You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

スリランカでIT教育の海外ボランティア

概要
  • 活動場所: ウドゥバッダワ、カルタラ
  • 役割: ワードやエクセルなどの基本的なパソコン操作方法の指導、データベースの作成、メンテナンス
  • 活動先: 教育トレーニングセンター、学校
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上(学校での活動を希望の場合は4週間以上)
  • 開始日: 随時

南アジアの島国スリランカで、子供たちにITスキルを教える海外ボランティアプログラムへの参加者を募集しています!

世界がインターネットでつながり、IT技術が急激に発達する現在、発展途上国スリランカの子供たちもパソコンスキルに非常に大きな関心を持ち、ITスキルの習得に熱心です。発展途上国スリランカに暮らす人々にとって、ITスキルは良い就職口へ近道。つまり、ITスキルはスリランカの子供たちの将来の可能性を広げ、貧困脱出の鍵へとつながっていきます。そんなスリランカでは、IT教育を支援すボランティアの存在が求められています。

スリランカでのIT教育の海外ボランティアプログラム参加にあたって、特別な資格や経験は求められません。パソコンに詳しい高校生、夏休みを利用してアジアの発展途上国で海外ボランティア経験を得たい大学生、現在IT関係の仕事をしており、海外でITスキル活かしたい社会人、退職を迎えたシニアの皆さんなど、基本的なパソコン操作ができる方ならどなたでも参加が可能です。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

南アジアのスリランカでパソコンスキルを教える国際協力

スリランカの子供たちにITスキルを教える日本人ボランティア

スリランカでのIT教育の海外ボランティア活動では、パソコンの起動の仕方から電源の切り方、パソコンの機能、インターネット検索やオンライン上でのリサーチ方法、マイクロソフトのワードやエクセル、パワーポイントの使い方など、コンピュータースキルの基礎を教えます。また、対象の生徒のレベルに合わせて課題を出したり、可能であればデータベース処理やメンテナンスに携わったりします。

スリランカでのITスキルを指導する派遣先は、二つ。ウドゥバッダワの教育トレーニングセンターと、カルタラの学校です。

ウドゥバッダワの教育トレーニングセンターでは、主に現地の地域コミュニティに暮らす子供たちや社会人にコンピューターの操作方法やマイクロソフトなどの基本的なパソコンスキルを教えています。また、英語が得意なボランティアの皆さんは、英会話の指導にも貢献することができます。

カルタラの学校でのIT教育ボランティア活動は、午前中のITの授業を担当する現地の教師をサポートします。このITクラスでは、高学年の小学生を対象にマイクロソフトのワードやエクセル、ペイントなどのプログラムを含む基本的なコンピュータースキルを教えています。活動先が学校とだけあって、午後は英語教育を始めとする他の科目の教育に携わることができます。

スリランカでIT教育の海外ボランティア活動中は、周辺に実際に暮らすスリランカの家庭でホームステイを体験!現地人ホストファミリーとの共同生活を通して、スリランカの伝統、食文化、価値観、生活習慣を体験型で学ぶことができるでしょう。ぜひ異文化交流の機会にお役立てください。

活動がお休みとなる週末は、友達となったプロジェクトアブロードの多国籍な外国人ボランティアやインターン仲間と共に美しいスリランカを観光したり、地元の人々と交流し、新しいスリランカの一面を発見しよう!

スリランカでのIT教育の海外ボランティアプログラムは、少なくとも4週間以上の参加が理想的ですが、それ未満の短期でも受け入れが可能です。ただし、長期参加のボランティアの皆さんの方がより充実した経験を得られる傾向にありますので、あらかじめご了承ください。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

Volunteer Profile
Hiroko
“有意義というか嬉しかったことですが、2週間という短い期間だったけど、自分でできる限りのことは頑張った結果、最終日にスクールのスタッフから感謝プレゼントをもらったのが一番嬉しかったです。短い期間だったけど、ちゃんと役に立ったみたいで本当に嬉しかったです。”

 

友達に教える :

トップに戻る ▲