You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

教育の海外ボランティア

概要
世界の発展途上国で教育の海外ボランティア
  • 役割: 子供たちや大人を対象に、英語を中心にそのほかの科目を教えるため、現地の学校の教師のアシスタントとして活動したり、自分で授業を展開したりすること。
  • 参加条件: 日常会話レベル以上の英語力、日本語教育の場合は上級レベルの日本語力も要
活動情報

発展途上国の子供たちの教育に貢献する海外ボランティア参加者を募集しています。教育の海外ボランティアでは、支援が求められている英語教育を始めとして日本語教育、IT教育、音楽教育やスポーツ教育を行っています。派遣先は、アフリカ、アジア、中南米、南太平洋、東欧の小学校、中学・高校、職業訓練センター、大学など、実にさまざま。発展途上国の教育事情を自分の目で見て学び、子供たちの将来の可能性を広げる国際協力に貢献してみませんか?

教育の海外ボランティア参加にあたって、英語で説明できる基本的な英語力は求められますが、特に資格や経験は問われません。英語が得意な高校生、発展途上国の教育現場に興味がある大学生、海外で国際協力に貢献しキャリアアップを目指す社会人の方、退職を迎え心と時間に余裕があるシニアの皆さんなど、これまで多くの日本人ボランティアの皆さんが活躍してきました。現役の教師の皆さんにとっては、支援が求められている海外で自分のスキルと経験を活かす貴重な国際経験となることでしょう。

派遣先の発展途上国の教室には、黒板とチョークのみということもめずらしくありません。中には窓のない教室や、場所によっては自分と子供たちの笑顔だけなんてことも!教材や教員を欠く現地の学校では、ボランティアの皆さんからのサポートが貴重であるだけでなく、現地の教師陣にとっても学習の機会となります。また、ボランティアの皆さんの存在は、発展途上国の子供たちにとって、異文化に触れる貴重な機会。興味津々の子供たちは、きっとたくさんの質問を投げかけてくることでしょう!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

教育の海外ボランティアは英語教育だけじゃない!

東アフリカのタンザニアで教育活動に励む日本人ボランティア教育の海外ボランティアの活動の柱は英語教育ですが、算数や理科、体育、図画工作、音楽など、自分の特技やスキルを活かした教科の教育が歓迎される環境です。現地人教師と協力し、授業の内容を話し合いながら進め、自分だけのユニークな教育活動を行うことができます。

過去には、ドラムやギター、ピアノなどを教えたボランティアの皆さんもいます。ぜひ積極的にアイデアを発信し、工夫してみましょう。 

日本語教師の海外ボランティア

カンボジア、フィリピン、スリランカ、モンゴル、メキシコでは、その土地の需要に合わせて現地の学校や職業訓練センターで日本語を教える国際ボランティア活動も行っています。

基本的に教えるのは日本語の基礎。教育の対象相手は、日本語に興味がある現地の子供たちや学生が多く、「おはよう」、「こんにちは」、「ありがとう」などの簡単な挨拶くらいはできるかもしれません。現地到着後にクラスを回って状況を観察し、自ら意欲的に授業計画を練って、活動にあたる方が向いています。日本語教育は、日本語を教えるだけでなく、日本という国や文化を伝える大事な役割を果たします。過去には、授業中に使える遊び道具や教材(例えば、お手玉やあいうえおカルタ、折り紙、日本語の教科書、日本の地図、新聞、絵葉書、アニメ、お箸など)を持参して役に立った!とコメントしています。

ぜひ、あなたも世界の教室で教育のボランティア活動を支援してみませんか?

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

興味のある分野を下記からお選びください:

英語教育&その他の科目
体育

友達に教える :

トップに戻る ▲