You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ギャップイヤーを利用して海外ボランティアやインターンシップに参加しよう

ケアプロジェクト、ケアセンターの外で子供たちと遊ぶボランティア

ギャップイヤーとはイギリスから広まった制度で、高校と大学、大学在学中の1年等、学生生活の間に1年の休学期間を設け、語学留学や海外旅行、ボランティア活動やインターン等をしながら世界を知り、社会経験を積み、異文化経験をし、視野を広めるのに充てる時間をいいます。日本でもギャップイヤー制度を設け、入学時期を半年遅らせたりする大学も出てきましたが、欧米と比べればまだそこまで浸透していないようです。プロジェクトアブロードではそういった学生が行うのに最適な海外プログラムを多数用意していますので何かしらご自身の希望に沿ったプロジェクトが見つかるのではないでしょうか。プロジェクトアブロードは日本ではまだ馴染みが薄いかもしれませんが、世界中の活動国で200以上のプロジェクトを展開し、現地にも多くのスタッフを抱える民間レベルにおいては大規模かつグローバルなボランティア派遣団体としてリードしてきた存在です。今では年間9000人以上のボランティアやインターンが参加し、プロジェクトを継続して行ってきてくれたことで持続可能なプロジェクトをいくつも運営してこられました。私たちの第一の目的にはもちろんそのような参加者が安心して活動を行えるよう安全性に配慮することにあります。

休学やギャップイヤー中に参加できるプログラム

建築プロジェクト、木材を組み合わせてフレームを作るボランティア

ボランティアとして多くの貢献ができ、貴重な時間が過ごせます。プロジェクトアブロードと一緒に活動することでたくさんの貧しい人たちにサービスすることができますし、社会的、身体的な環境を改善し、途上国の問題を一つずつ解決することにつながります。また他のボランティアたちにも新しい機会を生みだし、より大きなビジョンを養うのに貢献することにつながることもあります。長期的な視野で考えると、活動を通じてより深く世界のことを知る人たちが増え、異文化への理解が深まる機会となればと思っております。まずはプロジェクトアブロードが世界中で展開している海外プロジェクトページをご覧ください。

ギャップイヤー中の活動内容やその機会

ボランティアプログラムに参加することでコミュニティへサービスを提供するだけではなく異文化への深い理解となる経験を得ることができます。グローバル経済発展の一環として、ボランティアが参加する活動国で現地スタッフを採用するので雇用の改善につながっています。現地スタッフを採用し、彼らの知識や才能をうまく利用することがとても重要になります。現地レベルで動けるスタッフを採用することで、送るボランティアたちの様々なスキルや才能をうまく活かすことができるのです。参加するボランティアもまた、彼らから多くを教わり、活動場所やこれから出会う人たちを理解するのに助けてもらったりとお互いに相互貢献へとつながる経験を得ることができます。

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。