ブランコで遊ぶガーナの子供たちを見守る日本人チャイルドケアボランティア

ガーナでチャイルドケアの海外ボランティア

ガーナの子供たちの健やかな発育と幼児教育を支えるチャイルドケアのボランティアに貢献しよう

はじめに

ガーナでチャイルドケアの短期・長期「実践型」海外ボランティア参加者を募集しています。

ボランティアとしてのあなたの役割は、現地の保育園、幼稚園、特別支援学校で忙しく働く先生たちをサポートすること。これは、アフリカの発展途上国ガーナに暮らす子供たちの実情を自分の目で見て学び、視野を広げる海外経験。あなたが行う貢献は、プロジェクトアブロードがガーナで継続的に取り組んでいる幼児教育を加速させる原動力へ。

この子供のケアの海外ボランティア活動で強化していることは、子供が子供らしく元気よく遊び、楽しみながら学習する幼児教育。チャイルドケアボランティアとして、子供たちへの読み書き、計算、衛生指導を行い、ガーナの子供たちの健やかな発育を促します。

ガーナでの子供のケアの海外ボランティアの活動拠点は、アクアぺムヒルズ、アクラ、ケープコーストの3地域。ボランティア中は、活動拠点周辺に実際に暮らすホストファミリー宅で地域住民の一員として滞在します。

活動がお休みとなる週末は、現地で出会った多国籍な外国人ボランティアと共にガーナの冒険へ。西アフリカで新しい発見をしに出かけよう!

日にち: 

開始日・参加期間自由

選ぶ

参加期間: 

1週間以上

参加条件: 

16歳以上


チャイルドケアボランティア参加条件

ガーナにおけるチャイルドアの国際ボランティアの応募対象は、世界中の大学生社会人シニアのみなさんです。

高校生には、高校スペシャルのチャイルドケア&地域奉仕活動プログラムがおすすめ!

子供が好き、アフリカの発展途上国の実情を自分の目で見てみたい、将来子供と接する仕事や教育の道に進むことを検討している、英語を上達させたい!という意欲的な方におすすめです。

すでに保育士などの職業に従事しているみなさんからの参加も歓迎されます。そんなあなたにとっては、自分の経験やスキルをガーナで活かし、自分を試す機会!

ガーナでのチャイルドケア活動は、参加するあなたにとっても学習の毎日。適応能力、英語力、自主性、チームワーク、リーダーシップ、コミュニケーション能力など、日常生活はもちろん、進学や就職、転職でも自分の強みとなるさまざまなスキルの習得が期待されます。アフリカでやり遂げた自信、広がった価値観や世界観は、あなたの人生を豊かにする一生の財産となるはず!

求められるスキルとしてしいて挙げるとすれば、基礎英語力

現地到着後のコミュニケーションは基本的にすべて英語で行われます。また、ガーナの子供たちへの基礎英語教育にも携わることから、英語をまったく話せないと苦労するのはあなた自身。

だからこそ、英語の練習を含む渡航準備が非常に重要となってきます。

すべては、あなた次第!

ガーナに暮らす子供たち

活動内容

  1. 先生たちの日々のサポート
  2. 子供たちが遊びながら学習できるアクティビティの考案
  3. 健康を促す衛生指導
  4. 子供たち一人ひとりの発育のモニタリングと記録

