日本人バスケットボールボランティアとガーナの子供たち

ガーナでバスケットボールを教える海外ボランティア

バスケットボールコーチボランティアとしてガーナの貧困層の青少年へのスキル指導や能力開発を支援しよう!

はじめに

ガーナでバスケットボールを教える短期・長期「実践型」海外ボランティア参加者を募集しています。

バスケットボールの指導対象は、首都アクラの貧困地域出身の青少年。このガーナでのスポーツコーチのボランティア活動は、バスケが得意、スポーツが好き、あるいは体育会系の学生や社会人のみなさんにとって、アフリカの支援が求められている現場でスポーツを通した国際協力に携わる貴重な機会!

バスケットボールは、西アフリカの発展途上国ガーナで非常に人気のあるスポーツ。近年バスケットボールのコート建設が進む首都アクラでは、その人気ぶりが顕著に表れています。

しかし、貧困地域に暮らす子供たちが安全にバスケットボールに取り組める環境の整備や指導者の確保には、まだ時間を要するのが現状。そんな貧困層の青少年が安全にプレーできる基本的な設備の提供とスキル指導に取り組むこの国際ボランティア活動では、多くのボランティアのみなさんからの支援を必要としています。

活動中は、活動拠点アクラに暮らす現地人ホストファミリー宅で地域の一員として滞在。ガーナ人ホストファミリーとの共同生活は、単なる観光旅行では得られないユニークな異文化体験となることでしょう。

自由行動となる週末は、現地で出会った多国籍な外国人ボランティアと共に、ここガーナで西アフリカの魅力を発見する冒険に出かけよう!

日にち: 

開始日・参加期間自由

選ぶ

参加期間: 

1週間以上

参加条件: 

16歳以上


バスケコーチボランティアの参加条件

ガーナでバスケットボールを教える海外ボランティアの応募対象は、世界中の大学生社会人シニアのみなさんです。

特にバスケットボール経験者の方や、教えることが好き、スポーツが得意、アフリカの発展途上国の実情を自分の目で見てみたい、ガーナでスポーツを通した国際協力に携わりたい、将来はスポーツ指導に関する職業に就きたい!という熱意ある方におすすめです。

ただし、最低限の基礎英語力があることが理想的です。活動中のコミュニケーションは基本的にすべて英語で行われるため、しっかりとした英語での意志表示や、分からないことをきちんと英語で質問できる英語力がないと、現地に行ってから苦労するのはあなた自身。

だからこそ、英語の練習を含む渡航前準備にどれだけ真剣に取り組んできたかが、現地での経験値を左右すると言っても過言ではありません。

すべては、あなた次第です!

バスケット教育に取り組むボランティアとガーナの青少年

活動内容

  1. バスケットボールのスキル指導
  2. 異なる練習プランや指導法のリサーチと共有
  3. バスケットボールというスポーツを通した対人スキルの開発

バスケットボールのスキル指導

派遣先は、DUNK(Developing Unity, Nurturing Knowledge)と呼ばれる現地NGO機関。

ボランティアの役割は、バスケ初心者の子供たちから中級レベルの選手たち(8~19歳)を対象に、シンプルなトレーニング指導を用いて今後の能力開発に向けた基礎を築くこと。

ガーナの貧困層の青少年がバスケットボールに情熱を注ぎ、心身共に健やかな成長を遂げられるよう支援してきます。

主に以下のようなスキル指導に取り組んでいます:

  • フィットネス強化
  • 正確なボールパス
  • マンツーマンおよび陣地でのポジショニング
  • チームプレー
  • 戦略

異なる練習プランや指導法のリサーチと共有

活動を共にする現地のバスケットボールコーチは、海外からやって来るボランティアのあなたならではのアイデアや工夫を待ち望んでいます。

アドバイスとしては、最新のバスケットボールのトレンドや効果的な指導法などをあらかじめリサーチしてからガーナに渡航すること。ぜひ練習プランや指導法を考え、積極的に提案してみてください。

バスケットボールというスポーツを通した対人スキル開発

スポーツの効果は、単なる身体能力の向上だけにとどまりません。ここでのボランティアとしてのあなたの役割は、バスケットボールを通して子供たちのチームワークや自信を育成すること。

積極的にコミュニケーションを図り、子供たち一人ひとりの長所を伸ばしながら短所を補うような細やかな指導にあたります。同時に、あなたの指導力やコミュニケーション能力、対人スキル、リーダーシップ、企画力を磨く貴重な機会となることでしょう。

提携機関

ガーナでバスケットボールを教える海外ボランティアは、DUNKというガーナの社会福祉および教育省に登録されている現地のNGO機関と提携して行われています。

DUNKのモットーは「Developing Unity, Nurturing Knowledge」。若者による若者のための地域に根差したDUNKは、貧困地域出身のガーナの子供たちが学び、交流し、成長できる安全な環境を提供。恵まれないガーナの青少年への教育のサポートを強化し、これらの子供たちがバスケットボールのコートの内外で輝けるようエンパワメントに努めています。

現在、DUNKはアクラにあるニマとジェームズタウンという貧困が最も深刻化している2つの地域でバスケットボール教育に奮闘。バスケットボール指導の資格を持つDUNKのスタッフ主導のもと、毎年約350人の青少年の成長を支えています。


活動拠点

アクラ

ガーナ国内の政治・経済の中枢であり、文化の発信地として機能する首都。

人口約250万人を擁する大都市の路地は、露店であふれ、頭に物を載せた人々が行き交い、トロトロと呼ばれる乗り合いワゴンがひしめく毎日。

人と物の交通量の多さも、アフリカの大都市アクラならでは!

