タンザニアで学校建設に向けてレンガを運ぶ高校生ボランティアたち

高校生の海外ボランティア タンザニアで建築

タンザニアのマサイ族の子供たちのために保育園の建築を支援する高校生ボランティアとして活躍しよう

はじめに

タンザニアで建築活動に取り組む高校生ボランティアを募集しています。

この高校生限定の海外ボランティアプログラムは、世界各国から集まるインターナショナルな外国人高校生ボランティアと共に、マサイ族の村に暮らす子供たちが幼児教育を受けられるよう保育園の建設に貢献する国際協力。

今年の夏休みは、東アフリカのタンザニアでユニークな海外経験を得に出かけよう!

派遣先は、プロジェクトアブロード完全出資・運営のマサイスクール。

このマサイスクールは、周辺地域に学校がないことから子供たちが学校教育をまったく受けられない状況を改善するために設立されました。そんなマサイスクールで、幼い子供たちが幼児教育を受けられるよう教室や職員室の建設作業を通して保育園の建設に貢献するのが高校生ボランティアとしてのあなたの役目。地元の建築専門家の指導のもと、土地ならし、土台の掘り起こし、セメントの混合、レンガの積み上げ、壁の構築など、さまざまな建築作業にあたります。

タンザニアで建築ボランティア中は、活動拠点に暮らす現地人ホストファミリー宅で現地生活を体験。ホストファミリーとの共同生活は、タンザニア流アフリカ文化に触れる貴重な異文化体験となることでしょう。

1日のボランティア終了後の時間やボランティア活動がお休みとなる週末は、交流イベントや異文化体験アクティビティが満載。同じプログラムに参加している多国籍な外国人高校生ボランティアと共に、アフリカの美しい大自然と野生動物に恵まれたサファリ大国タンザニアで冒険に繰り出す予定です!

日にち: 

開始日・日程固定

選ぶ

参加期間: 

2週間以上

参加条件: 

高校生


高校生ボランティア参加条件

タンザニアでの高校生スペシャル建築ボランティアプログラムの応募対象は、世界中の高校生。

東アフリカの発展途上国に関心がある、アウトドアが好き、体力に自信がある、実際に手を動かした国際支援に携わりたい、英語を上達させたい、夏休みにタンザニアで冒険したい!というアクティブな高校生におすすめ。

参加にあたって、特に資格や経験は問われません。活動には終始プロジェクトアブロードの現地スタッフが付き添い、現地の建築専門家がそばで安全管理の徹底と建築作業への指示を出してくれるので安心。これまで、海外は初めて!という高校生や日本人女子高生も多数活躍してきました。

参加条件とまではいきませんが、最低限の基礎英語力があることが理想的です。現地到着後のコミュニケーションは基本的にすべて英語で行われるため、英語をまったく話せないと仲間の外国人高校生ボランティアの会話に入れず、苦労するのはあなた自身。

だからこそ、英語の練習を含む渡航準備にどれだけ真剣に取り組んできたかが現地での経験値を変えると言っても過言ではありません。すべては、あなた次第です!

このプログラムを通して得られる海外での実践的な建築経験や発展途上国での国際協力経験は、履歴書のユニークなアピールポイントとなるはず!また、チームワーク、自立心、コミュニケーション能力、英語力、適応能力など、高校生活や大学進学、将来の就職の場においても役立つスキルの習得が期待されます。

建設されたばかりの学校ではしゃぐタンザニアの子供たち

活動内容

  1. 仲間と力を合わせて取り組む建築作業
  2. 実践的な建築作業
  3. 外国人高校生ボランティアと繰り出すタンザニアの冒険

仲間と力を合わせて取り組む建築作業

建築活動は、チームワークが鉄則!

現地の建設業者の監督下で、仲間の外国人高校生ボランティアと協力し、お互いに励まし合いながら教室の建設作業にあたります。

積極的にコミュニケーションを図りながら作業を進めて行きましょう。

ほとんどが手作業、かつ体力が資本となる建築活動では、1日の終わりには疲労も感じるかもしれません。でも、仲間と共に一つひとつ積み上げたレンガが形となっていく一連の過程を目撃できる建築活動は、達成感ややりがいも十分!

