You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

海外インターンシップ:獣医療&アニマルケア

概要
アニマルセンターでのペンギンの世話をするプロジェクトアブロードボランティア
  • 役割: 動物病院などでの診療に立ち会ったり、餌やり、掃除、設備の修繕、行動観察など施設にいる動物たちのお世話を手伝ったりすること
  • 条件: 特になし (但しメキシコの獣医療の場合は3年以上の学習経験)
活動情報

あなたが動物と一緒に働くことが好きな場合や、獣医療などの分野に進みたい場合、我々のボランティアプロジェクトは知識を習得でき、発展途上国においてスキルを活かすのに最適なプログラムです。

このプログラムは、獣医療のインターンシップに興味のある大学生やギャップイヤー中の学生、キャリアブレイク中の方に最適です。年齢や経験に関係なく活動できる場所があります!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

海外で動物たちのために活動しよう

獣医療プロジェクト、獣医療器具と共に猫の世話をするインターン

発展途上国における動物の扱い方は、先進国のそれとは種々の理由により事情が異なります。

貧しい社会においては、犬は日常生活の中で重要な役割を果たします。特に農家では、先進国で当たり前のように使用されている器具や機会を持たないため、動物が代わりにその役目を果たしているのです。それゆえ労働力やスピードによって動物の評価が変わり、また健康であることが必須条件となるのです。

先進国において犬が「ベストフレンド」や家族の一員と考えられているのに対し、自身の子どもに満足に食事を与えられない貧困層にとってそのような愛着がわくのは難しいことです。よって発展途上国においては動物虐待の率が高く、多くのインターンの手を必要としているのです。

獣医または動物ケアワーカーとしての海外ボランティア

プロジェクトアブロードと一緒に獣医療や動物ケアのプロジェクトを行うことにより、自国では経験できない素晴らしい経験ができます。あまり見ることのない蛇や大きな猫、象までも見ることになります!また先進国では発見することのなくなった狂犬病などに犯された動物たちも多く見られ、発展途上国の市街地や田舎で人々が直面している問題についてより深い理解が得られることでしょう。

獣医療や動物ケアのインターンとして活動する場合、この分野におけるスーパーバイザーが付き添い、活動内容の説明を受けます。また現地専門家に付添い、自身の経験レベルに合った実務を行うことができます。現地同僚に色々と質問をし、また学ぶことができます。

あなたは病院または動物センターで働き、現地コミュニティを周ることもあるでしょう。メキシコで怪我をしたタカのリハビリを行ったりモンゴルで遊牧民のヤクにワクチンを打ったり、様々な経験をすることができ、また一緒に働く動物たちや人々の人生に大きな影響を与えることができます。

獣医療&アニマルケア プロジェクトの活動国一覧:

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。