ペルーの保育園でチャイルドケア支援に取り組む日本人高校生ボランティア

高校生の海外ボランティア ペルーでチャイルドケア&地域奉仕活動

高校生ボランティアとして発展途上国ペルーの子供たちの幼児教育を支援しながら、南米の世界を冒険しよう 

はじめに

ペルーでチャイルドケアと地域奉仕活動に貢献する高校生ボランティアを募集しています。

舞台は南米の発展途上国ペルー。このプログラムは、世界中から集まる外国人高校生ボランティアと共に、貧困層や低所得者家庭出身の子供たちが通う保育園や幼稚園でチャイルドケア支援に取り組む国際ボランティア活動です。高校生のうちに海外の発展途上国で得る国際支援活動の経験は、きっとあなたの視野と将来の選択肢を広げてくれるはず!

高校生ボランティアとしてのあなたの役割は、基礎英語教育、読み書き、音楽、図画工作、スポーツなど、包括的な幼児教育を実践的に促進すること。派遣先に通う子供たちの保護者の多くは共働きです。幼い子供たちがきちんとした教育を受け安全に過ごせる場所を提供することは、両親が安心して働きに出かけ、家計を成り立たせる環境の実現を意味します。

地域奉仕活動では、仲間の外国人高校生ボランティアと一丸となって教室の壁のペンキ塗りや教材作りに取り組み、学習環境の改善に協力。また、現地で支援が求められている高齢者のケアのサポート活動にも取り組む予定です。

ペルーでの子供のケアの海外ボランティアの活動拠点は、古都クスコ。活動中は、クスコ周辺に暮らす現地人ホストファミリー宅に滞在します。南米のスペイン語圏に暮らすペルー人ホストファミリーとの共同生活は、その土地の文化に浸る貴重な異文化体験の機会となることでしょう。

日々のボランティア活動終了後の時間は、異文化体験や交流イベントがラインナップ。活動がお休みとなる週末は、世界遺産マチュピチュへレジャー旅行に出かける予定です。

さぁ、あなたも今年の夏休みは南米ペルーで国際協力への第一歩を踏み出しながら新しい発見をしに出かけよう!

日にち: 

開始日・日程固定

選ぶ

参加期間: 

2週間以上

参加条件: 

高校生


高校生ボランティア参加条件

高校生対象のペルーでのチャイルドケア&地域奉仕活動の国際ボランティアの応募対象は、世界中の高校生。

子供が好き、ペルーに関心がある、南米の発展途上国で国際協力に携わりたい、外国人高校生と友達になりたい、英語やスペイン語を上達させたい、海外で有意義な夏休みを過ごしたい!という意欲的な高校生におすすめです。

参加にあたって、特に事前知識や経験は問われません。

しいて言えば、基礎英語力。ペルーはスペイン語圏ではありますが、現地スタッフや仲間の外国人高校生ボランティアとのコミュニケーションは基本的にすべて英語で行われるため、英語にアレルギーがあると意思の疎通が難しく、現地に行ってから苦労するのは自分自身。

つまり、渡航前にどれだけ英語のブラッシュアップに取り組んできたかが、現地での経験値を左右させるといっても過言ではありません。すべては、あなた次第です!

ペルーの公用語はスペイン語であるため、渡航前にスペイン語の挨拶やフレーズもできるだけ学んでから渡航すると現地で役立つでしょう。

ペルーの教育施設の塗装を通して学習環境の改善に努める高校生ボランティア

活動内容

  1. 教育施設での幼児教育支援
  2. 地域奉仕活動
  3. 外国人高校生ボランティアの仲間と繰り出す冒険

教育施設での幼児教育支援

高校生ボランティアは、地元の保育園や幼稚園で働く保育士の仕事をサポートしながら、幼児教育の促進を助けます。

中には特別支援を必要とする子供もおり、時に根気を必要としますが、子供それぞれが必要とする異なるサポートを提供するよう努めていきます。

幼児教育を行う上で大事にしているのは、遊びを通した学習。歌、お絵描き、ゲームなどを織り交ぜて、基礎英語教育、読み書き、図画工作、音楽、スポーツアクティビティの実施を実践的にお手伝いしていきます。

困ったことがあれば、プロジェクトアブロードの現地スタッフがアドバイスをくれるので安心です。

地域奉仕活動

活動は、チャイルドケア支援のみにとどまりません!

