Projects AbroadProjects Abroad

スリランカでIT教育の海外ボランティア

概要
  • 活動場所: ウドゥバッダワ、カルタラ
  • 役割: ワードやエクセルなどの基本的なパソコン操作方法の指導、データベースの作成、メンテナンス
  • 活動先: 教育トレーニングセンター、学校
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上(学校での活動を希望の場合は4週間以上)
  • 開始日: 随時

スリランカでIT教育の海外ボランティア参加者を募集しています。

支援の対象は、貧困層や田舎に暮らすスリランカの少年少女たち。デジタル化の波が席巻する今日も、これらの子供たちはパソコンに触れる機会に恵まれることなく生活を送っています。

コンピューターを使いこなせる国民の3割にも及ばないと言われているスリランカ。貧困地域の状況はなおさら深刻で、実際のところパソコンを購入できるほどの経済的余裕がないのが実情です。このような状況下では、貧困層の人々がデジタル化社会に追いつくのは夢のまた夢。

このIT教育の海外ボランティア活動では、基礎ITスキルの指導を通して、そんなスリランカの将来を担う子供たちのエンパワメントに努めています。

IT教育のボランティアとしてのあなたの役割は、支援を求めている派遣先の学校や教育トレーニングセンターで、パソコンの基本的な操作方法やマイクロソフトのワード、エクセル、パワーポイントなどのプログラムの使い方をはじめとした基礎IT教育をサポートすること。ITスキルの基礎を身につけた子供たちは、学習、コミュニケーション、リサーチ、レジャーなど、あらゆる面で生活の幅が拡大します。そして、ゆくゆくは将来の選択肢を広げることにつながってゆくのです。

スリランカでIT教育の国際ボランティア中は、活動拠点ウドゥバッダワとカルタラに暮らすホストファミリーの家でスリランカ生活を体験。現地人ホストファミリーとの共同生活は、スリランカ流ライフスタイルに浸る貴重な異文化体験となることでしょう。

ボランティア活動がお休みとなる週末は、現地で出会った多国籍な外国人ボランティアと共に、スリランカのさまざまな魅力に触れる冒険へ。南アジアの島国スリランカならではの自然、文化、伝統を体験しに出かけよう!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

スリランカでIT教育に貢献する海外ボランティアの参加条件

スリランカの子供たちにITスキルを教える日本人ボランティアスリランカでITを教える海外ボランティア活動は、パソコンの基本操作ができればどなたでも貢献することが可能です。特に、教えることが好き、南アジアの発展途上国の実情を自分の目で見てみたい、スリランカでIT教育を通したユニークな国際協力に携わりたい!という熱意ある学生社会人の皆さんにおすすめです。

もちろん、ITに精通している方であれば、自分の知識や特技を活かして活動の幅を広げることができるでしょう。

スリランカでITスキルを教える国際ボランティアは、基本的に1年を通して継続的に行われています。そのため、開始日を自由に設定できる上、教育トレーニングセンターでは短期の2週間以上から、学校では4週間以上から参加することが可能です。

ただし、長期間参加すればするほど現地生活に馴染み、スリランカの青少年とじっくり向かい合いながらそれぞれの進歩を見届けることができます。結果、長期参加のボランティアの皆さんの方がより充実した経験を得られる傾向にあることから、いずれの場合も4週間以上の長期参加がおすすめです。

学校が夏休みや冬休みに入っている間は、地域のコミュニティセンターという和気あいあいとした環境でIT教育に取り組んでいます。

発展途上国スリランカでパソコンの基礎を教える国際協力

スリランカにおけるIT教育の海外ボランティアでは、主に以下のような活動に取り組んでいます:

教育トレーニングセンターでのITスキル開発 

提携先の教育トレーニングセンターでは、6歳~18歳くらいのスリランカの青少年へのIT教育に取り組んでいます。

ここでのボランティアとしてのあなたの役割は、マイクロソフトのワード、エクセル、パワーポイントなどのプログラムの使い方や、インターネットの検索の仕方をはじめととした基礎ITスキルの指導に貢献すること。

現地のIT教師と共に生徒一人ひとりのニーズに応えながら、丁寧に教えるよう心がけましょう。

地元の学校での基礎IT教育

小学生から高校生までが通う地元の学校でのIT教育支援も求められています。

ここでのボランティアとしての役割は、主に高学年の小学生を対象に、地元のIT教師が行う午前中のITの授業をサポートすること。パソコンの基本的な操作方法、マイクロソフトの他、画像編集プログラムペイントなどのプログラムの使い方を指導。余裕があれば、パソコンのメンテナンスやネットワークのセットアップにも活躍します。

いずれの派遣先も、ITに精通しているボランティアの皆さんは、上記以外のより高度または幅広い活動に貢献することが可能です。ぜひあなたの知識やスキルを最大限に活かし、積極的に取り組んでみてください。

就職の可能性を広げる基礎英語教育 

派遣先となる教育トレーニングセンターと学校では、英語教育への支援が求められています。

IT教育ボランティアは、1日の数時間を基礎英語教育に費やし、特に実践的な英会話、発音の強化、語彙の拡大に努めます。こうして、就職に役立つITスキルおよび英語力の向上を支援していきます。

あなたも、スリランカの青少年への実践的なIT教育に貢献し、より良い未来を築くボランティアの一員へ。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

Volunteer Profile
Hiroko
“有意義というか嬉しかったことですが、2週間という短い期間だったけど、自分でできる限りのことは頑張った結果、最終日にスクールのスタッフから感謝プレゼントをもらったのが一番嬉しかったです。短い期間だったけど、ちゃんと役に立ったみたいで本当に嬉しかったです。”

友達に教える :

トップに戻る ▲