You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

セネガルって…?



  コメント

2015年 09月 30日旅行, 文化, アフリカ
By Marsa


西アフリカのセネガルでボランティア活動に参加している高校生

国名 セネガル共和国
首都 ダカール
公用語 フランス語
気候 最低気温の平均が東京の最高気温の平均よりも高い。夏の方が冬より降水量が多い。

アフリカ大陸最西端のセネガル。なんと…気候が断然日本よりも暖かいですね!月平均気温はだいたい25~35℃くらいの間に分布しています。セネガルは前回の【アフリカへ行こうシリーズ】で紹介したモロッコと同じように、フランスのアフリカ横断政策で植民地化された地域です。今でもフランスの文化が根強く残っています。アフリカにはやはり植民地時代に根付いた国の文化や伝統が未だに残っている国が多いですね。セネガルのフランス語はセネガル訛りですが、公用語がフランス語なのでフランス語の実戦練習にはもってこいの場所です。またフランス語は公用語ですが、ウォロフ語も話されています。ウォロフ語の話者は世界中でもセネガルの人が多いそうです。

日本とセネガルの関係性についてですが…なんと日本からセネガルへの資金援助は旧宗主国であるフランス、そしてアメリカにつづく世界第3位を誇っています!アフリカの中でも特に関係が親密な国といえますね。また、JICAの主催している青年海外協力隊が派遣されている国でもあります。JICA職員さんのブログによると、セネガルの日本への輸出品(2009年)第1位はなんとタコらしいです。2位のイカ(31トン)と大差をつけて115トンも輸出されているそうです。もしかしたらたこ焼きのタコやお寿司屋さんのタコはセネガルから日本に輸出されたものかも…!日本にいるとなかなかセネガル人に巡り合うことは少ないですが、国と国同士の関係は深いものがあったんですね。

セネガルに行くなら!

私がセネガルに行くなら…ということでお勧めしたいのは、なんといってもレトバ湖です!!!!!レトバ湖は通称「ラック・ローズ(Lac Rose)」と呼ばれるピンク色の湖です。まるでいちごミルク!!なぜこんな色になったかというと、実はドナリエラという藻が関係しています。ドナリエラは塩分濃度の高い湖で繁殖し、太陽光からエネルギーを吸収する際に赤い色素を体内で作ります。それがこの湖をいちごミルクのような色にしています。12月から2月の乾季には湖面が下がるので、特に湖の色が鮮やかになります。

こんなにキレイでいちごミルクみたいに甘そうな湖ですが、なんと塩分濃度は海水の10倍!(死海の1.5倍の濃度です…。つまり浮く。いちごミルクに浮けるのは世界でここだけかもしれません。)何があっても絶対飲まないでください(笑)ここでは塩の収穫のために1日14時間働く女性もいます。ただ塩を採取している労働者は高濃度の塩分から皮膚を守るために、シアバターを体に塗って作業しているらしいです。(それだけの塩分が含まれている水に触れると、肌とか荒れそうですしね。)
またレトバ湖は2005年からユネスコの世界遺産候補にも挙げられており、今ではセネガル1の人気観光地として有名です。セネガルに行くのであれば、ぜひ行ってみるべきだと思います!ていうより行ってみたいですぜひ!!!

また世界遺産ともなっているゴレ島もお勧めです。セネガルの首都ダカールから沖へ3㎞程の位置にあるこの島は、かつてアフリカ大陸最大の奴隷の積み出し港として数々の悲劇を生んだ島です。今ではその悲劇を2度と繰り返すことのないよう、世界遺産登録が行われ観光地としても有名です。ここで積まれた奴隷たちの多くはアメリカ大陸へと向かいましたが、ただでさえ危険な当時の航海を、鎖に繋がれたまま身動きのできないような狭く劣悪な環境の中で過ごした奴隷船の話は歴史でも学んだとおりです。当時奴隷として連れていかれる前に彼らが収容されていた「奴隷の家」は今でも残っています。筆者は実際行ったことはありませんが、ぜひ行ってみたいですね。やはりこういう歴史的史実があった場所ってその場でしか感じることのできない空気感があると思います。本やインターネットではわからない「空気」をぜひとも感じてみたいものです。こういった場所へ行くことは自分のためにもなりますし…。歴史に興味のある方や、いろいろなことについて学んでみたい方にはこういった学びのある場もおすすめです。

みなさんもぜひセネガルで「飲めないいちごミルク」や学びのあるゴレ島を楽しんでみてはいかがでしょうか?プロジェクトアブロードではセネガルでのボランティア活動も行っています。

この記事をシェアする:

FacebookやTwitterにもシェアしてお気軽にコメントをください!

SNSコミュニティに参加する

  

RSS登録する

ブログフィード

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。