実践的な建築作業

携わる建築行程は、現地で継続的に行われている建築活動が活動開始時にどの程度まで進んでいるかにもよります。

高校生ボランティアが携わる作業は、土慣らし、土台の掘り起こし、レンガ作り、レンガの積み上げ、壁、屋根、ドアの設置、ペンキ塗りとさまざまですが、どの建築作業も同じように重要です。

高校生ボランティアが行うすべての貢献は、タンザニアの子供たちに安全に学習できる機会を提供するものとなりますので、積極的に取り組んでみてください。

外国人高校生ボランティアと繰り出すタンザニアの冒険

建築ボランティア以外の時間も、学習の場。

1日の活動終了後の時間やボランティア活動がお休みとなる週末は、さまざまな交流イベントや異文化体験がラインナップ。

アフリカ伝統のドラムレッスン、伝統ダンス教室、現地語のスワヒリ語教室、サファリ大国タンザニアでの小旅行など、仲間の外国人高校生ボランティアと共にタンザニアの大地を楽しむ冒険に出かける予定ですのでお楽しみに!

※週末のレジャー旅行は、当日の天候によってスケジュールが変更されることもあります。


スケジュール例


活動拠点

アルーシャ

タンザニア北部に位置する都市。

周辺にはアフリカの豊かな自然に恵まれ、のどかな風景が広がっています。

実際の活動拠点は、アルーシャ近郊のマサイ族村です。

空港送迎・航空券手配・ビザ

到着指定空港では、担当スタッフがあなたのご到着をお待ちしています!

空港送迎、航空券手配、ビザなどの詳細はタンザニア到着案内をご覧ください


活動のねらい

高校生によるタンザニアでの建築ボランティア活動のねらいは、マサイ族の子供たちが幼児教育を受けられるよう、保育園の建築に貢献すること。

同時に、あなたが実践的な国際協力経験を得ながら視野をぐんと広げること。

活動拠点の周辺地域には幼児専用の教育施設が存在せず、子供たちはきちんとした幼児教育を受けることなく育つか、ボロボロの教会の一室を借りて学習せざるをえませんでした。そんな状況を踏まえ、プロジェクトアブロードは完全出資によるマサイスクールを設立。マサイスクールの保育園のインフラ整備に向けて、若くエネルギッシュな高校生ボランティアのみなさんからの支援を必要としています。

あなたも、東アフリカのタンザニアでマサイ族の子供たちのために保育園建設に貢献する高校生ボランティアの一員へ。

タンザニアの学校で塗装活動に励む高校生ボランティア

活動が世界に与える影響

毎年、何千人もの高校生ボランティアが国境を越えて価値ある「違い」を生み出しています。

それは、長期的な目標の達成に向けて多国籍な仲間と共に取り組む国際協力。

高校生ボランティアのグローバルインパクトリポートにまとめられた年間の活動の進歩と功績は、積み重なった高校生ボランティアの努力の結晶。

よろしければ、活動が世界に与える影響もあわせてご覧ください。


滞在先と食事

タンザニアで活動中の滞在先は、活動拠点周辺に暮らす現地人ホストファミリー宅です(※マサイ医療プロジェクトに参加する場合はボランティア寮)。

その時の受入れ状況にもよりますが、なるべく他の参加者と同じ滞在先を手配し、より多くの出会いと交流を体験できるよう努めています。

滞在先では1日3食分の食事が提供されますので、ぜひ食からもタンザニア文化をお楽しみください。

発展途上国の滞在先は、先進国のモダンで便利な生活と比べると質素に感じるかもしれませんが、安全面や清潔面の基準は満たされています。


現地サポート

安全を第一優先とするプロジェクトアブロードは、すべての活動国で24時間体制の現地サポートを提供。

高校生スペシャルでは、プロジェクトアブロードの現地スタッフがプログラムのすべてのスケジュールに付き添うので、未成年の高校生でも安心して参加できる魅力があります。

お申込み金 6,950円は、参加費用の一部として扱われます。

複数のプログラムへの参加は割引が適用されます。0120-72-9030までお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

*は記入必須です