You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

フィジーで環境保護の海外ボランンティア

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: ビティレブ島のパシフィックハーバー
  • 役割: フィジーのサメの生態保護キャンペーンに関わる活動に携わること
  • 主な研究対象: サメ、サメの生活環境、マングローブ、教育活動
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ボランティア寮
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

フィジーでの環境保護の海外ボランティアプログラムへの参加者を募集しています!南太平洋フィジーの透き通る美しい海で、実際にダイビングをしながらサメのタグ付けや生態保護調査に貢献。プログラムの初めにダイビングの資格を取得し、海洋環境保護に携わる海外ボランティア活動です。

海外での環境保護活動に興味がある高校生や、大学の研究として海洋保護に携わりたい大学生ギャップイヤー中に環境保護の国際協力に貢献してみたい学生、休職中や転職中の社会人など、それぞれの動機は異なっても、興味とやる気さえあればどなたでも参加が可能です。

ダイビング調査が活動の柱となるフィジーでの環境保護の海外ボランティア活動参加にあたって、ダイビングの知識や経験は問われませんが、泳ぐことが可能、かつスキューバダイビングに支障のない健康状態であることが参加条件となります。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

フィジーでサメの生態保護を通した環境保護の国際協力

南太平洋フィジーでの環境保護の海外ボランティア活動の拠点は、フィジー諸島の中心ヴィティレヴ島南部の海岸にあるパシフィックハーバー。ナンディからは約3時間程の道のりです。

パシフィックハーバーで2014年に始動したフィジーでの環境保護の海外ボランティア活動は、サメの生態保護に特化しており、サメ研究の専門家たちと一緒にパイオニアとしてサメの生態保護活動に携われる貴重な機会です。実際の環境保護活動は、現地の海洋生物学者の監督下で実施。また、地元の団体や珊瑚同盟などの国際的な海洋保護団体ともデータを共有し、お互いに支え合いながら、より大きな貢献の達成に努めています。

実際、フィジーで行われているプロジェクトアブロードのサメの研究によって、生物学者や海洋保護の政治団体は、一貫したサメの生活の歴史、繁殖の情報、フィジーで見つかったサメの動向や生物学に関わるデータを手に入れることができるようになりました。この情報は、サメの生態保護の成功や計画の運営を考案するため、またこれらのサメを絶滅危機のリストから外すためにも非常に重要なものです。

フィジーに生息するサメの生態保護の重要性

フィジーのサメ生態保護ボランティアが、ダイビングをしながら海洋調査をしている様子サメは、私たちの海で食物連鎖のピラミッドの頂点に君臨し、海中のエコバランスを保つ重要な役割を果たしています。サメは、直接的にも間接的にも海洋生態系のバランスを保ち、海中の生態系にとって欠かせない存在。そんなサメたちは、通常、年を取り弱った獲物を食べ、良好な状態の獲物の数を維持し、より自然に海洋生物が繁殖するよう貢献しています。そのため、海からサメがいなくなると、それは複雑でむしろ予測できないとは言え、生物学的にも経済的にも大きなダメージとなります。そのため、フィジー政府は、サメの生態保護活動を全力で支援し、政府の保護活動において現在重要議題となっています。

フィジーのサメ生態保護活動の第一の目的は、フィジーに生息する多くの海洋生物同様、サメの生息エリアに住む8種類のサメを保護すること、また世界中にサメ保護活動の必要性を注意喚起することです。

フィジーの環境保護プロジェクトの知っておきたい10のポイントはこちら!

フィジーの環境保護プロジェクトの知っておきたい10のポイントはこちら!

フィジーでダイビングの資格を取得し、いざ海洋環境保護活動!

フィジーでサメの生態保護に加わった日本人ボランティア

ダイビング未経験のボランティアの皆さんは、まず最初の2週間でPADIオープンウォーターコースを受講します。

すでにPADIオープンウォーターと同等のダイビング資格をお持ちの場合は、PADIアドヴァンスドオープンウォーターコースまたはPADI Rescue Diveコースを受講することができます。

上記のダイビングコース終了後、サメの生態保護に関する専門的なPADI AWARE Shark Conservation Diverコースを受講します。このコースでは、サメ生態保護に関する理論とダイビングを通した実践の両方を学びます。

フィジーでの環境保護の海外ボランティア活動に4週間以上参加する場合は、魚の種類を特定する認証理論の学習に焦点をあてたPADI Projects Abroad Survey Diver Distinctive Specialtyコースを受講することができます。このコースを完了し、ダイビング調査でのデータ収集に実践的に貢献するには、テストの合格が必要となります。

すでにPADIアドヴァンスドオープンウォーター以上のダイビングの資格を持っている方は、活動最初の週からPADI AWARE Shark Conservation DiverコースやPADI Projects Abroad Survey Diver Distinctive Specialtyコースを受講できる他、活動中にShark Feed Diveと呼ばれるダイビングをしながらのサメの餌付けをより多く経験することができます。

すでにPADI Rescue Diveコースを完了されている方も、Shark Feed Diveをより多く経験することができます。

フィジーでの環境保護の海外ボランティア活動に8週間以上参加する18歳以上の皆さんは、ダイブマスターのトレーニングを受ける機会もあります。詳細は、ダイブマスターコースの追加をご覧ください。