高校生ボランティアは一丸となって学習環境の改善に取り組みます。例えば子供たちの学習意欲を引き出すような教材づくり、古くなった教室の壁のペンキ塗りなど、ぜひ高校生としてのクリエイティビティやアイデアを積極的に発信していってください。

また、現地では支援が求められている高齢者へのケア活動にも取り組む予定です。

外国人高校生ボランティアの仲間と繰り出す冒険

世界中のさまざまな国から高校生ボランティアが参加してくるこの高校生限定の海外ボランティアプログラム。それは、国境を越えた友情を育み、一緒にペルーという国を冒険する貴重な機会。

日々のボランティア活動終了後は、ペルー郷土料理教室や伝統の陶芸教室、サルサダンス体験をはじめ、さまざまな異文化体験や交流アクティビティが待っています。

活動がお休みとなる週末には、みんなで世界遺産の空中都市マチュピチュを訪問する予定です!

すべての活動やレジャー旅行には、プロジェクトアブロードの現地スタッフが同行するので安心です。


スケジュール例


活動拠点

クスコ

世界遺産にも登録されている古都であり、国内第2の都市。

ウルバンバ渓谷近くに位置するこの都市の標高は約3,400m。

時代をタイムスリップしたかのような建築や石畳が存在するクスコの街角では、伝統的な衣装をまとった現地の人々を目にすることでしょう。

空港送迎・航空券手配・ビザ

到着指定空港では、担当スタッフがあなたのご到着をお待ちしています!

空港送迎、航空券手配、ビザなどの詳細はペルー到着案内をご覧ください


活動のねらい

高校生対象のペルーにおけるチャイルドケア&地域奉仕活動の海外ボランティアのねらいは、忙しく働く現地の保育士の負担を軽減し、子供が子供らしく元気よく遊びながら学習できる幼児教育を促進すること。

そして、貧困~低所得者層の家庭出身の子供たちが小学校進学に必要となるスキル習得への継続的な支援を助けること。

高校生ボランティアは、南米の発展途上国ペルーに暮らす子供たちの現状を直に見て学び、実践的なサポートを提供する重要な役割を果たします。

同時に、海外でやり遂げた自信、自立心、適応能力、リーダーシップ、考える力、語学力などの習得したさまざまなスキルは、きっと大学進学や就職活動の際の強力なアピールポイントとなることでしょう。

外国人高校生と共にペルーを冒険する日本人高校生ボランティア

マネジメントプラン

プロジェクトアブロードは独自のマネジメントプランを設け、活動に対する目標の明確化と目標達成の具体化を行っています。

マネジメントプランは、まさに私たちの活動の道しるべ。

よろしければ、マネジメントプランもあわせてご覧ください。


活動が世界に与える影響

毎年、何千人もの高校生ボランティアが国境を越えて価値ある「違い」を生み出しています。

それは、長期的な目標の達成に向けて多国籍な仲間と共に取り組む国際協力。

高校生ボランティアのグローバルインパクトリポートにまとめられた年間の活動の進歩と功績は、積み重なった高校生ボランティアの努力の結晶。

よろしければ、活動が世界に与える影響もあわせてご覧ください。


滞在先と食事

ペルーで活動中の滞在先は、クスコ周辺に暮らす現地人ホストファミリー宅です。

ホストファミリーとの共同生活は、現地文化を生活レベルで体験する貴重な機会!ぜひ積極的に話しかけ、異文化交流を図りましょう。現地では1日3食分の食事が提供されますので、ぜひ食からもペルー文化をお楽しみください。

高校生スペシャルでは、基本的に1人以上の同性の高校生ボランティアとのルームシェアとなります。仲間と絆を深める機会に活用しよう!

発展途上国の滞在先は、先進国のモダンで便利な生活と比べると質素に感じるかもしれませんが、安全面や清潔面の基準は満たされています。


現地サポート

安全を第一優先とするプロジェクトアブロードは、すべての活動国で24時間体制の現地サポートを提供。

高校生スペシャルでは、プロジェクトアブロードの現地スタッフがプログラムのすべてのスケジュールに付き添うので、未成年の高校生でも安心して参加できる魅力があります。

お申込み時のお支払いは、お申込み金 29,500円のみです(参加費用の一部の扱い)。

複数のプログラムへの参加は割引が適用されます。0053-132-0078までお気軽にご相談ください。

開始日と参加期間を選択してください

質問フォーム

*は記入必須です