Projects AbroadProjects Abroad

国際医療の海外ボランティア・インターンシップ

概要

発展途上国で国際医療の海外ボランティア・インターンシップ

  • 役割: 町の診療所や都市の総合病院のさまざまな病棟や診療科で、医師の診察や治療などの医療現場での日々の仕事を実践的に観察し、学習すること。地域コミュニティ内の各所に直接出向いて行う訪問医療活動に参加し、発展途上国に暮らす人々の健康管理に対する認識向上や基礎医療サービスの提供に貢献すること。
活動情報

国際医療の海外インターンシップは、発展途上国で暮らす貧困層の健康状態の改善に貢献し、その国の医療システムを学びながら海外経験を積める理想的なプログラム。現在医療やヘルスケア系科目を専攻中の医大生や、すでに医療資格を取得した方、医療関係者として経験をお持ちの方など、それぞれのレベル、かつ興味がある医療専門分野での活動が可能です。海外で経験を積んで、視野をぐんと広げ、ステップアップしたい方におすすめ!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

発展途上国の医療現場で得るインターン経験

モンゴルでがんばる医療インターンの様子

医療インターンとして、発展途上国における医療レベルと先進国のそれとの大きなギャップを目の当たりにすることでしょう。病院は低賃金で雇われた数少ない医療スタッフによって運営されており、経験のなさと治療代を定期的に払えない患者の資金不足などにより、先進国ではめったに見ることのない病気に悩まされている患者を多く見ることでしょう。

高校生や大学生インターンシップ - 毎日の活動内容ですが、病院やクリニックで医者や看護師の仕事を見たり、直接手伝ったりし、帝王切開の現場を見たり、大都市の病院での診察に医者に付き添ったりします。シンプルかつ実用的な方法で医師の仕事を手伝い、自分の医療実務の知識と理解を深めて下さい。

伝統医療の知恵を学ぶ海外インターンシップ

アフリカのケニアで国際医療経験を得る海外インターンシップ中国やスリランカ、モンゴルでは、伝統医療の分野で活動をすることも可能です。これらの発展途上国の特に田舎の地域コミュニティでは、医療設備が行き届いておらず、伝統の薬草を利用した治療や薬剤に頼る傾向があります。

西欧医療が広がる現代、何千年にも渡って受け継がれてきたナチュラルな素材を用いた治療や予防法を学習することは非常に興味深い経験となるでしょう。

医療 プロジェクトの活動国一覧:

友達に教える :

トップに戻る ▲