日本人教育ボランティアがカンボジアの子供たちへの英語教育に取り組む

カンボジアで教育の海外ボランティア

英語教育を中心とした学校教育に貢献し、カンボジアの貧困の子供たちの未来を切り開くボランティアになろう

はじめに

カンボジアで教育の短期・長期「実践型」海外ボランティア参加者を募集しています。

東南アジアの発展途上国カンボジアでは、貧困を理由に子供たちが教育の機会を得られないこともめずらしくありません。

そんなカンボジアでの派遣先は、貧困層の子供たちに無料で学校教育を提供している現地NGO機関が運営する小学校。

教育ボランティアとしてのあなたの役割は、実践的な英語教育に貢献すること。ここで学ぶほとんどの子供たちにとって、この小学校が唯一の教育を受ける機会です。中には他の公立の小学校に通いながら補習授業の場として通っている子供もいます。

カンボジアで教育ボランティア期間中は、活動拠点プノンペンにある専用のボランティア寮に滞在します。これは、世界中から集まる多国籍な外国人ボランティアと出会い、異文化体験をする貴重なチャンス!

自由行動となる週末は、現地で友達となった仲間と共にカンボジアの魅力に迫る冒険へ!

日にち: 

開始日・参加期間自由

選ぶ

参加期間: 

2週間以上

参加条件: 

16歳以上
基礎英語力


教育ボランティア参加条件

カンボジアでの教育の海外ボランティアの応募対象は、世界中の大学生社会人シニアのみなさんです。

特に、子供が好き、教えることが得意、東南アジアの発展途上国の教育現場の実情を見てみたい、カンボジアで国際協力に携わりたい、将来は教育に関わる職に就きたい!という方におすすめです。

すでに資格を持つ現役の教師であれば、東南アジアのカンボジアという支援が求められている海外を舞台にあなたのスキルと経験を発揮する貴重なチャンス。

参加にあたって求められる語学スキルは、基礎英語力

現地語が堪能でない限り、カンボジア到着後のコミュニケーションは、基本的にすべて英語で行われます。カンボジアの子供たちへの英語教育に携わる意味でも、やはり基本的な英語力不可欠。

だからこそ、英語の練習を含む渡航前準備にどれだけ真剣に取り組んできたかが、現地での余裕を生む秘訣と言えるでしょう。

すべては、あなた次第です!

カンボジアの学校で学ぶ現地の子供たち

活動内容

  1. 基礎英語教育
  2. 体育、音楽、図画工作をはじめとした英語以外の学校教育
  3. 授業の準備と教材づくり

基礎英語教育

派遣先は、提携先の現地NGO機関が運営する学校です。この学校は、貧困家庭の子供たちを対象に政府のカリキュラムに沿った学校教育を無料で提供しており、給食費も助成しています。

教育ボランティアが主に取り組むのは、基礎英語教育。

英語を話せることはより良い職に就くことにつながり貧困脱出の糸口となることから、カンボジアでは幼少期からのきちんとした英語教育への支援が求められています。

ボランティアとしてのあなたの役割は、そんなカンボジアの子供たちへの英語教育に貢献すること。

クラスを自ら担当し、英語のアルファベットや数字の数え方の練習をはじめ、色や形の学習、基礎フレーズおよび発音の練習などに貢献していきます。

子供たち参加型の楽しいアクティビティを通した授業を行い、英語を話すことへの自信を育ててあげましょう。

体育、音楽、図画工作をはじめとした英語以外の学校教育

学校でのボランティア活動は、英語教育だけにとどまりません。

例えば、屋外では、バランスを保つ、ボールを投げる・蹴る、走る、スキップをする、ジャンプをするなどの基礎運動機能を高める体育に取り組みます。

スポーツの授業の他にも、音楽や図画工作をはじめとしたさまざまな科目に取り組み、子供たちへの包括的な教育を支えていきます。あなたの特技やスキルをぜひ活かしてみてください。

授業の準備と教材づくり

授業の内容を考え、必要な教材作りと次の日の授業の準備を整えるのも、ボランティアのあなたが果たす重要な役割です。

一方通行の教育ではなく、子供たちが夢中になって取り組み、学習意欲を引き出すような参加型の授業を考案していきましょう。

現地の先生たちは、海外からやって来るボランティアのみなさんならではの新しいアイデアを期待しています。

プロジェクトアブロードのカンボジアオフィスでは、教材作りに必要な文房具を取り揃えています。


活動拠点

プノンペン

メコン川沿いの人口150万人が暮らす大都市。

政治・経済の中心地であり、現在では観光都市としても急激な発展を遂げています。

王宮や伝統的な寺院の向こうには近代的な高層ビルが立ち並び、植民地時代の面影を残す建築も存在します。

空港送迎・航空券手配・ビザ

到着指定空港では、担当スタッフがあなたのご到着をお待ちしています!

