生ボランティアと一緒にグル―プで行われるので、国際協力に従事しながら異文化交流を体験することができます。

実際の環境保護ボランティア活動は、実践型。ダイビングを通したサメの生態系調査、マングローブの植林、ビーチ清掃、地元の子供たちへの環境保護教育など、さまざまな側面からフィジーの美しい環境を守る国際協力に貢献していきます。また現地の専門家たちが子供のサメを捕まえ、タグ付けをする様子を観察する貴重な機会もあるでしょう!

活動第1週目は、まずPADIのオープンウォーターの資格を取るための講習を受けます。すでにオープンウォーターの資格を取得済みの高校生ボランティアは、アドバンスオープンウォーターの講習を受けることができます。これらのダイビング資格は国際的に通用するため、一度取得すると世界中の海でダイビングをすることが可能となります。また、このプログラムに参加する高校生ボランティア全員が、サメの保護に関するダイビングコースも受講することになります。

フィジーでマングローブを植林する高校生ボランティアたち活動第2週目は、実践へ!サメの生態系調査のダイビング、サメに餌付けを行うダイビング、環境保護専門家の活動のシャドウイング、マングローブ植林、ビーチでのゴミ拾い、子供たちへの環境保護教育に取り組みます。ダイビングを通したサメの生態系保護活動のすべては、この分野で最前線行くダイビング団体Beqa Adventure Diversと提携して取り組んでいます。

フィジーでボランティア中は、同じ関心を持ったインターナショナルな外国人高校生ボランティアと共に専用のボランティア寮に滞在します。このボランティア寮では、男女別で一部屋に4~6人ほどが一緒に寝泊まりをします。ぜひ国境を越えた友達を作る機会にお役立てください。

日々のボランティア活動終了後の時間は、映画鑑賞ナイト、フィジーの異文化体験、フィジー流郷土料理へのトライをはじめとしたさまざまな交流イベントや異文化体験が待っています!

活動がお休みとなる週末は、仲間の高校生ボランティアと共に美しいフィジーの大自然への冒険へ!近くの滝までハイキングをしたり、パドルサーフィンにチャレンジしたり、あるいはビーチでのんびり過ごしたりと、アウトドアを楽しむ予定です。

その日の天候によっては、プログラムのスケジュール内容を変更することもありますので、あらかじめご了承ください。

航空券の手配は、活動初日の日曜日の午前9:00までに到着し、帰りは2週間後の土曜日にフィジーを出国が理想です。

※フィジービザ
フィジー滞在が15日以上の場合は、滞在期間によって渡航1週間前または渡航1ヶ月前までに各種書類を提出する必要があります。時間に余裕をもって計画的に準備に取り組みましょう。詳細はビザ案内からご確認ください。

高校生スペシャル年間の功績 高校生スペシャルって何? 大学進学のアピール 現地入りしたら

友達に教える :

トップに戻る ▲