Projects AbroadProjects Abroad

南米アルゼンチンで歯科医療の海外インターンシップ

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: コルドバ
  • 活動先: 病院、医療アウトリーチ
  • 役割: 現地の医師の傍ら活動し、知識、経験を得ること
  • 参加条件: 中級レベルのスペイン語力
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

アルゼンチン、歯科医師の現場を見学するプロジェクトアブロードボランティア

南米アルゼンチンの歯科医療の海外インターンシップは、長期休暇中の方や休学中の学生、キャリアブレイク中の方などに最適です。歯科インターンは、医師など経験のある専門家と働く国際的な経験が得られます。

アルゼンチンでの歯科インターン活動は、すでに歯科医療に関する知識や経験がある方、歯科大生、これから歯科大に入学する方にはぴったりのプロジェクトです。経験の有無を問わず、アルゼンチンの歯科医たちは医学生に多くのものを学んでほしいと考えており、また医学生にも多くを学ぼうとする姿勢で参加することを望んでいます。主体的に行動し、現地スタッフに熱意を見せることでさらに多くの経験を積むことができるでしょう。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

南米アルゼンチンで歯科インターンとして得る海外経験

歯科医療インターンシップの派遣先は、プロジェクトアブロードのアルゼンチンにある現地オフィスからも近いコルドバの公立大学病院。ここには、近郊からやって来る子供たちも通っています。病院自体、多少古い印象を受けるかもしれませんが、施設や治療方法は一般的な西洋における病院そのものとあまり大差なく、現役で活躍する歯科医師から直接学べる貴重な機会となるでしょう。歯科医療インターンの皆さんは、そんな歯科医師たちの補助をしながら、歯科医療における処置や口腔ケアを学ぶことができます。活動中は、訪問医療活動の一環で、歯科医療サービスを普段十分に受けることができていない田舎の学校やケア施設を訪ね、歯の手入れの仕方や衛生指導を行う活動に貢献したりもします。

アルゼンチンで歯科医療の海外インターンシップ参加中は、アルゼンチンの家庭でホームステイを体験!現地人ホストファミリーから、アルゼンチンの文化や歴史、生活習慣を体験型で学べる貴重な機会となるでしょう。コルドバには観光の名所もたくさんあるので、歯科医療の海外インターンシップがお休みとなる週末などの自由時間を利用して、世界各国から参加しているプロジェクトアブロードの多国籍な外国人ボランティアやインターンと異文化交流をしたり、周辺の散策を通してアルゼンチンの新たな発見をしよう!

アルゼンチンでの歯科医療の海外インターンシップは、少なくても4週間以上の参加が理想的ですが、それ未満でも受け入れが可能です。ただし、長期参加のインターンの皆さんの方がより充実した経験を得られる傾向にありますので、あらかじめご了承ください。


子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

南米アルゼンチンでの歯科医療の海外インターンシップの目的や詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

Argentina Medicine & Healthcare Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