You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

高校生短期海外ボランティア 南アフリカ/ボツワナで環境保護

概要
プロジェクト概要
夏休み2週間
  • 2019年07月07日 (日) から2019年07月20日 (土)
  • 2019年07月21日 (日) から2019年08月03日 (土)
  • 2019年08月11日 (日) から2019年08月24日 (土)

  • 活動場所: Wild at Tuli自然保護区
  • 滞在先: キャンプテント
  • 参加者対象年齢: 15~18歳
  • 到着空港: ポロクワネ(PTG)
  • 現地語: 英語、アフリカーンス語、その他11言語

南アフリカとボツワナの国境沿いの自然保護区で、貴重な環境保護の海外ボランティア

南アフリカとボツワナの国境沿いを舞台にしたこの夏休みの海外ボランティアプログラムは、世界中の外国人高校生ボランティアが集い、一丸となって貴重なアフリカの野生動物とサバンナの生態系を守る国際協力。Wild at Tuliと呼ばれる自然保護区で、環境保護のエキスパートから学び、活動に取り組みます!

高校生ボランティアの役割は、現地で継続的に行われている環境保護活動を実践的にサポートすること。舞台は、ボツワナのサバンナという大自然。そこには、動物園では見られないゾウ、ヒョウ、ライオン、キリン、ハイエナをはじめとする野生動物が本来の姿でたくましく生息しています。

そんな貴重なアフリカの野生動物を守るべく、高校生ボランティアは自然環境の整備、生態系調査活動、密猟防止パトロールなど、さまざまな活動に取り組んでいきます。あなたにとっても、野生動物の保護および自然保全の重要性への理解を深めながら、貴重な環境保護活動の取り組みに携わるユニークな国際経験となるはず!

ボツワナで環境保護のボランティア中は、活動拠点の自然保護区で仲間の外国人高校生ボランティアとキャンプテント生活を送ります。

すべての活動には、プロジェクトアブロードのスタッフが同行するので、海外初心者の高校生も安心して参加できるのが魅力です。

さぁ、あなたもアフリカの大地を舞台に、生涯忘れられない特別な夏休みを体験しに出かけよう!

高校生が参加できる南アフリカ/ボツワナでの環境保護ボランティアの活動内容

南アフリカ/ボツワナの自然保護区で、野鳥の調査中の高校生ボランティアたち高校生が参加できる南アフリカ/ボツワナでの環境保護ボランティアでは、以下のような活動に従事していきます: 

野生動物のオアシスの設置

アフリカ南部では、水がとても貴重。高校生ボランティアとしてのあなたの役割の一つは、仲間の外国人高校生ボランティアと一丸となって、野生動物の給水場、ダム、雨水の貯水タンクを設置すること。雨期に降った水を貯え、乾季に備えることは、野生動物たちが干ばつを生き抜くために不可欠なもの。

野生動物の生態系調査およびデータ収集への貢献

Wild at Tuliがある地域は、多様な野生動物の宝庫。ここに住む野生動物の個体数の変動をモニタリングすることは、生態系調査に欠かせません。高校生ボランティアたちは、野生動物の移動や固有種の親子の成長を含むデータ収集や研究に貢献します。

密猟防止パトロールと罠の撤去

違法による密猟が、ボツワナでの環境保護活動を阻める一番の要因となっています。Wild at Tuliも例外ではありません。高校生ボランティアたちは、現地スタッフの密猟防止パトロールに同行し、自然保護区内に仕掛けられた罠の撤去に協力します。100の罠の撤去は、100頭の野生動物の命を救うことに直結!

カメラの設置

野生動物は、日が暮れて暗くなった夜に動きが活発になります。仕掛けたカメラから得られる映像は、そんな野生動物たちの習性や行動パターンを紐解く重要な手がかり。高校生ボランティアたちは、サファリ内のカメラの設置や収集に携わります。

これまで、この仕掛けたカメラが貴重な瞬間を収めてきました。例えば、カッショクハイエナの赤ちゃん、蜂の巣を襲う数少ない哺乳類のイタチ科ラーテル、ヒョウ、ツチブタそれぞれ一頭ずつを初めてカメラで確認。これは、ボランティアのみなさんの努力によって、Wild at Tuliが野生動物が繁殖できる環境となっている証です!

多国籍な外国人高校生ボランティアとの交流

ボツワナでの環境保護の海外ボランティアには、さまざまな国出身の高校生ボランティアが参加してきます。

同じ釜の飯を囲い、アフリカのサバンナの大自然で共に過ごすひと夏の経験。ボランティア活動中以外の時間は、仲間の高校生ボランティアと共にアフリカの大自然を満喫しに出かけます!

<重要>
18歳未満の単独での南アフリカ共和国への渡航に際して、以下の書類が必要となります:
●両親または親権者のパスポートコピー
●戸籍謄本(見本を参考に英訳も持参)
●英文保護者同意書(プロジェクトアブロード発行の書式2通)
●受け入れ先からのレターおよび身分証明書コピー(プロジェクトアブロード発行)
●空港送迎を担当するドライバーの身分証明書コピー(プロジェクトアブロード発行)

<航空券を自己手配する際の注意>
18歳未満の南アフリカへの単独渡航は、入国審査の際に時間を要する場合があります。そのため、ヨハネスブルクで乗り継ぐ場合は少なくても3時間以上の乗り継ぎ時間がある余裕を持ったスケジュールで手配するか、ヨハネスブルクを経由しない中東経由便で直接ケープタウン入りすることをおすすめします。

また、南アフリカ/ボツワナでの環境保護の海外ボランティアでは、到着指定空港である南アフリカのポロクワネ国際空への発着日時があらかじめ指定されています:

  • ポロクワネ国際空港到着日時:日曜日(難しければ土曜日)の午後12時以前
  • ポロクワネ国際空港出発日時:土曜日(難しければ日曜日)の午前11時以降

プロジェクトアブロードでは、上記すべてを考慮した航空券手配が可能です。

高校生スペシャル年間の功績 高校生スペシャルって何? 大学進学のアピール 現地入りしたら

友達に教える :

トップに戻る ▲