Projects AbroadProjects Abroad

体育を教える海外ボランティア

概要

発展途上国で体育を教える海外ボランティア

  • 役割: 現地の学校で、体育教師のサポートと体育の授業の指導に貢献すること
  • 参加条件: 特になし
活動情報

スポーツが得意であったり体育会系の方におすすめなのが、発展途上国の子供たちと現地の学校で体育を教えるスポーツプロジェクト!ほとんどの人にとって、学校に通い始めて初めて友達と遊んだときの記憶がずっと続くものでして、学校の体育の時間の経験が今後のスポーツが好きになるか否かの大きな役割を果たしているといっても過言ではありません。もともと、英語を教える教育ボランティアが、教育活動のかたわらスポーツ指導に携わっていました。その後、現地の学校側から英語教育だけでなくぜひ体育も本格的にぜひ教えてほしいとの要望があったことから、体育教育を専門としたスポーツボランティアを派遣するようになりました。発展途上国の多くの学校では、資金に余裕がないため、特定のスポーツや体育の先生を雇用することが難しく、まだまだ子供たちにきちんと体育を指導できる人が乏しい現状です。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

発展途上国の学校で体育教師の海外ボランティア

東南アジアのベトナムで体育を教える海外ボランティア体育プロジェクトでは、現地の学校などでさまざまなスポーツ種目を指導しています。ここに記載されていないスポーツであってもプロジェクトアブロードの提携先は新たな種目への拡大に熱心ですので、ぜひご相談ください。年齢、経験やスキル関係ありません。休暇中の学生であっても、キャリアブレイカーであっても、仕事の休暇中にちょっと考えている場合でもコーチとしてボランティア活動に参加することができます。必要なのはスポーツに対する熱意とスキルを教えたいとい熱い想い、そして次世代につなげたいという意欲だけです!

プロジェクトアブロードのボランティアたちは、多数の滞在国の学校で体育教師として活躍しています。皆さん、自国で学んだスキルを活かしてサッカーやバスケットボールのようなスポーツを海外の発展途上国で教えることに従事しています。また、滞在先の国で人気の高いスポーツ、例えばモンゴルのモンゴル相撲など、その国の伝統スポーツに挑戦なんてアイデアもお待ちしています。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

体育 プロジェクトの活動国一覧:

友達に教える :

トップに戻る ▲