空港送迎・航空券手配・ビザ

到着指定空港では、担当スタッフがあなたのご到着をお待ちしています!

空港送迎、航空券手配、ビザなどの詳細はガーナ到着案内をご覧ください


バスケコーチボランティアの1日の流れ

ガーナにおけるバスケコーチのボランティアは、現地の祝祭日を除く月曜日~金曜日まで活動に従事します。

通常、午前と午後の2つのセッションを担当することになります。多くの場合は、午前のトレーニングは早朝6時スタート、午後の部は昼の2時からとなりますが、その時々に応じて活動時間が前後しますので、臨機応変に対応しましょう。

ボランティアとしての1日は、滞在先での朝食から!朝ごはんを済ませ、準備が整ったら、いざ派遣先へ。

活動初日は、プロジェクトアブロードのガーナの現地スタッフが活動先まで付き添い、トロトロと呼ばれる乗り合いワゴンをはじめとする公共交通機関の利用の仕方や通い方を丁寧にご案内します。

1日の活動内容は、派遣先、あなたの知識、経験、スキル、語学力、積極性などによってさまざまです。派遣先のスタッフとしっかりとコミュニケーションをとりながら自主的に取り組んでみてください。

1日のボランティア活動終了後は、自由時間です。現地で友達になった外国人ボランティアとアクラ市街を散策したり、滞在先に戻って夕飯の準備を手伝いながらホストファミリーとの交流を深めたりしてみてはいかがでしょうか。

ボランティア活動がお休みとなる週末は、アフリカの大地ガーナの冒険へ。

仲間の外国人ボランティアと共に、少し足を延ばして世界遺産を要するケープコーストや周辺の田舎の地域を訪問するのもよいでしょう。

ガーナでバスケットボールと通して交流するボランティアと地元の青少年

活動のねらい

ガーナでバスケットボールを教える海外ボランティアのねらいは、現地に暮らす貧困層の青少年にバスケットボールを習う機会を提供すること。

同時に、あなたが実践的な国際協力経験を得ながら視野をぐんと広げること。

バスケットボールは、西アフリカの発展途上国ガーナで人気のスポーツ。しかし、貧困地域に暮らす子供たちは、安全にバスケットボールを楽しむ場がなかったり、周囲にバスケットボールの指導者がいないなどの理由から、なかなかバスケットボールに触れる機会に恵まれていません。

プロジェクトアブロードは、地域に根差したDUNKという現地NGO機関と共に、これらの青少年が安全な環境でバスケットボールを練習し、健やかな成長を遂げる場を提供しています。

ボランティアとしてのあなたの存在は、現地で行われている継続的な支援を支え、ガーナの子供たちの運動機能とバスケットボールのテクニックを向上させる原動力となるのです。

また、バスケットボールというスポーツに熱中することで、子供たちがチームワークを養い、自信を築けるよう努めていきます。

あなたも、バスケットボールを通してガーナの貧困層の青少年の健やな成長を支援するボランティアの一員へ。


活動が世界に与える影響

プロジェクトアブロードは、毎年明確に定められた長期的な目標の達成に向けて取り組まれています。

その目標達成の鍵となるのが、参加者一人ひとりのみなさんの存在です。

グローバルインパクトリポートにまとめられた年間の活動の進歩と功績は、参加者全員の努力の結晶。

よろしければ、活動が世界に与える影響もあわせてご覧ください。


滞在先と食事

ガーナで活動中の滞在先は、各活動拠点周辺に暮らす現地人ホストファミリー宅です。

ホストファミリーとの共同生活は、現地文化を生活レベルで体験する貴重な機会!ぜひ積極的に話しかけ、異文化交流を図りましょう。滞在先では1日3食分の食事が提供されますので、ぜひ食からもガーナ文化をお楽しみください。

その時の受入れ状況にもよりますが、なるべく他の参加者と同じ滞在先を手配し、より多くの出会いと交流を体験できるよう努めています。

発展途上国の滞在先は、先進国のモダンで便利な生活と比べると質素に感じるかもしれませんが、安全面や清潔面の基準は満たされています。


現地サポート

安全を第一優先とするプロジェクトアブロードは、すべての活動国で24時間体制の現地サポートを提供。

だから、海外への渡航が初めての方でも安心して参加できる魅力があります。

お申込み金 13,000円は、参加費用の一部として扱われます。

複数のプログラムへの参加は割引が適用されます。0120-72-9030までお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

*は記入必須です