空港送迎、航空券手配、ビザなどの詳細はカンボジア到着案内をご覧ください。


教育ボランティアの1日の流れ

カンボジアでの教育ボランティアは、現地の祝祭日を除く月曜日~金曜日、午前9時~午後4時頃まで活動に従事します。

滞在先のボランティアアパートで朝食を済ませたら、手配されたトゥクトゥクに乗って、いざ派遣先の学校へ!学校に到着したら、元気いっぱいのカンボジアの子供たちが「ティーチャー!」と言ってあなたに駆け寄ってくることでしょう。

通常、午後12時からお昼休みに入ります。昼食は、滞在先に戻って他のボランティア仲間と一緒にいただきます。昼休みが終わったら学校に戻り、午後2時から授業を再開。

教育内容は、派遣先、あなたの知識、経験、スキル、語学力によってさまざまです。ぜひ積極的に取り組んでみてください。

1日のボランティア活動を終えた後は自由時間です。多国籍なボランティアと共に地元のマーケットの散策に出かけたり、滞在先に戻ってのんびり過ごしたりと、あなた流に楽しむことができます。夕飯はボランティア寮で仲間と共に一緒にいただきます。

ボランティア活動がお休みとなる週末は、カンボジアならではの文化、伝統、歴史に触れる冒険へ!

首都プノンペンのキリングフィールドやトゥール・スレン虐殺犯罪博物館を訪問して、カンボジアがたどった激動の歴史を学んだり、少し足を延ばしてシュムリアップで歴史的・文化的名所を訪れたりしてみてはいかがでしょうか。

世界遺産アンコールワットをはじめとした数々の貴重な文化遺跡が、カンボジアの深い歴史を現在に伝えています。

カンボジアの学校で英語の授業を受けもつ日本人ボランティア

活動のねらい

カンボジアで教育に貢献する海外ボランティアのねらいは、貧困の子供たちへの教育をサポートし、英語教育に努めること。

同時に、あなたが発展途上国の現場で実践的な教育経験を得ること。

カンボジアでは、特に以下の項目に焦点をあてた学校教育を展開しています:

  • 英語教育
  • 教育の質の向上
  • 創造性を養う学習
  • 識字率の向上

あなたも、カンボジアの貧困の子供たちにより良い学習の機会を提供する教育ボランティアの一員へ。


マネジメントプラン

プロジェクトアブロードは独自のマネジメントプランを設け、活動に対する目標の明確化と目標達成の具体化を行っています。

マネジメントプランは、まさに私たちの活動の道しるべ。

よろしければ、マネジメントプランもあわせてご覧ください。


活動が世界に与える影響

プロジェクトアブロードは、毎年明確に定められた長期的な目標の達成に向けて取り組まれています。

その目標達成の鍵となるのが、参加者一人ひとりのみなさんの存在です。

グローバルインパクトリポートにまとめられた年間の活動の進歩と功績は、参加者全員の努力の結晶。

よろしければ、活動が世界に与える影響もあわせてご覧ください。


滞在先と食事

カンボジアで活動中の滞在先は、プノンペンにある専用のボランティア寮です。

基本的に同性の仲間とのルームシェアとなりますので、貴重な異文化体験の機会として積極的に交流を図りましょう

現地では1日3食分の食事が提供されますので、ぜひ食からもカンボジア文化をお楽しみください。

滞在先は先進国のモダンで便利な生活と比べると質素に感じるかもしれませんが、安全面や清潔面の基準は満たされています。


現地サポート

安全を第一優先とするプロジェクトアブロードは、すべての活動国で24時間体制の現地サポートを提供。

だから、海外への渡航が初めての方でも安心して参加できる魅力があります。

お申込み金 29,500円は、参加費用の一部として扱われます。

複数のプログラムへの参加は割引が適用されます。0120-72-9030までお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

*は記入必須です