You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ボリビアの英文雑誌Cochabannerが発行10周年を迎えました! 

ボリビア ジャーナリズムプロジェクト 英文雑誌Cochabannerボリビアのジャーナリズムインターンによって刊行されるCochabannerは、2016年12月で最初の出版から10周年を迎えました。Cochbannerは、コチャバンバで唯一の英文フリーペーパーで、外国籍の駐在員や、英語を学ぶ学生、英語力の維持や向上を目指している地元の人々などのニーズに応えています。 

Cochabannerは、もともと教育ボランティアだったScott Littleさんにより2005年の中ごろに創立されました。Scott Littleさんは、地元の大学生に英語を教える際に、何か新しい英語教材はないかと模索していました。2006年にプロジェクトアブロードのジャーナリズムインターンシップが始動して以来、Cochabannerは隔月で紙面とオンラインで発行されています。(www.cocha-banner.org) 

海外インターンシップ オランダ人ジャーナリズムインターンが、ボリビアの動物シェルターでインタビューを行っている様子地元の他のメディアとは異なり、Cochabannerは主にボリビア文化やコチャバンバ周辺の習慣について伝えています。地元の主要メディアは、時事、スポーツや有名人に関するニュースについての内容が多いですが、Cochabannerはもっと社会的な視点に立ち、通常あまり取り上げられないような議題に焦点をあてています。その結果、インターンたちはジャーナリズムに関連したスキルを習得しながら、現地文化についての知識を深めたり、地元の人たちと交流して自分たちの経験を共有することができるのです。 

プロジェクトアブロードのジャーナリズムインターンシップのスーパーバイザーXimena Noyaは、「Cochabannerは、政治や宗教の領域には立ち入りません」と言います。「Cochabannerは、エコロジーや啓発活動など社会的な活動に焦点をあてています。プロジェクトアブロードはさまざまな社会的な活動を行っており、多くのインターンやボランティアたちがサポートをしてくれてます。これこそが、Cochabannerが唯一無二な存在である理由なんです」(Ximena) 

ボリビアでジャーナリズム コチャバンバでの英文雑誌Cochabanner新刊の配布ゼロからスタートしたCochabannerは、ジャーナリズムプロジェクトに参加するインターンによって運営されています。記事のテーマ設定から、デザインやレイアウトの決定、写真撮影、印刷・出版、配布まで、インターンたちは全ての工程に関わります。つまり、インターンたちは関心のある雑誌の出版過程に携われるのです。新しいスタイルで記事を書いてみたり、自分が興味を持っているコチャバンバコミュニティの特定の事柄に焦点をあてることも歓迎されています。これらの多くの記事は、地元のビジネス、機関、歴史について書かれています。コチャバンバの地域コミュニティの社会面にフォーカスすることで、インターンたちはコミュニティをより身近に感じ、現地文化を深く知ることができます。 

「インターンたちは、社会のあらゆる面を発掘することができます。現地の地域社会にとって、難題となり得る事柄に実際に関わることができるのです。これらの経験は、インターン一人ひとりが社会に対して疑問を持ち、ありのままの社会を世の中に反映することができるようになるでしょう」(Ximena) 

オランダ人ジャーナリズムインターンが、新刊の英文雑誌Cochabannerをコチャバンバの大学に届けた際の一枚Cochabannerは、現在でもコチャバンバ文化について書かれた英語教材として提供され、今でも創設者Scottさんの当初のビジョンを大切にしています。San Simon大学の英語のクラスで頻繁に使用されているCochabannerから、英語の正しい文法や上級者レベルの語彙はもちろん、自分たちの文化について外国人目線という新しい視点から理解することができるのです。 

「自分たちの文化を当然理解しているだろうと思っていたのですが、コチャバンバの学生たちにとって気づいていないことが実際にはよくあるんです」とBolivian-Americanセンターの英語教授であるAna Quirelaさんは言います。「同時に、クラスは英語で行われます。生徒たちは英語を学びに来ているわけですから、Cochabannerの記事、つまりコチャバン文化について英語でディスカッションができるように取り組んでいます」(Anaさん) 

Cochabannerはこの10年間で大きな進化を遂げましたが、今でもそのルーツを大事にして、地域コミュニティの社会的活動をサポートし続けています。Cochabannerは、プロジェクトアブロードのジャーナリズムインターンたちによる貢献、そしてスーパーバイザーXimenaのひたむきさと情熱によって、コチャバンバコミュニティや地元の人々についてあまり知られていないストーリーを発掘し、これからも世の中に発信し続けていきます。 

ボリビアでのジャーナリズムプロジェクトの詳細を知って、コチャバンバの地域コミュニティでの生活や課題を一緒に世界に発信してみませんか?

ニュースに戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。