You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ガーナでバスケットボールを教える海外ボランティア

概要
  • 活動場所: アクラ
  • 役割: ガーナの子供たちのバスケットボールの知識やスキルの向上に貢献すること
  • 教える対象年齢: 8~15歳
  • 教える生徒数: 35人
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

ガーナで、バスケットボールを教える海外ボランティアの需要が増えてきています。西アフリカに位置するガーナでは、バスケットボールはサッカーの二の次の存在となってしまいました。しかしここ数年において、バスケットボールの人気に復活の兆しがみられるようになりました。特にガーナの首都アクラでは明らかであり、コートがいくつも新しく作られ、人々の関心を呼んでいます!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

ガーナでバスケットボールコーチの海外ボランティア

ガーナでバスケットボールを教える海外ボランティア 日本人ボランティアとガーナの子供たち

ガーナでのプロジェクトアブロードのバスケットボールを教える海外ボランティア活動は、首都アクラのバスケットボールクラブで行われています。教える対象は、だいたい8~15歳の元気いっぱいのガーナの子供たち。

ガー ナのバスケットボールチームは、通常月~金曜日まで練習に励み、土曜の朝に試合を行います。ガーナで行っている他のスポーツの海外ボランティア活動と同様、バスケットボールの練習は 午後の夕方、日が落ちた頃に開始します。ガーナでバスケットボールコーチをするのに経験は問われませんが、ゲームをよく理解し、やる気があることが必要です。

ガーナでスポーツを通した海外ボランティアの役割とは

西アフリカのガーナでバスケットボールを教える海外ボランティア

バスケットボールと言えば、身体的に優れた者が有利のスポーツというイメージがあるかもしれませんが、実は綿密な戦術が要求されるスポーツ。この戦略こそ、ガーナでバスケットボールコーチとして参加するボランティアの皆さんが大いに貢献できることです。同時に、シンプルなトレーニング方法を通して子供たちのバスケットボールの基礎的な上達もサポートしていきましょう!

練習はフィットネスセッション、正確なパスドリル、ワンオンワンやゾーンマークセッションなどで、チームストラクチャーや戦略を考えるセッションなどで構成されています。お持ちであれば、自分のバスケットボール経験や知識によってコーチセッションをリードしたり、サポートすると効果的でしょう。どんな役割を担うことになっても、同僚たちや生徒たちの力を伸ばしてあげられることに間違いありません。人に教えるということは時に大変なこともありますが、学ぶことに意欲的なガーナの子供たちへのバスケットボール指導は、やりがいのある貴重な経験となるでしょう!

プロジェクトには少なくとも2週間以上参加できるのがベストですが、このプロジェクトは1週間でも受け入れ可能です。ただし、長期間参加するボランティアたちと同じような有意義な経験、充実した時間とは異なる経験となる傾向にあることを念頭に入れておきましょう。

※その日の天候やグラウンドのコンディション、雨季などを理由に、予定していた屋外での活動が行えない場合は、その他のさまざまなアクティビティに変更となる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

(スタッフの一言)

「ビギナーズアフリカ」と言われているように玄関口として知ら れるのと、政治的にも安定 し、経済成長もめまぐるしくて安全な国という点もあり、動国人気度ナンバーONE!海外に慣れていない方でも安心して活動できる国ですよ!

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。