Projects AbroadProjects Abroad

スリランカで教育の海外ボランティア

概要
プロジェクト概要
 
  • 活動場所: コロンボから2時間ほど離れた沿岸の町々
  • 活動先: 小学校、中学・高校、寺院、コミュニティセンター
  • 役割: 英語の授業をする、現地教師のアシスタント
  • その他の科目: 音楽、スポーツ
  • 対象年齢: 3歳~16歳
  • 生徒数: 15~40人
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 4週間以上
  • 開始日: 随時

スリランカ、教育プロジェクト、プロジェクトアブロードボランティア

成長する観光産業やその経済成長により、スリランカの学校では英語を教えることを第一優先事項としてあげています。2004年の津波の被害に遭ってから、その後遺症に悩まされると思われていたスリランカですが、海外コミュニティからの支援やこの素晴らしい国の精神によってその障がいを乗り越え、英語を話せるボランティアの存在が以前にも増して増加しています。

スリランカでの英語教育の拠点は、現地の小学校、中学・高校、寺院やコミュニティセンター。参加にあたってTEFLやその他資格は特に求められません。英語が得意で、教育を通した国際協力やスリランカに興味がある学生や、休暇中や転職中に海外ボランティアに参加したい社会人の方など、どなたでも参加可能です。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

南アジアの島国スリランカでアシスタント教師として英語教育

スリランカで英語を教える海外ボランティア

スリランカでの教育の海外ボランティアの活動拠点は、首都コロンボから西に向かった海岸沿いや丘の上の町キャンディ週編にある学校。海外沿いのビレッジにある学校や丘の上の学校で教えることもできます。ビーチの近くにある学校もありますし、寺院に隣接している学校もあります!生徒たちは通常10歳から14歳くらいで第一言語としてシンハリーズ語を話します。通常は英語を話すことができる子どもたちも多いのでここでは彼らの英会話力を向上させ、自信をつけさせてあげてください。生徒たちが英語の先生に自信をもって英語で話せるようになれば進歩です。またあなたの存在は英語の教師自身にも自信をつけさせることにもなるのです。

スリランカの学校は午前8時から午後の2時までで、40分ずつ8つのクラスに分かれています。午前11時くらいに20分ほどランチブレイクがあります。教育ボランティアの皆さんの活動は、毎日約4時間ですが、それ以外の時間は添削をしたり翌日のレッスンの準備、宿題の補助、スポーツなどを通した子供たちの交流など皆さんにできることはたくさんあります。

スリランカのボランティア教師として、彼らの発音練習を助け、英語を定期的に話して使えるようサポートします。彼らの英語レッスンは大抵の場合、文法や単語など語学の基本を押さえたものが多いのですぐに向上することに気がつくかもしれません。あなたの活動によってコミュニケーションが容易にできるようになり、あなたも満足する有意義な経験ができることでしょう。

スリランカで子供たちの学校教育に貢献する国際協力

もし英語以外に得意な科目があれば、ぜひそのスキルを活かしましょう。スリランカの多くの学校では、その他の科目の教育も大いに歓迎されますので、例えばギターを弾いたり、サッカーをコーチすることを手伝うこともできるかもしれません。英語以外でも教えることで学校にとってはあなたはいなくてはならない貴重な存在となり、あなたが目指したいいかなる方向でも少ない設備でサポートしてくれることでしょう。どんなヘルプが必要なときでも現地スタッフにご相談ください。パートナー組織となっている団体を支援するのに私たちは意欲的です。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

スリランカでの教育の海外ボランティアプログラムの目的などの詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

Sri Lanka Teaching Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