ネパールの学校の塗装作業に励む日本人高校生ボランティア

高校生の海外ボランティア ネパールで建築

外国人高校生ボランティア一丸となって、ネパール大震災で被災した学校の再建を支援しに出かけよう

はじめに

アジアの最貧国ネパールで建築活動に取り組む高校生ボランティアを募集しています。

春休み、夏休み、冬休みの短期限定のこの高校生対象のプログラムは、2015年にネパールを襲った大震災の復興を支援する国際協力ボランティア。世界中から集まる多国籍な外国人高校生ボランティアと一丸となり、現地で継続的に行われている学校の再建に手を差し伸べます。

建築の国際ボランティア活動は、自分の努力が徐々に形となることを見届けられること、そしてネパールンから帰国後も、完成した建物が現地で長期的に利用されるため、達成感も大きい活動。

ネパールでボランティア中は、活動拠点の首都カトマンズ周辺で仲間の高校生ボランティアと共にホテルに滞在します。これは、ネパールにいながら多様な異文化に触れる貴重な異文化交流の機会となることでしょう。

日々のボランティア活動終了後の時間は、異文化体験や交流イベントが予定されており、ボランティア活動がお休みとなる週末はみんなでネパールを冒険するレジャー旅行に出かけます。

すべてのプログラムにプロジェクトアブロードの現地スタッフが付き添うので、サポート体制も万全。海外への渡航が初めての高校生でも安心して参加できる魅力があります。

さぁ、あなたもネパールで一生ものの出会いを経験しながら、国の未来を背負う子供たちの学校教育を支える建築ボランティア活動に貢献しに出かけよう!

日にち: 

開始日・日程固定

選ぶ

参加期間: 

2週間以上

参加条件: 

高校生


高校生ボランティア参加条件

ネパールで建築に取り組む海外ボランティアの応募対象は、世界中の高校生。

南アジアの発展途上国に関心がある、アウトドアが好き、体力に自信がある、実際に手を動かした国際支援に携わりたい、英語を上達させたい、春休み、夏休み、冬休みなどの学校の長期休暇中にネパールで見識を広げたい!というアクティブな高校生におすすめです。

参加にあたって、特に資格や経験は問われません。活動には終始プロジェクトアブロードの現地スタッフが付き添い、サポートを提供するので大丈夫。

しいて言えば、基礎英語力。ネパールの現地スタッフや仲間の外国人高校生ボランティアとのコミュニケーションは基本的にすべて英語で行われるため、英語がまったく分からないと意思の疎通が難しくなり、苦労するのは自分自身。

したがって、渡航前にどれだけ英語の準備をしてきたかが現地での自信と余裕につながります。すべては、あなた次第です!

この海外ボランティアを通して、建築の実践的な経験はもちろん、適応能力、自主性、チームワーク、コミュニケーション能力、行動力英語力など、高校生活や今後の進学にも役立つスキルの習得が期待されます。

そして、現地での出会い、親元を離れ海外でやり遂げた自信、広がった価値観は、あなたの人生においてかけがえのない財産となることでしょう。

ネパールの再建された教室で学ぶ子供たち

活動内容

  1. 一からの建築作業
  2. 教室の修繕やリフォーム作業
  3. 教育支援
  4. 仲間と繰り出すネパールの冒険

一からの建築作業

学校再建に向けた建築活動は、一から始まります。

現地の建築専門家の指導のもと、土地ならし、土台の掘り起こし、セメントの混合、レンガの積み上げ、ドアや屋根の設置など、すべて手作業。実際に携わる建築作業は、現地で継続的に行われている建築活動の進捗状況によって異なります。

基本的に手作業となるため、時に根気や体力を必要とする作業もありますが、だからこそ積み上げる一つひとつのレンガの重みは大きく、そしてそばには一緒にがんばる高校生ボランティアの姿があります。

資材や重機を欠く発展途上国ネパールではどのような工夫を凝らしながら建築活動が実現されているかを学ぶ貴重な学習の機会となることでしょう。

教室の修繕やリフォーム作業

建築作業は、新しい教室の再建だけにとどまりません。

現在ある教室の修繕やリフォームも高校生ボランティアが携わる貴重な建築活動。

例えば、薄暗い壁への塗装作業を通して視覚からも子供たちに元気を与えられるよう一新。

また、英語のアルファベットや数字、動物、植物などをカラフルに描き、学習環境の改善に努めます。高校生ボランティアからのアイデアが歓迎される環境ですので、ぜひ自分のクリエイティビティを活かしてみてください。