忙しい先生たちの支援

先生が普段行う保育をサポートすることはもちろん、期待されるのは、あなたならではの気配りやケア。

派遣先となるガーナのほとんどの教育施設は、子供たちであふれており、先生が子供たち一人ひとりに注意を注ぐ余裕がなかなかありません。

ボランティアとしてのあなたの役割は、子供たちそれぞれに目を向け、学習におくれをとっていたり、サポートを必要としている子供たちに手を差し伸べます。

1日の一通りの活動が終わったら、放課後のアクティビティとして屋外でスポーツをして遊ぶなどして、迎えに来る保護者を一緒に待ちます。

子供たちが遊びながら学べるアクティビティの考案

地元の先生たちは、先進国出身のボランティアのみなさんからのアイデアを期待しています。

目指すのは、元気いっぱいのガーナの子供たちが熱心に取り組み、元気よく遊び、楽しみながら学習できるアクティビティ。

同時期に参加している外国人ボランティアがいる場合は、ぜひアイデアを出し合い、協力して活動に取り組みましょう。

図画工作、本の読み聞かせ、歌を使ったゲームなど、自分の幼稚園での経験を思い出してみるとよいかもしれません。

子供たちに評判がよかったアクティビティは、あなたがガーナから帰国した後も継続して行われていきます。

健康を促進する衛生管理の徹底

日本では小さい頃から手洗いや歯磨きを習い、きちんとした衛生習慣を身につけることがあたり前。

しかし、発展途上国ガーナでは、衛生管理の概念さえないこともめずらしくありません。

そこで、食事前やトイレの後のきちんとした手洗いの方法や正しい歯磨きの仕方を教え、衛生管理の重要性を教育します。

こうして、幼い子供たちの丈夫な体作りと病気予防を促進します。

歌やゲームを使い、子供たちが楽しみながら学べるよう工夫しましょう。

子供たちのモニタリングとサポート

チャイルドケアボランティアたちは、まず専用のチェックリストの利用の仕方を学習。

このチェックリストを使って、子供たち一人ひとりの発育をモニタリングし、以下の項目からそれぞれがサポートを必要としているエリアを洗い出します。

  • 識字能力
  • 基礎計算能力
  • 運動機能
  • 感情表現
  • 社交性
  • 衛生管理

プロジェクトアブロードのガーナオフィスは、定期的にワークショップを実施しています。

ここで、プロジェクトアブロード独自のグローバルインパクトデータベースにモニタリングしたことを記録。

このデータベースは、子供たち一人ひとりの発育の経過の確認と比較に利用されます。ぜひ、あわせてグローバルインパクトデータベースもご覧ください。


活動拠点

アクアぺムヒルズ

ガーナ東部に位置する内陸の田舎町。

隣国トーゴにかけて山が連なっており、緑豊かな自然とアフリカらしい赤土が広がる地域です。

チャイルドケアボランティアの主な派遣先です。

アクラ

人口約270万人が暮らすガーナ国内の政治・経済の中心地。

道端には露店があふれ、頭に物を載せて運ぶ人々や車が行き交う活気あるアフリカの都市です。

特別支援学校をはじめ、さまざまな教育施設で支援が求められています。

ケープコースト

ギニア湾沿いの漁業が盛んな港町。

その昔、ヨーロッパ諸国が次々と上陸し、奴隷や金をはじめとするアフリカの貿易の中心地として栄えました。

奴隷貿易の拠点として歴史あるケープコース城は、世界文化遺産に指定されています。

特別支援学校をはじめ、さまざまな教育施設で支援が求められています。

空港送迎・航空券手配・ビザ

到着指定空港では、担当スタッフがあなたのご到着をお待ちしています!

空港送迎、航空券手配、ビザなどの詳細はガーナ到着案内をご覧ください


チャイルドケアボランティアの1日の流れ

ガーナでのチャイルドケアボランティアは、現地のカレンダーの平日にあたる月~金曜日、午前8時~午後2時頃まで活動に従事します。

通常、毎週金曜日は、昼食の時間が終わったら活動も終了します。

1日のはじまりは、ガーナ流の朝食から!朝食が済んだら、いざ活動先へ。初日はプロジェクトアブロードのスタッフが同行し、活動先への移動の仕方を丁寧に説明します。

その日の活動内容は、派遣先、あなたの知識、経験、スキル、語学力によってさまざまです。ぜひ積極的に取り組んでみてください。

1日のボランティア活動が終了したら、自由時間です。現地で出会った外国人ボランティアと地元のマーケットを散策したり、友情を深めたりする機会にお役立てください。

夕食は、ホストファミリー宅でいただきます。ガーナの食卓には、新鮮な果物、鶏肉、魚、ヤギ、豆や米などの炭水化物がよく登場します。なかなか経験できないガーナの手料理をお楽しみください。

自由行動となる週末は、仲間と共にさらなる新しい発見を求めてガーナの冒険へ!

チャイルドケアボランティアとガーナの子供たち

活動のねらい

ガーナでのチャイルドケアを通した国際ボランティア活動は、ガーナの貧困層出身の幼い子供たちの発育を支援し、包括的な幼児教育を提供すること。

同時に、あなたが実践的な国際協力経験を得ながら視野をぐんと広げること。

ガーナでのチャイルドケアの海外ボランティアでは、主に以下の項目に焦点をあてた活動に取り組んでいます。

  1. 幼児教育の促進
  2. 識字率の向上
  3. 衛生管理の徹底
  4. 基礎計算能力の向上
  5. 特別支援を必要とする人々の生活の質の向上

あなたもチャイルドケアボランティアとして、ガーナの未来を背負う子供たちの健やかな発育に貢献する一員へ。


マネジメントプラン

プロジェクトアブロードは独自のマネジメントプランを設け、活動に対する目標の明確化と目標達成の具体化を行っています。

マネジメントプランは、まさに私たちの活動の道しるべ。

よろしければ、マネジメントプランもあわせてご覧ください。


活動が世界に与える影響

プロジェクトアブロードは、毎年明確に定められた長期的な目標の達成に向けて取り組まれています。

その目標達成の鍵となるのが、参加者一人ひとりのみなさんの存在です。

グローバルインパクトリポートにまとめられた年間の活動の進歩と功績は、参加者全員の努力の結晶。

よろしければ、活動が世界に与える影響もあわせてご覧ください。


滞在先と食事

ガーナで活動中の滞在先は、各活動拠点周辺に暮らす現地人ホストファミリー宅です。

ホストファミリーとの共同生活は、現地文化を生活レベルで体験する貴重な機会!ぜひ積極的に話しかけ、異文化交流を図りましょう。滞在先では1日3食分の食事が提供されますので、ぜひ食からもガーナ文化をお楽しみください。

その時の受入れ状況にもよりますが、なるべく他の参加者と同じ滞在先を手配し、より多くの出会いと交流を体験できるよう努めています。

発展途上国の滞在先は、先進国のモダンで便利な生活と比べると質素に感じるかもしれませんが、安全面や清潔面の基準は満たされています。


現地サポート

安全を第一優先とするプロジェクトアブロードは、すべての活動国で24時間体制の現地サポートを提供。

だから、海外への渡航が初めての方でも安心して参加できる魅力があります。

お申込み金 13,000円は、参加費用の一部として扱われます。

複数のプログラムへの参加は割引が適用されます。0120-72-9030までお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

*は記入必須です