You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

海外で大学の卒業論文リサーチプログラム

タイの学校の生徒とボランティア

プロジェクトアブロードの卒業論文プログラムは、大学4年次の卒業論文リサーチのために企画されたものです。

このプログラムは、かつて地理学教授であったプロジェクトアブロード創業者Peter Slowe博士を中心とする専門家によって監督されているものです。

まず、あらかじめあなたのアドバイザーと共に練られたリサーチプランを企画し、前もってリサーチする分野について必要な条件を洗い出します。

海外における卒業論文リサーチプログラムは学問的であり、また個人に有益となる機会を提供しています。これによって、

  1. ご自身で研究対象とする学問について学べます。
  2. 自身にとって新しい国や文化を深く理解することができます。

モンゴルで医療インターン中の日本人

滞在国における現地の方々はどんな質問やインタビューにも快く答えてくれることに驚くことでしょう。必要であれば通訳をアレンジします。

プロジェクトアブロードのスタッフはリサーチに必要な実務を手伝います。会議をセットしたり、交通機関を手配したり、インタビューをアレンジしたりもします。また自国の監督者とのコンタクトも途切れないよう配慮いたします。

今までのボランティアの中には、地理学、化学、動物学、観光学、社会学、音楽、開発学やその他の多くの学問で研究された方がいらっしゃいます。事前にアイデアなどについて連絡いただき、一緒に研究する適切な学問を見つけましょう。またその他海外のボランティアの活動と一緒に行うこともできます。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

大学の卒業論文リサーチの海外ボランティア参加者の声

“私の行った研究とそれによって得られた情報は大変実りの多いものでした。4週間という期間もフィールドワークを行う上でちょうどいい長さでした。具体的に行った活動は、インタビューや質問(通訳を通じて80も完成しました!)、政府機関や大学訪問などです。私の人生における野望は、トロピカルなアフリカの国を訪れ、異なる文化や活動を通じて現地コミュニティにも貢献できる研究でした。素晴らしい経験をしました”

マデレイン・ギア・
ガーナ卒業論文リサーチ
“旅行はいつでも魅力的なものでしたので地理学の学位のために論文リサーチの題材を決めるとき、まずどこでそれをやるかワクワクして考えました。私にとってはフィールドリサーチするのに最適な変わった国に赴く言いわけとなりました。アマゾン熱帯雨林がまず頭に浮かびました。地理学は私にとってワクワクする学問であり、プロジェクトアブロードのおかげで5週間もの間熱帯雨林の中で住むことができ、フィールドワークを通じてますます題材へのパッションが芽生え、旅行したい気持ちに火が付きました。私の唯一の後悔はもっと長く居たかったことです!”

クレア・エルフィック
ペルー卒業論文リサーチ

友達に教える :

トップに戻る ▲