教育支援

ネパールで建築活動中は、実際の教育活動の支援に携わることもあります。

現地で需要が高い英語教育をはじめ、教室内での授業をサポートしていきます。

ネパールの子供たちは、海外からやって来る高校生ボランティアに興味津々。ぜひこの機会に日本の文化を伝えるなどして、ネパールの生徒たちとの交流を深めてみてはいかがでしょうか。

外国人高校生ボランティアと繰り出すネパールの冒険

毎日のボランティア活動終了後は、さまざまな異文化体験や仲間との交流アクティビティが待っています!これも、ネパールで異文化に触れるプログラムの重要な一環です。

週末は、活動に一息入れてレジャー旅行へ。同じプログラムに参加しているインターナショナルな仲間の高校生ボランティアと共に、ネパールを代表する寺院を訪れたり、ヒマラヤ山脈のお膝元の高原ポカラまで足を延ばす予定ですのでお楽しみに!

すべてのボランティア活動およびレジャーアクティビティにプロジェクトアブロードの現地スタッフが同行するので安心です。

※週末のレジャー旅行は、当日の天候によってスケジュールが変更されることもあります。


スケジュール例


活動拠点

カトマンズ

ヒマラヤ山脈の麓にたたずむ首都。

毎年世界中から大勢の観光客、登山家、冒険家が訪れるほか、映画の撮影などでも利用されるほど趣きある都市。

しかし、2015年に襲った大震災によって多くの周辺地域が被災し、現在でも多くのボランティア支援が求められています。

空港送迎・航空券手配・ビザ

到着指定空港では、担当スタッフがあなたのご到着をお待ちしています!

空港送迎、航空券手配、ビザなどの詳細は、ネパール到着案内をご覧ください


活動のねらい

高校生スペシャル建築の海外ボランティアのねらいは、2015年の大震災で被災したネパールの学校の再建に協力すること。

同時に、あなたが高校生のうちに実践的な国際経験を得ながら視野をぐんと広げること。

高校生ボランティアは、大震災「その後」と「今」を目の当たりにしながら、現地の子供たちの未来の礎を築く建築活動への実践的な貢献が期待されます。そして、あなたの貢献は現地で継続して行われている復興支援の原動力。

あなたも、今年の夏休みや冬休みはネパールで建築活動をサポートするボランティアの一員へ。

ネパールで学校再建に取り組む女子高校生ボランティア

活動が世界に与える影響

毎年、何千人もの高校生ボランティアが国境を越えて価値ある「違い」を生み出しています。

それは、長期的な目標の達成に向けて多国籍な仲間と共に取り組む国際協力。

高校生ボランティアのグローバルインパクトリポートにまとめられた年間の活動の進歩と功績は、積み重なった高校生ボランティアの努力の結晶。

よろしければ、活動が世界に与える影響もあわせてご覧ください。


滞在先と食事

ネパールで活動中の滞在先は、カトマンズにあるホテルです。

基本的に同性の高校生ボランティアとのルームシェアとなります。仲間との共同生活を通して、異文化交流を深めよう!

現地では1日3食分の食事が提供されますので、ぜひ食からもネパール文化をお楽しみください。

発展途上国の滞在先は、先進国のモダンで便利な生活と比べると質素に感じるかもしれませんが、安全面や清潔面の基準は満たされています。


現地サポート

安全を第一優先とするプロジェクトアブロードは、すべての活動国で24時間体制の現地サポートを提供。

高校生スペシャルでは、プロジェクトアブロードの現地スタッフがプログラムのすべてのスケジュールに付き添うので、未成年の高校生でも安心して参加できる魅力があります。

ネパールの現地スタッフ

お申込み金 29,500円は、参加費用の一部として扱われます。

複数のプログラムへの参加は割引が適用されます。0120-72-9030までお気軽にご相談ください。

開始日と参加期間を選択してください

お問い合わせフォーム

*は記入必須です