You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

プロジェクトアブロードのボランティアがコスタリカで無償の英語レッスンを開講!

プロジェクトアブロード教育ボランティアがコスタリカの地元の学校で、小さな女の子に読み聞かせしているところ


毎年2月の初めに、コスタリカの学生は次の年度に向けての準備を始めます。コスタリカの夏休みは熱帯性気候で乾季の始めと決まっており、12月半ばから2月の始めまでです。プロジェクトアブロードはこの自由な時間を学生の成長にとって素晴らしい時期であると考えており、教育プロジェクトのボランティアたちは希望する生徒全員に無料で英語を教える機会を作りました。

ボランティアたちはニューヨーク州立大学コートランド校教育学部の学生は、エレディア州の都市部Escuela Braulio Morales Cervantesで開かれた授業を担当しました。この授業の目的は、地元の生徒たちに英語を母語として喋る人と交流をする機会を与えることです。これは同時にボランティアが授業を行ったり、言葉や文化の壁を超えたコミュニケーションをとったりする、価値ある実践経験をボランティア側にも与えます。

ボランティアたちは生徒の言葉を学ぼうとし、生徒はボランティアの言語を学ぼうとするので、彼らは相互的な学習に適した環境を作り上げました。言語の壁が先生と生徒を同じレベルに置いているので、典型的な講義形式の授業とは全く異なります。

「私たちは彼らにESLの生徒になるということはどういうことかを経験して欲しいんです。」とニューヨーク州立大学コートランド校のリーダーで教育関係の教授のValerie Widdallさんは言います。「できればここでの努力を持って、それを教室にいる生徒を助けるために使って欲しいんです。私は彼らにとって職業的に、感情的に、社会的に成長できるよう、“ぬるま湯”の外へと出て行って欲しいのです。」

コスタリカでは流暢な英語を話すことは特別な能力だと考えられています。海外ビジネスの到来によって、コスタリカの中流階級の多くの仕事を得られました。また多くの観光産業で従業員が高度な英語力を持っていることが必要です。そのため子供たちは小ささ頃から英語を学び始め、小学校と中学校の教育ではカリキュラムの重要な部分に据えられます。

コスタリカの教育ボランティアが教えた生徒が表彰されてい様子 英語は仕事の成功に重要ですが、コスタリカの公共教育制度は十分な経験のある英語教師を継続的に見つけられないでいます。その結果、授業は では間違った発音や実践的な知識なしに教えられることがよくあります。

「授業にボランティアを取り入れる考えは、基本的にその言語の母国語話者の強みを生かすことです。」とエレディア州教育省の地方英語管理マネジャーであるAndres Mendozaさんは言います。「だからボランティアがいると、無料でコスタリカに外国語を持ってくることができ、生徒は他の文化や習慣、伝統に触れることができます。英語の正しい発音を聞くこともできますしね。」

教育ボランティアが、学校が休みの期間にこれらの特別な授業を行うことができたのはこれが2年目で、1月の1ヶ月間と7月の2週間の間に行われました。将来の仕事の機会の面で英語に堪能であることの重要性を理解し、教育省は生徒の英語教育をより促進しています。

アメリカのNGO、Peace Corpsに倣い、2015年は教育省が、2度目となる国のレベルに達している公立学校の生徒の英語大会を行いました。その大会は伝統的なEnglish Spelling Beeを含んでおり、ここでは生徒が口で英語の言葉を綴る競争をします。直近の大会では、 「即席スピーチ」部門が加えられ、生徒はスピーチを行い、文法や流暢さを評価されました。

大会は授業内レベルから始まりましたが、2015年11月にGuapilesにあるEARTH大学で国中に広まりました。賞は参加者に与えられ、なかには語学学校や地元の大学への奨学金も含まれています。

プロジェクトアブロード はこの地方大会のスポンサーを務めており、教育ボランティアは、教室・学校・地区レベルでの大会のアナウンサーや審査員の役目を務めています。一方で、直接大会に参加することとは別に、教育ボランティアは、生徒が大会で戦うために必要な十分なレベルの英語力をつけさせています。プロジェクトアブロードの協定校に通う7人の生徒が、地区の大会で優勝し、地方の大会へと進みました。

もしかすると、他の言語を学ぶことの最も基礎となる側面の1つには、それと関連する文化の繋がりがあるからなのかも知れません。

「ボランティアからのサポートは、英語だけではないからこそ重要です。」とMendozaさんは言います。「彼らは私たちが歴史や自然、グローバル化などの他のトピックについて話すのもサポートしてくれています。私たちは彼らがどのように活動に参加し、尊敬や気遣いを生徒に対して向けてきたかを、見てきました。間違いなく、彼らの手助けは私たちの学校にとってとても重要です。」

教育プロジェクトの詳細を読む

ニュースに戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。