Projects AbroadProjects Abroad

ガーナで公衆衛生の海外医療インターンシップ

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: ドドワ(アクラ近郊)
  • 活動先: 病院やアウトリーチ活動
  • 役割: 現地のヘルスケア専門家たちと共に一般健康診断や医療処置に携わったり、医療教育キャンペーンを行うこと
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時

西アフリカのガーナで、公衆衛生の海外医療インターンシップ参加者を募集中です!このプログラムは、距離的な問題から現地でなかなか病院に通えなかったり、貧困を理由にお医者さんに診てもらうことができない人々に手を差し伸べる訪問医療活動。一般健康診断、傷口の処置、マラリアの検査、ヘルスケアの重要性の認識向上を促す教育活動など、地域コミュニティに根差した実践的な公衆衛生活動に携わろう。

ガーナで行われている国際医療の海外インターンシップでは、病院などの医療施設での活動と並行して地域コミュニティに出向いて行う訪問医療活動を定期的に行っていますが、この訪問医療に特化した実践型の医療奉仕活動に従事したいという方は、この公衆衛生の海外インターンシップがおすすめです。

ガーナで公衆衛生の分野で活躍する大学生ボランティア将来、医療やヘルスケアに関連した職業に就くことを考えている高校生、現在医療系科目を専攻中の大学生、アフリカの医療に興味がある社会人、現役看護師や医師、ヘルスケア専門家など、どなたからの参加も歓迎されます。

公衆衛生活動の拠点は、ガーナの首都アクラから少し離れたドドワという町。滞在先となるのはガーナ人ホストファミリーのお宅です。きっとボランティアの皆さんを温かく迎え、ガーナの文化についていろいろと教えてくれることでしょう。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

西アフリカのガーナで地域コミュニティ型ヘルスケアを提供

スリランカで壁の修繕ボランティアをする日本人高校生

公衆衛生の活動先は、子供のケア施設や、学校、教会、村、コミュニティセンターなど需要に合わせてじつにさまざま。インターンの皆さんは、現地の公衆衛生の分野の専門家と共に活動をし、観察方法や検査の仕方などについて教わります。実際には、以下のような活動に携わっていきます:

  • 一般的健康診断 (血糖値、血圧、身体検査など)
  • 視力検査
  • 害虫検査
  • 簡単な怪我の処置、皮膚のケア
  • マラリア検査、処置
  • 地域の人々へ一般的な健康問題に関わる講義(健康法や応急処置など)

活動時間は月曜日から金曜日で、週末はお休みなので旅行をしたりゆっくり過ごしたりしてください。

ガーナでの公衆衛生の海外インターンシップは、少なくとも4週間以上の参加がベストですが、このプロジェクトは最短1週間から受け入れが可能です。短期間のご参加の場合、長期にわたって参加される方に比べると得られるものが異なる場合がございますので予めご了承ください。

ガーナでの公衆衛生の海外インターンシップの目的などの詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

Volunteer Profile
Michihiro
“母子手帳の意義など母子保健について現地の職員に色々と教えていただいたことが有意義でした。また、出産にも立ち会えてなかなかない経験でした。最も苦労したのは言語です。事前にも勉強していましたが、なかなかうまくコミュニケーションとることができませんでした。電子辞書を使って頑張って意思疎通しました。参加する前は、医療政策などに興味があったけど、マラリアやHIV/AIDS対策支援や学校保健に興味がわいたので将来はJICAなどで実際に現地へいって活動したいと思うようになりました。”
Ghana Medicine & Healthcare Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