You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

トビタテ!留学JAPANってどんなシステム?



  コメント

2015年 09月 17日留学
By Marsa


高校生スペシャルプロジェクトで子供と遊んでいる日本人ボランティア

トビタテ!留学JAPANは簡単に言えば「奨学金」です。しかし、各高校や大学にあるような奨学金とは少し異なります。トビタテを利用した留学には条件があります。公式サイトには「座学や知識の蓄積型ではなく、『実社会との接点』から多様な学びを得ることのできる学修活動」が含まれる留学であることが必須だと書かれています。要するにインターンシップやボランティア活動など、社会との関わりを学ぶことのできる活動が重視されているんです!文部科学省が行っている奨学金なのでただの語学留学ではないってところがポイントなんですね(^-^)

先日プロジェクトアブロードのニュースで日本の高校生の犬飼さんが登場しました。犬飼さんはこの奨学金を利用してスリランカの病院で行われた短期医療プロジェクトに参加しました!実はプロジェクトアブロードには高校生・大学生に多くのトビタテ!留学JAPAN利用者がいます。トビタテ!留学JAPANは28日以上2年未満の留学が対象となるのでこういった短期のプロジェクトにも対応しています。

私の先輩で、最近この奨学金制度を利用してドイツへ留学しに行った方がいます。その方から聞いたお話だと、トビタテには一次・二次…と何度か審査があるらしく、そう簡単には奨学金がもらえないらしいです。審査にはプレゼンテーションやディスカッションなども含まれているようで、勉学面だけでなく人間性や留学・自分の将来に対しての計画性が重視されているようです。また面接では「自分のためではなく、人のために事が為せるかどうか」がポイントとなるようです。何のためにそこへ行くのか、そして自分が立てた計画の中で何を成し遂げたいか、それがどう自分の将来・未来の世界に生きるのかをはっきりさせる必要があります。その先輩はトビタテではさまざまな目標をもった同年代と真剣に未来の世界について考えられる場だと言っていたので、そうした繋がりが生まれることもメリットですね*。

私は奨学金を得られる可能性が与えられているので、挑戦する価値があると思います!(家庭の収入基準などはありますが)プロジェクトアブロードはトビタテの応募にはもってこいのプロジェクトです!プロジェクトアブロードには今までに何人ものトビタテ利用者がいます。以下が犬飼さんへのインタビューです。

ガーナでケア活動に参加している日本人ボランティア

(インタビュー)

①ビタテを利用していくら程度の支援金が出ましたか?

旅費、授業料、奨学金含めて45万円程度です。

②審査の対象となるのは何でしたか?

独自の留学計画、経験の生かし方、将来の夢に向けてエッセイ(800字)の書類審査と面接(留学計画についてのプレゼン、留学先での詳細について質問など)です。

③審査を通過するのには何が大切だと思いますか?

具体的かつ実行可能な計画と、明確な将来の目標が必要だと思います。また、その経験がどのように目標に繋がるかをいかに論理的に説明することが出来るかもポイントだと思います。

④トビタテ!留学JAPANを利用できてよかったですか?

1期生に選ばれて、本当に素晴らしい経験となりました。奨学金をもらえるだけでなく、同じような志を持った日本中の高校生と交流できたことは刺激的でした。また、同じスリランカに行く人とも連絡を取り合って現地の情報を共有できたので良かったです。

なるほど…。いろいろな良い点があるということはこの話からもわかりますね。トビタテの審査には費用などはかかりません。自分を鍛え上げるいいチャンスだと思います。

みなさんもトビタテを利用して、プロジェクトアブロードのボランティアに参加してみませんか?

この記事をシェアする:

FacebookやTwitterにもシェアしてお気軽にコメントをください!

Related Posts

SNSコミュニティに参加する

  

RSS登録する

ブログフィード

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。