フィジーでの環境保護ボランティアとしての役割

フィジーでダイビングをしながら海洋保護に貢献する海外ボランティア

フィジーでの環境保護の海外ボランティア活動では、広範囲に渡って現地の専門家や関連した研究者たちによって進行中のリサーチや活動をサポートしてきます。環境保護ボランティアの皆さんは、主に以下のような活動に携わっていきます:

  • 子ザメのタグ付け
  • サメや魚類の個体数調査
  • サメや魚類の識別調査
  • 水中カメラの設置と回収
  • データ入力と分析
  • 行動範囲のマッピング
  • サメに関わる講義
  • 地域への教育プログラム実施
  • サメの養殖プロジェクト
  • マングローブの植林
  • 気象変化に伴う活動

フィジーのサメを保護する環境保護活動は、提携があるダイビング団体ベガ・アドベンチャー・ダイバーズが中心となって、実際の活動を展開してい ます。彼らのサメ生態調査のためのダイビングは100%の安全記録を持ち、これまでサメに関わる事故や活動中のダイバーへのケガなどは一切発生していません。

Padi

週に2日は研究のための設備が設置されている場所まで出向き、ボランティアの皆さんはそこで実際に海に潜って海洋調査活動を行います。また通常、週に2回ボートで子ザメのタグ付けをしに出かけます(このダグ付けの活動の頻度は、ボートの空き状況や天候の影響を受ける場合がありますので、あらかじめご了承ください)。

フィジーでの環境保護の海外ボランティア活動に参加する方は、まず活動初めにダイビングの資格を取得してから海中での調査に携わることになります。それまでは、ダイビングの練習に励み、他の方たちの活動を見学しながら調査の仕方を学習する活動になりますので、参加期間が2週間のみの場合はご注意ください。

活動時間は基本的に午前9時~午後5時ですが、その日の活動内容によってはスケジュールが前後することもあります。また、日曜日を週の始まりとして木曜日まで活動するスケジュールを組んでいますので、可能であれば現地到着日を木曜日、金曜日、土曜日のいずれかにするとスムーズに活動を開始することができるでしょう。経験豊富な現地スタッフが皆さんをさまざまな形でサポートしていますので、海外初心者やダイビング初心者でも安心して参加が可能です。

環境保護活動に貢献したボランティアの人数

フィジーで環境保護を促すさまざまなボランティア活動

フィジーの地元の学校で、環境保護教育を行うボランティアたち

プロジェクトアブロードは、他の活動国同様、現地の地域コミュニティがプロジェクトアブロードの活動を支持し、実際に参加することが非常に重要であると考えています。

したがって、環境保護ボランティアたちは、現地の人々と協力しながら毎週マングローブを植林したり、また月に1、2回、現地の学校の子供たちや地域の人々と一緒に環境保護に関連した課外活動を行ったりしています。

フィジーの次世代を担う子供たちが、環境保護活動がいかに自分たちの生活と密接につながっており、重要な問題であると認識することはとても大切なことなのです。

フィジーで環境保護の海外ボランティア中の滞在先

フィジーでマングローブの植林活動に貢献する環境保護ボランティアたちフィジーで環境保護の海外ボランティア中の滞在先は、パシフィックハーバーにある専用のボランティア寮。世界中から参加する多国籍な外国人ボランティアの仲間と、2~4人でルームシェアをしながら一つ屋根の下生活を体験!国境を越えた友達を作り、異文化交流をする貴重な機会となるでしょう。

現地の食事は、ごはん、豆、チキン、澱粉の豊富な根菜などが中心となり、またインドカレーもよく食べます。パパイヤ、マンゴー、パイナップル、スイカなどのトロピカルフルーツは、年中食べられます。ベジタリアンの方には専用の食事もアレンジも可能です。

昼食と夕食は、現地人の料理担当によって作られた食事。朝食は、定番のコーンフレークやパン、フルーツなどが提供されますので、セルフサービスで自由に召し上がることができます。

活動拠点のパシフィックハーバーは、フィジー国内でもアドベンチャーの中心地として知られています。活動外の自由時間を活用して、仲間のボランティアと共にカヤック、ラフティング、息の飲むほど美しい滝や熱帯雨林でのハイキングをしてみてはいかがでしょうか。南国独特のゆったりと流れる時間を楽しみたい方は、パシフィックハーバーの美しいビーチで日光浴や海水浴がおすすめです。また、地元の人々とビーチバレーやビーチラグビーを楽しむのも良いでしょう。

フィジーでの環境保護の海外ボランティア活動は、少なくとも4週間以上の参加が理想的ですが、それ未満でも受け入れ可能です。ただし、長期間参加のボランティアの皆さんの方がより充実した経験を得られる傾向にありますので、あらかじめご了承ください。

フィジーでのサメ生態保護に焦点を置いた環境保護の海外ボランティアプログラムは、開始以来大変人気をいただいているため、可能な限り早めのお申込みをおすすめしています(希望開始日6ヶ月以上前のお申し込みが理想的です)。もし直近での参加を検討されている場合は、ぜひスタッフまで一度ご相談ください。

フィジーでの環境保護の海外ボランティア活動の目的を含むさらなる詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

※フィジービザ
フィジー滞在が15日以上の場合は、滞在期間によって渡航1週間前または渡航1ヶ月前までに各種書類を提出する必要があります。時間に余裕をもって計画的に準備に取り組みましょう。詳細はビザ案内からご確認ください。

ダイブマスター追加 マネージメントプラン、データ&報告書

友達に教える :

トップに戻る ▲