You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

スリランカで陸上競技を教える海外ボランティア

概要
  • 活動場所: パナドゥーラ
  • 役割: 現地の若者の陸上競技技術の向上に貢献すること
  • 生徒の年齢: 13~19歳
  • 一クラスの生徒数: 15~20人
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 4週間
  • 開始日: 随時

Runners stretch in preparation for a practice run.

陸上競技が好きな方や陸上競技のご経験がある皆さん、スリランカで陸上競技の指導にあたる海外ボランティアに参加してみませんか?指導にあたるのは、国内でも有力で今後の活躍が期待されている若者たちです。ボランティアとして参加する上で競技経験は不要ですので、陸上競技に対する熱い想いをお持ちの方であればどなたでも参加できます。

スリランカはクリケットで有名な国ですが、近年では陸上競技への関心も高まり、世界的な有名選手であるウサイン・ボルトなどの影響を受け若者たちの人気も急上昇してきています。この風を受け、現地のコーチ陣たちは海外からのいろいろな練習法を積極的に取り入れ少しでもスリランカの陸上競技のレベルが向上することを望んでいます。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

スリランカで陸上コーチの国際ボランティア

活動の拠点となるのは、首都コロンボから一時間ほど郊外のところにあるPanaduraという街の陸上クラブです。ここでは15~20歳の選手たちが月~金曜日まで練習をしています。短距離、中距離、マラソン、幅跳び、高跳びなどいろいろな競技の指導にあたります。

通常、ボランティアとしての活動は、スリランカカレンダー平日の月~金曜日で、週末や祝日は基本的にはお休みです。その日の天候や選手たちのスケジュールによって練習時間は異なりますが、午前06:00~夕方の17:00までの間に活動することになります。ですから、毎日のスケジュールはその日によって異なります。いずれにしても現地のコーチからアドバイスを受けながら活動に従事することになるので、ご安心ください。

その日の天候やグラウンドのコンディション、雨季などを理由に、予定していた屋外での活動が行えない場合は、その他のさまざまなアクティビティに変更となる可能性がありますので、あらかじめご了承ください

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

友達に教える :

トップに戻る ▲