NEWS! 今なら、コロナ渡航規制への参加費用返金保証付き!:詳細
質問する
ボランティアのバス移動

ボランティアとして海外で安全に過ごすための8つの条件

海外ボランティアに行くなら、この8つの要素から安全対策を見極めよう

スタッフ | 2019年 12月 17日
更新 2020年 8月 31日

海外ボランティア派遣団体がたくさん存在するこの世の中。

選択肢が多ければ多いほど、迷ってしまうものです。

格安の海外ボランティアツアーも気になります。

でも、ちょっと待って!

安いツアーにはそれなりの理由があるかも。。。

あなたは、どのように安全な海外ボランティアプログラムを見極めますか?

このブログでは、ボランティアとして初めて渡航する発展途上国という海外でも安全に過ごすための8つの条件をご紹介します!

条件① 国の安全性

その国は果たして安全ですか?

あたり前のことのように思えますが、紛争地域、政治的に不安定、命にかかわるような犯罪がはびこっている、、、というような地域にボランティアを送る派遣団体は要注意!

確かに、支援が求められている場所にボランティアを派遣することは理にかなっているかもしれません。

でも、自分の命までリスクにさらすようなボランティア活動は、もはや個人ではなく国レベルで取り組む国際支援であるべき。

プロジェクトアブロードは、そのような国にはボランティアやインターンを一切派遣しません。

また、イギリスの外務および英連邦省(および他国の公的機関)と頻繁に連絡を取り、活動拠点の安全性の確認に努めています。

あなたは、安全が確保されていない場所にボランティアを派遣する団体を信じられますか?

条件② 渡航準備サポート

渡航準備サポートはありますか?

海外ボランティアへの初挑戦!

新しい旅立ち、新しい国、新しい文化、新しい出会い…

そんなワクワク感で胸いっぱいになりがちですが、ビザ手続きに予防接種、航空券手配、滞在先手配、空港送迎、現地の交通手段は…?

それに加え…

着替えは何着持っていけばよい?

洗濯はどうすればよい?

現地でwifiはつながるの?

日本にいる家族とはどうやって連絡をとればよい?

お土産は何を持っていけばよい?

お金はいくら持っていけばよい?

両替はどうしたらよい?

(不安…!)

初めての海外ボランティアへの参加にはいろいろと質問が出てくるのは当然のこと。

プロジェクトアブロードでは、お申込み後に参加者一人ひとり専用のマイページをセットアップ。

このマイページ、すごいん情報量なんです。

持ち物リスト、知っておくべき現地の慣習、両替の仕方、インターネットの接続方法、コンセントのタイプ、緊急連絡先などなど、ありとあらゆる知っておくべき情報を提供。

そして、あなた専用の渡航準備アドバイザーがサポートしてくれるので、分からないことを一つひとつきちんと解消できる安心感があります。

だから、プロジェクトアブロードのボランティアは心の余裕が違うんですね

「渡航前にもっと〇〇〇しておけばよかった」、「渡航前に〇〇〇を知っていれば」なんて、後悔先に立たず。

あなたの海外ボランティア経験かは、50%以上が渡航準備で決まるといっても過言ではありません!

条件③ 航空券手配

プロジェクトアブロードは、提携する日本の旅行代理店に航空券手配を任せられるオプションを用意。

その利点は、提携旅行代理店がプロジェクトアブロードの取り組み、安全・サポート体制、全活動国への航空路線、各航空会社の特徴などをきちんと理解し、プロジェクトアブロードの参加者だけに手厚いサポートを確約していること。

  • 緊急時の24時間体制の日本語でのサポート
  • 未成年者や海外初心者が安心して単独渡航できるルートや航空会社の選定
  • 細かい希望に対応した航空券手配
  • トランジットビザ必要有無のアドバイス
  • 変更点や注意点などの情報のすばやい共有

上記をはじめとしたプラスαのサービスを提供する信頼のおける日本の提携旅行代理店とタッグを組むことによって、みなさんの渡航にまつわる不安を軽減する体制が整っています。

旅慣れしている方やご希望の方は、航空券を自己手配されてももちろんOKです!

でもあなたは、渡航中の海外で緊急事態に直面した時、自分で的確に判断し、英語で交渉し、やりきる自信がありますか?

条件④ 空港送迎

空港送迎はありますか?

長旅を経て念願の活動国に到着!

では、現地空港から滞在先へはどうやって向かうつもりですか?

初めて降り立った国。

公共交通手段もよく知らない…

次のバス、電車はいつ?

いくら?

どうやって払うの?

クレジットカード使える?

どこで降りるの?

めんどくさいから、タクシーにする!

でも、変な所に連れていかれたらどうしょう…

ボッたくられたらどうしよう…

そもそも、滞在先の住所どこだったっけ?!

…初めての国って、けっこう不便に感じることも多いですよね。

プロジェクトアブロードなら、そんな余計なストレスは無用。

プロジェクトアブロードは、現地到着が早朝であれ真夜中であれ、必ず現地指定空港までお迎えにあがります。

それが、プロジェクトアブロードが誇る安全・サポート体制

あなたが選んだ海外ボランティア派遣団体は、ちゃんと空港送迎をしてくれますか?

帰国時もきちんと送迎を手配してくれますか?

マダガスカルの到着指定空港でボランティアの到着を待つプロジェクトアブロードのお迎えスタッフ

条件⑤ 現地スタッフ

現地スタッフは専属スタッフ?それとも他機関のスタッフ?

日系の海外ボランティア派遣団体の多くは、日本人ボランティアの参加者を海外に送り出すことが目的です。

したがって、発展途上国に拠点を置く第3機関にただボランティアを派遣しておしまい、というのはよくあること。

でも、あなたを送り出す側と受け入れる側の連携はきちんととれてますか?

現地の第3機関は、緊急時や非常時にもきちんと誠意をもって対応してくれますか? 

プロジェクトアブロードは、活動国すべてに専属の現地スタッフを配置。

つまり、現地スタッフ全員がプロジェクトアブロード専属の職員なのです。

だから、プロジェクトアブロードのボランティアの安全第一優先という価値観をきちんと理解し、手厚いサポートが実現するというワケ。

あなたを現地でサポートしてくれるのは、どこの誰ですか?

ボランティアにオリエンテーションを行うプロジェクトアブロードのスタッフ

条件⑥ 滞在先の安全

滞在先の安全は確保されていますか?

いざ滞在先に着いてみたら、危ない地域にあった。。。

滞在先のホストファミリーが夜遅くまでうるさくて、ぐっすり眠れない。。。

なんて状況には陥りたくないもの。

海外ボランティアを行うにあたって、第2の故郷ともなり得るのが現地の滞在先。

あなたはの滞在先がある地域は安全ですか?

滞在先の建物の安全は保たれていますか?

滞在先の人は親切ですか?

滞在先の同居人または管理人をどこまで信頼できますか?

その土地ならではの家庭料理が提供されますか?

いつか絶対帰ってきたい!と思えるような第2の故郷になり得ますか?

プロジェクトアブロードの滞在先は、多くの場合が現地人ホストファミリー宅。

そうでなければボランティア寮などのボランティア共同施設。

スタンダードは発展途上国の活動国のスタンダードのため、正直日本の五つ星ホテルのようなサービスは望めません。

でも、滞在先は厳しい審査から選ばれ、プロジェクトアブロードの現地スタッフが定期的に訪問。

信頼をおける滞在先にしか参加者を派遣しません!

条件⑦ オリエンテーション

ちゃんとオリエンテーションがありますか?

現地の空港にも無事到着した。

滞在先にもたどり着いた。

でも、まだ土地勘がまったくないんだけど、最寄り駅はどこ…?

っていうか、最寄り駅までどうやって行けばよいの…?

スーパーや病院、郵便局も知っておきたい…

あ、両替したいから銀行も!

朝ごはんは何時…?

そういえば、明日はどこに何時集合…?

と質問と不安が募るばかり。

プロジェクトアブロードは、現地到着の時間によって、到着当日または到着翌日にあなただけのためにオリエンテーションを実施。

両替、街の案内、公共交通の利用の仕方、活動先への通い方、文化上の注意、安全上の注意、緊急連絡先の案内、現地のSIMカードなどのお買い物のサポートなどなど、あなたが知っておくべきこと、やっておくべきことをすべてカバー!

プロジェクトアブロードの現地スタッフが、到着後のあなたの質問・相談に対応します!

現地入り後に放置するような派遣団体は、要注意。

条件⑧ 緊急時サポート

これが決め手!緊急時サポート付いてますか?

自分は大丈夫、

非常事態なんてそうそう起きない、

なんて余裕をみてると、意外と災難に遭ったり、1年ぶりに体調を崩すなんてこともあるもんです。。。!

例えば、

真夜中の2時、突如発疹が出た。。。

豪雨の影響で道路が浸水した。。。

精神的にも肉体的にもキツい状況に陥った時、発展途上国という海外できちんと緊急時のサポートを受けられるかどうかは、まさに運命の分かれ目。

プロジェクトアブロードは、参加者全員に24時間体制の現地サポートを提供。

現地に精通した専属の現地スタッフが、あなたの守護神として緊急時も、いつ何時もサポートします!

緊急時、海外の現場であなたは自分一人でどれだけ対応できますか?

おわりに

いかがでしたか?

ちょっと長くなりましたが、信頼のおける海外ボランティア派遣団体を選ぶ際の参考にしていただければうれしいです。

ぜひ、いろんな角度からいろんな要素を見極めて、あなたにベストな納得のいく団体に出会えること、そして後悔のない選択をできるとよいですね♪

ご健闘をお祈りします!

シェア:

SNSでのシェアやコメントをお願いします!